鹿児島昆虫同好会HP


鹿児島昆虫同好会HP・ML係 金井賢一


ようこそ鹿児島昆虫同好会へ

鹿児島昆虫同好会は,1952年に設立された鹿児島の昆虫を愛してやまない人々の集まりです。

 

右図

「サツマシジミの飛翔」

村岡氏 描


ニュース更新日2018/5/23

鹿昆灯火採集会のお知らせ

2018616() 例会終了後

場所:清浦ダム管理棟周辺

開始時刻:例会終了後,移動・設置次第(1930〜頃?)

終了時刻:各自に任せます

持ち物:毒ビンや三角紙など,必要なものは各自持参

    周辺には店がないので,飲み物なども各自持参

 

薩南諸島の生物多様性研究成果発表会のお知らせ

日時:平成30526() 14:3018:30

場所:鹿児島大学稲盛アカデミー棟1階211号室

 

金井が寄稿した「チョウの分布拡大:北驫ル」に関して,会員の湯川淳一先生が日本生態学会誌に書評を書かれました。pdfを公開します。

書評「チョウの分布拡大」

期限:20186月3日()まで

 

6月2() 18時より,6月例会

「夏の喜界島,オオゴマダラの生活 −小学3年生の大発見−」

が開催されます。

会場:かごしま環境未来館 話題提供:金井賢一

参加は無料で,会員以外の方もお気軽においでください。

 

臨時例会の追加

日時:616() 16時〜18

場所:環境未来館

演題@:クヌギ樹液の滲出要因とオオスズメバチが嫌う樹液

    (市川俊英: 香川大学名誉教授、現在(株)KINP

演題A:オオスズメバチが嫌う樹液の成分

    (金哲史: 高知大学農林海洋科学部教授、(株)KINP

 

ご予定を追加してください。

 

2018年の行事会務分掌を更新しました

 

SATSUMA159号の目次を追加しました

 

鹿児島市チョウのデータベースを更新しました。

熊谷副会長による労作です。ぜひご活用ください。

 

鹿児島県内の高校生物部部誌pdfにて公開しました。

 

ツマアカスズメバチに関する依頼・資料

鹿児島県環境林務部自然保護課から来ました。

 

鹿児島県本土産チョウ類メモ帳

(アルボ148号で紹介したエクセルファイルです)

 

鹿児島大学生物研究会会誌LEBENのpdf

No.23まで掲載しました。

最新巻24号は,2014年に発行されました。

 

 

メニュー

SATSUMA目次

行事予定

会務分掌

例会案内

大会案内

リンク

入会案内

イチモンジセセリ

研究

 鹿児島大学生物研究会

会誌 LEBEN

会則・細則

鹿児島市のチョウ

データベース

県内高等学校の

生物部部誌