腰椎椎間板ヘルニア(ようつい ついかんばん へるにあ)とは?

腰椎椎間板ヘルニア

原因

椎間板は、背骨の一部である椎体と椎体の間にあり、背骨にかかる衝撃をやわらげるクッションの役割をしています。

この椎間板に強い力が加わったり、年齢とともに弾力性や水分が低下すると、亀裂が生じ、椎間板の内部にある髄核が押し出されます。

この押し出された髄核が神経に当たっている状態が椎間板ヘルニアです。

背骨の腰の部分に起こった椎間板ヘルニアを「腰椎椎間板ヘルニア」といいます。

筋力低下、正しくない姿勢や負担のかかる動作、喫煙、ストレスなども腰椎椎間板ヘルニアが起こる一因となっています。

症状

はじめは腰痛ですが、だんだんと坐骨神経痛(下半身の腰から足先までの痛みやしびれ)の症状がみられます。特に、おじぎなど前かがみになった時や、イスに座った時などに痛みが増します。

悪化すると下半身の麻痺(力が入りにくい、歩きにくい、つまずきやすい)、排尿(尿もれ・頻尿・出ずらい)や排便(便秘・下痢・便がもれる)に支障が起こることもあります。

治療

多くの場合、保存療法で改善しますが、治療をしても痛みやシビレが治まらない・麻痺がある・排尿や排便に障害が出てくる場合には、手術が必要になります。

手術

  • 腰椎椎間板ヘルニア切除術(MED)
  • 顕微鏡下ヘルニア切除術など

検査

頚椎椎間板ヘルニアは診察して、必要によってレントゲンや、神経の圧迫の程度をみるためにMRI検査を行います。

こまった時はお気軽にお尋ねください
はやく元気になりましょうね!!
問い合わせる
予約を入れる
春陽会中央病院に問い合わせる