2019.02.16更新

音楽雑記帳

見す見すミス | トップ
---------------

2月16日(土) 波形編集でいいのか

表題はアプリケーションソフトの呼び名のことです。

DTMによる自作曲の最終仕上げをする時に用いるプログラムなので、マスタリングソフトと言った方が正しいのかもしれません。

そんなソフトを先月購入しました。

大昔は波形編集といってもDCオフセットとノーマライズくらいでよかったんです、アマチュアですし。

現在は音圧レベルをどのぐらいにするか、をメインに色々な調整をするのが普通なんですね、アマでも。

私は今までWindows7のパソコンに入れた無料で使えるソフトで最低限のマスタリングもどき作業をしていました。

少しばかり機能がもの足りないことから代替えの有償ソフトをネットで物色したところ、Sound It!というソフトが気になり、アマゾンのほしい物リストに入れておきました。

が、なかなか買うという決断にまでは至らないでいました。

そんな折、時々チェックしている「藤本健の "DTMステーション"」に、この種のソフトで定番とされているものが、同サイトの読者に限り期間限定で特別価格により販売、という記事が。

まんまとのせられSOUND FORGE Pro12を買ってしまったのでした。

おまけ的ソフトが付いていてお得感が大きかったこと、プラス複数のパソコンにインストールできるところが決め手になりましたね。

ですからWindows10とWindows7の両方のパソコンに入れました。

おっとWindows7のサポート終了まで残り三百数十日だったっけ。

まっ、その後はオフラインのみで使えばいっか。

そんなことより、高機能なこのソフトを使いこなせるかどうかの方が大問題だっつぅ~の。

ぼちぼち勉強します。(苦笑)

---------------

2月2日(土) イエス来日公演

とは直接関係ありませんが。(苦笑)

先日読み終えていた「プリンス録音術」を本棚に入れようとしたところ、「イエス全史」が目に入りました。

そこには、はさまったままのしおりが。

最後まで読んでねぇ。(汗)

手にとって見ると、残りはわずか数十ページ。

以前このコーナーに書いたことも思い出したので調べてみると、一昨年の9月だったのだった。

足かけ3年でごわす。(笑)

で、本日読了。

彼らへの関心を失っていたので、ここ十数年の動向をまったく知らなかった私。

その間彼らがどんな音楽を作っていたのかは分からないものの、かなり高齢になったにもかかわらず(失敬)活発に活動していることに感心しました。

同書の記述から、配信サービスで無料で聴けるんだったら試しに聴いてみようかな、と思うアルバムもありましたし。

黄金期の作品だけにしか興味のない私ですが、読んで良かった感は十分ありましたよ。

少しでもイエスに興味のある方は、図書館でパラ見してみよう。

相当昔のこのコーナーで、イエスの運ぶ金、という昭和世代にしか意味が分からないダジャレを書いたことがありましたっけ。

同書を読んで、イエスミュージックでまだまだ稼げているのだということが一番印象に残りましたとさ。

来日公演がその証明ですわな。

---------------

一月前の雑記帳