トップページへ

おすすめファンヒーター

No.26(2003.01.28)


私は田舎暮らしを始めるまで石油ファンヒーターという暖房器具について何も知りませんでした。

移住先の家が広かったので必要だろうと知人に助言されCHOFUの製品FH-334を購入したのは1988年末でした。

私自身にはCHOFUという製造元がどういうところか予備知識はなかったものの、知人が一流メーカーだから安心して使えると言うし、さらには知人の知り合いが代理店をしているので格安で買えるとまで言われたので従うことにしたのです。

知人が言ったことは本当で、15シーズン目になるこの冬まで一度も故障していません。

山にこもってから数年間暖冬が続いた後、本来の寒い冬を迎えた1999年末にもう1台自室用のファンヒーターを買い足すことにしました。

家電量販店に出向いて各社の製品を見比べ始めてすぐに本体がとても小さくなっていることに驚きました。

店員さんの説明ではどこのメーカーのものでも性能に大差はないとのことだったので、暖房能力と価格を基準にして某大手家電メーカーの製品にしました。

これが店員さんの話を鵜呑みにして簡単に決めてしまった私のミスでした。

その製品は10回に1回くらいの割合で点火時に白い煙をふき出し、それが灯油臭いのです。

CHOFUの製品は一度も白い煙など出ませんでした。

ハズレの製品に当たったのかと思い、そのまま我慢して使い続けていました。

4シーズン目に入った今冬もそんな感じで使っていたところ、本日ついにスイッチを入れても白い煙をふき出すばかりで点火しなくなってしまいました。

爆発するのではないかと恐くなり十数秒でスイッチを切ったものの部屋中灯油臭くなってしまいました。

屋外で再度試してみましたがやはり白い煙が出るばかりで点火しませんでした。

さっそくそのメーカーのサービスセンターに電話をして修理代金を見積もってもらったところ最低でも8,000円くらいとのこと。

購入価格が14,175円だったので、その後さらにデフレが進んでいる現状では新品も安くなっているであろうから買い替えか修理かで迷う微妙な線です。

今度は購入した家電量販店に電話して各社の製品の故障頻度に差があるかどうか質問してみました。

その際に我家にあるCHOFUの製品が一度も故障しないことを話すと、家電メーカーの製品は省エネと無臭化に力を入れているのでCHOFUとは設計方針が異なると説明されました。

その店ではCHOFUの製品は扱ってないということだったのでそれ以上違いについて訊ねることはやめ、電話を切りました。

ここで以前隣町を車で走った時にCHOFUの看板を見たことを思い出しました。

1台目の実績から考えて、修理や家電量販店での買い替えよりもCHOFUの製品を買う方が確実だと判断し、さっそく買いに行きました。

普通の田舎町の電気屋さんなので値段は高いだろうと予想しました。

店に入ると男性3人がお茶菓子を食べながら歓談中。さすが田舎でのんびりしていました。

CHOFUのファンヒーターが欲しいと告げ、応対してくれるまで誰が店員さんか分かりませんでした。

我家での2台のファンヒーターの違いについて話すと親切に説明してくれました。

そのお店では某大手家電メーカーの製品も扱っていてそこの製品が1台売れる間にCHOFUの製品は3台売れるにもかかわらず、CHOFUの製品の故障は一度もないそうですし、省エネや臭いの点でも他メーカーと変わらない上値段も安い、と良い事ずくめです。

我家の旧型にはセルフクリーニング機能があったと話すと、他メーカー同様小さなサイズになった最新の製品にもその機能はあると示してくれました。

シーズンの終わりに本体を収納する前にこのセルフクリーニングを行ない、なおかつ古い灯油は使わないようにしたことが15年間故障しなかった理由だと思われたから確認したのでした。

そういえば家電量販店の店員さんと電話で話した際にこの機能にも言及し、他メーカーの製品でこの様なクリーニング機能をそなえたものがあるか質問したら、ないと応えましたっけ。

どうやら今度の私の判断は間違っていなかったようです。

店員さんのすすめに従って2機種あるうち暖房能力の高いCHOFUFH-3502の方を買うことにしました。

隣町から来たと話していたら、せっかく遠くからみえたのだからと少し値引きして税込で14,000円にしてくれました。商売上手です。

帰宅後すぐに給油して点火してみました。

やはり煙などまったく出ませんし点火してからの火力の変わり方が旧機種と同じです。恐らくこのあたりが独特のノー・ハウなのでしょう。

旧機種と比べてみるとチャイルドロック機能が追加されただけで余計な機能はありませんでした。スマートでよろしい。

故障した方は基本性能が劣るのにゴチャゴチャ必要性に乏しい機能がついてました。

一応リサイクル店に電話して故障した方を取ってくれるかどうか確かめてみましたが、予想通り修理が必要な品は扱えないとのことでした。

仕方が無いので捨てに行ったところ、そこには量販店で扱っている中では暖房機器に強いと言われている某メーカーのさほど古くないファンヒーターが既に1台捨てられていました。

家電量販店では取り扱っていないCHOFUの石油ファンヒーターは優れものです。


前に戻る 目次へ戻る 次を読む