皮膚科のご案内

皮膚科

春陽会中央病院では皮膚疾患全般に対し幅広く対応しています。

皮膚科は、手・足・顔・首など、身体の全身の皮膚はもちろん、耳、鼻、口の中、爪、毛髪までが診察の範囲です。なにか気になる症状があれば、ほおっておかずにご相談ください。

皮膚科とは?

皮膚科において入院が必要となる場合が多々あります。

入院中における、内科、整形外科系の患者さんの褥瘡(床ずれ)などの発生を予防するため、定期回診により皮膚疾患の総合管理もしています。

術後管理として、皮膚腫瘍の手術、悪性腫瘍については化学療法も含めた経過管理も行っています。

その他、複雑な手技が要求される皮膚腫瘍の手術については、鹿児島大学皮膚科とも適宜相談の上、施行しております。

主な疾患

  • 帯状疱疹・蜂窩織炎の急性感染症
  • 糖尿病性潰瘍
  • アトピー性皮膚炎の急性増悪
  • 重症薬疹
  • 自己免疫性水疱症
  • 中等症までの熱傷
  • アトピー性皮膚炎・接触皮膚炎などのアレルギー関連疾患
  • 皮膚腫瘍(良性・悪性)など。

検査について

尋常性乾癬、白斑などの治療に用いる全身型紫外線照射装置など。

医師紹介

春陽会中央病院 皮膚科

勝江浩未

かつえひろみ

この度、鹿児島大学皮膚科から赴任して参りました。鹿児島出身で鹿児島弁には自信があります。 皮膚は全身と関りがある大切な部分です。 当院では、必要があれば鹿児島大学とも連携しながら皮膚科全般の治療を行って参ります。患者さんとの対話を大切にしていきたいと思っております。些細な事でもお気軽にご相談下さい。

取得認定医・専門医
  • 日本皮膚科学会
  • 日本臨床皮膚科医会
  • 日本皮膚科外科学会
こまった時はお気軽にお尋ねください
はやく元気になりましょうね!!
問い合わせる
予約を入れる
春陽会中央病院に問い合わせる