頚椎椎間板ヘルニア(けいつい ついかんばん へるにあ)とは?

頚椎椎間板ヘルニア

原因

椎間板は、背骨の一部である椎体と椎体の間にあり、背骨にかかる衝撃をやわらげるクッションの役割をしています。

この椎間板に強い力が加わったり、年齢とともに弾力性や水分が低下すると、亀裂が生じ、椎間板の内部にある髄核が押し出されます。

この押し出された髄核が神経に当たっている状態が椎間板ヘルニアです。

首の部分に起こった椎間板ヘルニアを「頚椎椎間板ヘルニア」といいます。

筋力低下、正しくない姿勢や負担のかかる動作、喫煙、ストレスなども腰椎椎間板ヘルニアが起こる一因となっています。

症状

症状としては、首、肩、腕などの痛みやシビレからはじまり、箸が使いにくい、文字が書きにくいなどの手指の動作がしづらくなったり、歩行障害(足がもつれるなど)が起こります。

悪化すると、膀胱直腸障害(尿がでずらい、便秘、頻尿、尿閉、尿失禁など)なども引き起こします。

治療

保存療法で改善されない場合や、神経障害・膀胱直腸障害が起こった場合は、早目に手術をする必要がある場合もあります。

手術

  • 頚椎椎弓切除術(c-MEL)
  • 除圧など

検査

頚椎椎間板ヘルニアはレントゲン検査をもとに診察して、神経の圧迫の程度をみるためにMRI検査を行います。

こまった時はお気軽にお尋ねください
はやく元気になりましょうね!!
問い合わせる
予約を入れる
春陽会中央病院に問い合わせる