題字

癒しの場に、共に生き、共に在る

病院と施設が地域と一体化して、地域社会の中に病める人、弱き人を受け入れて、共に生きる癒しの場を作ろう。より望ましい医療と施設のあり方を模索していく手がかりにしたい。

      

欠乏は人間を苦しめるが、豊潤は人間を迷わせる。何を求めるべきか。精神療法をテーマとしたホームページではあるが、医療者でも障害者でもない健常者のあなたにも、性格や人格の望ましい変容をもたらすきっかけとなれば喜ばしい。

      

せわしい現代社会において、静かに瞑想にふけることは現代人の日頃から求めている境地であろう。内観療法は過去の体験を自己分析する自己発見、自己啓発の行でもある。ここでは精神療法としての理論と実践を示し、多くの人々にひとつの有力な武器を提供することができるだろう。

医療法人全隆会指宿竹元病院

意見・ご相談をおよせください。