アンダルシアtop


アルハンブラ宮殿から街並みを望む

アンダルシア地方は、かってイスラム帝国に支配されていたため今でも
イスラムの香りがただよっている。どこまでも続くひまわり畑の黄色と、オリーブ
緑が白い家々をいっそう引き立たせている。中でもグラナダのイスラム教徒の
美麗を極めた最後の楽園(アルハンブラ宮殿)の美しさは際立っている。


アルハンブラ宮殿の中庭

アルハンブラ宮殿
ここはアラヤネスの中庭といわれるところで、大理石とアーチで
囲まれた回廊になっている。中央には池を配し、両側には
アラヤネス(天人花)が植えられている。

宮殿内部 天然のクーラー
宮殿内部
ガイドさんは三世の日本人で
片言の日本語の説明が
面白かった。
天然のクーラー
気温が高いこの地方の生活の
知恵がこの植え込みだ。
本当に涼風が・・


コルドバのメスキータ ローマ橋からコルドバ市街を望む
コルドバのメスキータ ローマ橋からコルドバ市街を望む


ひまわり畑

ひまわり畑が果てしなく続く・・・

ミハスのBARで ロンダの街で
ミハスのBARで
身振り手振りでオレンジュースを
頼んだら生のオレンジが
付いてきた。

ロンダの街
深い峡谷を望む岩山の上に広がる
ロンダの街で賑やかなお祭り
に出会った。


ミハスの白い家

ミハスの白い家並み
地中海の保養地・ミハスは白い村の代表格。
コスタ・デル・ソル(太陽の海岸)を真下にに見下ろせる。

セビリア
旅行も終盤になってくると、モスクだ寺院だカテドラルだと説明を聞いても
頭には何も残らなくなってきた。セビリアでの思い出は、ホテルがオリンピックを
誘致するために造られた陸上競技場にあったことと、フラメンコショー
しか残っていない。そういえば、馬車もよく見かけたなあ。


スペイン・ポルトガルの旅