消化器内科のご案内

消化器内科

内視鏡検査などで多くは早期発見が可能です。

日本人のがんの約60%は消化器のがんです。早期であれば外科手術をせずに内科的な治療で治せることが多く、胃や大腸の癌やポリープは、早期に発見されれば内視鏡的治療だけで済みます。

病気を早く見つけて、早く治療を始めましょう。

消化器内科とは?

食べものが入ってから出るまでの臓器(食道、胃、小腸、大腸)とそれに連なるだ液腺や肝臓、すい臓、胆のうなど広い領域に関する病気について、治療を行います。

病気の種類も良性の潰瘍から癌、あるいは緊急性を要する胆管炎や消化管出血から、経過の長い慢性肝炎や肝硬変のようなものまで非常に多彩です。

消化器内科では、腹痛、吐血、下血、だるさ、食欲不振、貧血、やせ、黄疸など幅広い症状の方が受診しています。

消化器内科の病気だと思っていない人でも「身体の調子が悪いな」と思って内科を受診する人の半数以上が、自覚はないものの、消化器の病気であることが多いといわれています。

気になる症状があるときは遠慮なくご相談ください。

主な疾患

  • 食道胃逆流症(逆流性食道炎)
  • 食道癌
  • 食道静脈瘤
  • 消化性潰瘍(胃十二指腸潰瘍)
  • 胃癌
  • 炎症性腸疾患
  • 虚血性腸炎
  • 胆石症
  • 胆道系腫瘍
  • 膵腫瘍など。

検査について

内視鏡を使う胃内視鏡検査、大腸内視鏡検査・腹部超音波検査など。

医師紹介

聖マリアンナ医科大学 東横病院 教授

中嶋孝司

なかじまたかし

内視鏡というと、皆さまやはり「つらい」というイメージが強いようで検査をおすすめしても「ツライから嫌だ」と言われてしまします。しかし内視鏡は日進月歩で進歩しています。進歩した機械で患者さんにはなるべくつらくない内視鏡検査をしたいと心がけています。どうしても苦手という方は眠くなる薬を飲んで頂き、ねむっている間に検査を行うことも可能です。患者さんの希望をお聞きし検査を行います。日本人の死亡の原因の中でも多い大腸癌の早期発見で治療も簡単に済みますので、ぜひ、定期的に検査を受けて下さい。

取得認定医・専門医
  • 外科学会専門医
  • 消化器内視鏡学会専門医
専門分野
  • 上部消化管
  • 下部消化管内視鏡診断
  • 内視鏡治療
こまった時はお気軽にお尋ねください
はやく元気になりましょうね!!
問い合わせる
予約を入れる
春陽会中央病院に問い合わせる