腰椎変性 側弯症・後弯症(ようついへんせい そくわんしょう・こうわんしょう)とは?

腰椎変性 側弯症・後弯症

原因

年を重ねるにつれ、椎間板や椎骨が変性することで、背骨が側方(左右)に曲がったことで、体をまっすぐ保てない病気が腰椎変性 側弯症・後弯症で、女の子に多くみられる病気です。

症状

主な症状は腰や背中の痛みです。悪化すると、神経を圧迫して、下肢のしびれや痛み、間欠性跛行(長い距離を歩くと足に痛みやしびれが出て歩けなくなり、休むと症状が消えて、また歩けるようになる)が起こる場合も少なくありません、内臓も圧迫されるので消化器や呼吸器にも異常が起こります。

治療

早めに対処でき、症状が軽い場合などはコルセットなどの保存療法で治療します。しかし、腰痛や下肢痛、体幹バランスの悪化で日常生活に支障がある場合には手術が必要です。

検査

腰椎変性 側弯症・後弯症の検査はレントゲン・MRI・診察をします。

こまった時はお気軽にお尋ねください
はやく元気になりましょうね!!
問い合わせる
予約を入れる
春陽会中央病院に問い合わせる