腰部脊柱管狭窄症(ようぶ せきちゅうかん きょうさくしょう)とは?

腰部脊柱管狭窄症

原因

背骨には神経が通っている「脊柱管」があります。

この脊柱管は、年をとるとともに狭くなります。

腰の部分の脊柱管が狭くなり、その中を通っている神経が圧迫されている状態が腰部脊柱管狭窄症です。

症状

症状としては、腰が重かったり、痛みを感じる。坐骨神経痛(下半身の腰から足先までの痛みやしびれ)、間欠性跛行(長い時間立っていたり、長い距離を歩くと足に痛みやしびれが出て歩けなくなり、休むと症状が消えて、また歩けるようになる)が起こります。

悪化すると、股間のほてり・排尿障害(尿がでにくい・尿漏れ)、便秘などが起こります。

治療

保存療法で改善がみられない場合や、狭窄が強い場合は、手術が必要となります。

検査

腰部脊柱管狭窄症の検査はMRI検査、MRミエロ検査、必要によって下肢血管病変の検査も行います。

こまった時はお気軽にお尋ねください
はやく元気になりましょうね!!
問い合わせる
予約を入れる
春陽会中央病院に問い合わせる