トップページへ

ウェザー・リポート

ウェザー・リポートのチケット1(jpg,26.8k)
ウェザー・リポートのチケット2(jpg,27.6k)
No.19 : 1978/6/28 & 1978/7/2

あらためてチケットをよく見ると最初の方は昼間の公演だったんだ。すっかり忘れている。

この時の来日公演を見に行った人達ほとんどのお目当てはエレクトリック・ベースの世界に革命を起こしたジャコ・パストリアスだったと言っても過言ではないだろう。

もちろん私もその一人だった。

ただ、たぶんこの前年だったと思うが、FMで放送されたモントルー・ジャズ・フェスティバルでの彼らの演奏をとても気に入っていたので、勝手に同じメンバーで来ると思っていた。

そう、アルバム「HEAVY WEATHER」のライン・アップである。特にアレックス・アカーニャのドラムを是非生で見たかったのだ。

残念ながらその夢は破れた。

すでにピーター・アースキンが正式にドラマーとして加入していたのだ。しかもパーカッショニストはいない。ようするにアルバム「8:30」のメンツだ。

4人で大丈夫なんかいな?と心配したが、スタジオ盤とは違う意味でちゃんと音は足りていた。さすがだ。

むしろ、たったの4人でここまでやるか、と驚いてしまったくらいのアンサンブルだった。

私の好みからは少し遠のいたが、ラテン色を薄めてジャズ色を強めるザヴィヌルのねらいが正しかったことを認めざるを得なかった。

ジャコの演奏が期待通り素晴らしかったことは覚えている。それと「見せる」動きの部分を1人で引き受けていた。そのステージ・アクションがけっこうロックっぽいところが妙に嬉しかった。

音楽界にとっては革命だったがジャコ本人はかなり早い時期からその演奏スタイルを確立していたと伝記で読んだ。

生前の彼の数少ない映像作品で、その演奏する姿を見るたびに、永遠のマンネリでもいいから生きていて欲しかったと心底思う。
(1999.08.10記)



前を読む お懐古さんに戻る 次を読む