ギャラリーに戻る

タイ ファイター(ファインモールド)
TIE FIGHTER(FineMold)


↑↑サムネイルをクリックすると大きな画像が見れます。



キットについて

 FineMoldsスターウォーズシリーズ第2弾、タイファイター。 うわさどおりソーラーパネルは細かいモールドが施されています。
ソーラーパネルがちょっと厚ぼったいという話もありますが、私はこの がっしりした感じが好きだったりします。 (でもインターセプターは薄いほうがいい)
 私の作例では抜きの関係で甘くなった機体の表面モールドの改修のみ行いました。

 パーツ割は、組みやすいように、また、極力パーティングラインが見えないようによく 考えてあります。
 ただ、機体関係のパーツはランナーゲートが接着面に来るように(外からゲートが見えないように) 配慮してありますが、これだとかえってゲート処理がしづらいと思うのは私だけでしょうか??



組立&改造ポイント

製作順序

 本体は基本的にインストどおりの順序で組めば全く問題ないです。


コクピット
 コクピット左右の内壁はデカールで再現されています。インストでは つや消し黒に塗装後デカールを貼るように指示してありますが、 つや消しだとデカールを貼りにくいので、水を含ませた筆でスティックのり をちょこっと溶かしたものを、デカールを貼りたいところに塗り伸ばして から貼っています。表面にのり分が残りるのでデカールがよく乾いてから きれいに洗っておきます。


機体のディティールアップ
 ちょこっと気になるところ、以下の2点のみ修正してやりました。
ほとんど手を入れるところがないキットって、楽でいいんですがちょっと寂しい 気もしますね。でもMPCのキットみたいに散々いじくりまわした挙句いつまでも 完成できないのよりいいかー。

・・・機体表面のモールド
 機体表面のモールドは抜きの関係でテーパーがついているので削り取って 0.3mm厚のプラ板で作り直してあげます。
 こういう細かいプラ板の切れ端を 貼るときはマチ針などに刺すと貼りやすいのですが、針跡の穴が結構目立つし、 それを修正するのも大変なのでピンセットなどにマスキングテープを裏返しに 巻きつけたものを使って貼ってやるといいですね。


・・・後部ノズル
 後部ノズル(パーツNo. )の穴も抜きの関係で 浅くなっているので0.8mm径のピンバイスで穴を開けてあげます。電飾したいところ ですが、今回は行っていません。


機体前後の接着
 接着には流し込みタイプの接着剤(TAMIYAの緑色のキャップのもの)を使います。 前後の機体を重ねたまま流し込み用の接着剤を機体の内側から流し込んで やります。アームの部分など狭いところは面相筆などを使えば作業がやりやすいです。
 このやり方で接着すると接着剤のはみだしもないですし(接着剤のつけすぎには 注意)あわせ面の処理がほとんど不要です。


ソーラーパネル
 ソーラーパネルは特に手を入れる必要はないと思うのでそのままです。 細かいモールドを堪能しましょう(^^)。





塗装

クリアパーツのマスキング・塗装
 同封されているマスキング用のシールを使いました。ただし、厚くて貼り付きに くいので爪楊枝などできっちりと押さえて密着させます。付属のマスキングテープは 型取り用にして市販のマスキングテープを使った方がいいかも知れません。
 塗装はサフ無しで直接機体色を塗っています。ただし光の透けが気になる人は下地に サフを吹くことをお勧めします。



機体の塗装
アルゴノーツのタイファイターの箱絵 にも見られる5角形マーキング、かっこよくて好きなんですが、今回はインストの塗装例1 にしました。細かいデカールはうざったいので貼ってません。

 インスト指定の基本色は作っている時点では手に入らなかったので、単純に白に 黒を混ぜたもの(Mrカラー白一瓶に対し黒20滴ぐらい)で塗装しています (インストの指定色もあくまでも近い色だと思うので色の違いは特に気にしてません)。
 汚しで黒ずむ分を考慮してかなり薄めのグレーにしました。



ソーラーパネルの塗装
 ソーラーパネルは3層構造です。接着面に塗料がついていると接着力が落ちるので、 枠が接着される部分はきちんとマスキングして塗ります。


汚し
 いつものようにエナメル系塗料を使いましたが、クリアパーツが使われているので 注意が必要です。エナメルの溶剤は浸透力が非常に強いため、クリアパーツにつくと 曇ったり、ひどいときにはヒビが入ったりして修復不可能になります(一度車プラモの ウインカーレンズをエナメルで塗ってひどい目にあった)。エナメルを使うときは クリアパーツに付かないよう十分気をつけてください。


おしまい
 以上、こんなところでしょうか。
ほとんど手を入れるところがないキット なので、2日もあれば完成できるでしょう。いろんな塗装バージョンを楽しんだり、 ベイダー機やインターセプターに改造したりして遊びましょう。(発売されないのかな?)





ギャラリーに戻る