トップページへ

ベック、ボガート&アピス

ベック、ボガート&アピスのチケット(jpg,37.5k)
No.2 : 1973/5/14

確かこれがジェフ・ベックが初来日した時のコンサートだったと思う。

チケットにジェフベックグループと印刷されているのでチケットを刷った時点でベック、ボガート&アピスのアルバムは発売されていなかったのかもしれない。私自身もコンサート前にアルバムを聴いたかどうか憶えていない。

チケットを見てもらえば分かるように前から3列目(Cだが最前列の2列は招待だった)、しかもほぼ真ん中という最高の座席で見れるという幸運に恵まれた。

当時は家庭用ビデオ・デッキも普及していないしMTVのような番組もほとんどなく、動く(^^;)洋楽アーティストを見る機会はとても少なかった。当然動くジェフ・ベックを、しかもこんなに間近で見るのは初体験であった。

ボガート&アピスも凄い演奏をしながら歌ってしまう超人のような人達だった。が、私の視線はベックに釘付け状態だ。彼は容姿に恵まれているとは言い難いが(失礼)、とにかくギターを弾く姿が「カッコいい!」のであった。

この時彼はショルダー・タイプのトーキング・モデュレーターを使っていたが、やはりこのコンサートを見た私の友人のギタリストが直後の自身のコンサートでギターとともにショルダー・バッグ(?)を肩にかけて演奏したという逸話もあった。そうしてしまう気持ちはベック・フリークなら納得できるであろう。かなぁ?

もしこのコンサートに行っていなければベックの弾くフレーズの「カッコよさ」を音だけでしかとらえなかっただろう。
(1999.03.16記)

追記(2003.03.29)

この来日公演の告知チラシがありました。ご覧になりたい方はここをクリックしてください。



前を読む お懐古さんに戻る 次を読む