神経内科のご案内

神経内科

頭痛、めまい、手・足・口のふるえ、しびれ、よく転倒するなどの歩行障害、物忘れ、計算ができない、字が読めない、ろれつがまわらない、見える範囲が狭くなった、物が2重に見えるなど、一つでもあてはまる症状がある。

また、脳梗塞発症後の後遺症や再発の心配やパーキンソン病などの悩みがあれば、春陽会中央病院にお気軽にご相談ください。

東京大学の協力支援により、医師を招き神経内科の診療を行っております。

神経内科で原因をつきとめ、骨や関節などが原因なら整形外科に、手術などが必要なときは脳神経外科の専門医が対応します。

主な疾患

  • 神経変性疾患(パーキンソン病、アルツハイマー病、ハンチントン病、筋萎縮性側索硬化症、脊髄小脳変性症など)
  • 免疫性神経疾患(多発性硬化症、ギラン・バレー症候群、重症筋無力症、筋炎など)
  • 感染性疾患など。

医師紹介

東京大学 医学部付属病院 神経内科 非常勤医

杉山雄亮

すぎやま ゆうすけ

毎月 第3土曜日に診察しています。

神経障害による疾患を対象とする診療科目で、単に神経科ともいいます。

対象疾患には脳、脊髄(せきずい)、末梢神経(まっしょうしんけい)および骨格筋など神経系統を侵す障害がすべて含まれています。

手足のしびれ・頭痛・めまい・ふるえ・歩行障害など、お気軽にご相談ください。

取得認定医・専門医
  • 日本神経学会
  • 日本内科学会
専門分野
  • 神経内科
こまった時はお気軽にお尋ねください
はやく元気になりましょうね!!
問い合わせる
予約を入れる
春陽会中央病院に問い合わせる