医療機器設備のご案内

医療機器設備

最新の医療機器を備え、早期発見、早期治療に役立てております。

手術室

手術室は常に衛生管理を第一に、バイオクリーン手術室を3室設けて感染予防に努めています。

また、医師と看護婦の最高の連携を実現できる空間となっています。

エアーシャワー

衣服の表面に付着したホコリなどの有害物質を高速エアージェットで噴射・除去する装置です。術者や看護師は手術室に入室する際に必ず通過し、感染防御に努めています。

バイオクリーン手術室

手術の感染率を下げるため、空気中に浮遊するホコリや細菌等を排除できる性能フィルターと、温度・湿度を制御できる空調設備を備え、ハイクラスの清浄度を保ちます。


ステライル
ビューシステム

殺菌した術衣・ヘルメットを装着し、背中からフィルターで消毒した空気を送り込むシステムです。手術時の発汗・呼吸・毛髪などに含まれる 雑菌の侵入による感染を防ぎます。

中央材料室

医療現場で常に安全な材料を提供するため、 院内で使用する全ての衛生材料や医療器材を特殊機械で点検・滅菌し、供給します。滅菌状態や個数をコンピュータで徹底管理し、院内感染の防止に努めています。

MRI、CT

1.5テスラー超伝導MRI
(磁気共鳴イメージング装置)

電磁波と磁気を利用し、人体の内部構造をあらゆる角度から映像化する最新機器です。レントゲン検査で写らない靭帯や神経の様子も画像で確認できるため、 造影剤を使わずに、精密な脊椎造影検査や血管造影検査ができます。

マルチスライスCT
(64列)

3次元画像解析のできる最新鋭の画像診断装置です。放射線ヘリカル方式のスキャナで、細かいX線を人体に照射し、画像処理コンピュータ で人体の断面を撮影します。短時間の検査で高画質な撮影ができ、全身のあらゆる部分の診断に用いられます。

その他

3D超音波診断装置

高画質の2D・3Dなどによる高度な評価機能が加わり、特に心臓の解剖学的構造 ・大きさ・血流状態・心機能の解析がこれまで以上に簡便で高精度になりました。

手術顕微鏡システム

光学システム、ライカレンズを搭載した最新の手術顕微鏡。病変自体と周辺組織の病態を全て観察できるため、損傷や椎弓の切除範囲を最小限に抑えられます。

上部・下部消化管ハイビジョン内視鏡システム

ハイビジョン対応CCDを採用した内視鏡システム。消化管領域の微細な血管や粘膜の表層構造までもクリアに、リアルに再現できます。診断・検査の効率と精度向上により患者さんの負担はもちろん、術者の負担も軽減されます。

デジタルX線画像
診断システム

フィルムにX線を写していたのを、IP(イメージングプレート)に写し、画像にする システムです。4枚のIPを同時に処理できます(約138枚/時)。整形領域の撮影や他科撮影等の画像を効率的に処理できます。

X線平面検出器出力読取式DR(デジタルラジオグラフ)

パネル自身がX線の照射を自動で検出する機能を搭載。さまざまなX線発生装置との組み合わせが可能で、撮影とほぼ同時に画像ができます。また、モバイル型システムなので、術中や院内のどこにでも持ち出すことができ、迅速な画像診断ができます。

X線骨密度測定装置

X線を直接デジタルデータに変換できる検出器。マルチスライス方式・画像再構成技術を搭載し、DXA法を用いて骨密度を測定し、骨粗鬆症等の診断を行います。骨形状を自動認識し、骨塩量・骨面積の大きな誤差を解消し高精度の検査が可能です。また、高速撮影による被ばく量の低減を実現しています。

ナビゲーションシステム
(三次元画像処理)

患者さんの手術部位の情報を取り込み、手術操作の位置が正しいか確認できるシステムです。手術部位の侵襲を最小限に抑えることで、患者さんの負担を軽減できます。

生化学自動分析装置

臨床検査に用いられ、血液中に含まれるコレステロール・血糖 ・中性脂肪などの量を自動的に測定する装置です。肝機能・腎機能検査などをはじめ、多数の項目を同時に測定できます。

ポータブルイメージ装置

手術直後や病態の重症な場合に用いる移動式のX線撮影装置です。高画質な映像で検査でき、あらゆる外科処置にスピーディーに対応します。

ほかにも、上部・下部内視鏡機器、超音波診断装置、心電図、生化学検査装置、多項目血球分析装置、血液凝固測定装置、電解質分析装置、血液ガス分析装置、血圧脈波検査装置、眼底カメラ、寝台昇降式X線TV装置、回診用X線装置、X線一般撮影装置など最新鋭医療機器をそろえています。

こまった時はお気軽にお尋ねください
はやく元気になりましょうね!!
問い合わせる
予約を入れる
春陽会中央病院に問い合わせる