JR枕崎駅
じぇいあーるまくらざきえき
JR指宿枕崎線
無人駅
駅時刻表
マップ

訪問日:02/03/17

写真をクリックすると倍サイズを
表示します。

南へ

なんかあ、ここのところの私の行動が周りの友人に波及して、大して鉄分含んでいないはずの友人にまでせがまれて、毎週の駅撮り敢行となっています。まあ別に構わないんだけどね。でも、このペースで行くと県内の主な駅を早々と制覇してしまいそうな気もするんだけど。それはそれ、これはこれ。
朝起きてみると晴れていたので、これはなかなかの撮影日和か? と思っていたら、昼過ぎから見る見る曇ってきました。あらら。日頃の行いかねえ。これで雨でも降った日には、何しに行ったんだかわからなくなるところでしたが、何とか天気の方は持ちこたえてくれました。晴れているに越したことはなのは言うまでもないけど。

ここのところ、大口や人吉方面ばかり行っていたので、気分転換に南の方へ行った見るかと思い立ち、駅撮り初挑戦(と言うほど大したものではないけど)の友人と、一路南薩へ。友人はすっかり廃線調査のつもりだったみたいだけど、今回は指宿枕崎線を撮ろうかなと思っていたので、まずは枕崎から攻めてみることにしました。


枕崎駅前景。駅の場所は比較的市街地の中心であった。市役所も近く、交通の要所と言った感じを、遠くから見る限りでは醸し出していたのだが……
灯台のモニュメントが、港町枕崎らしい。

南の終着駅

さて、上の写真を見る限りではなかなか立派な駅舎で、地方都市の駅として十分な役割を果たしているようにも見える。遠くから見た時は、結構普通の駅じゃん、とか思ったんだけど、これが実際に中に入ってみると全然違う。
そもそも、指宿枕崎線とは言っているものの実際の運用では西鹿児島山川間と、山川枕崎間では相当な格差があるわけで。時刻表を見れば一目瞭然。ほとんど通勤通学輸送に徹している感じなんだなあ。よって、昼間にぶらりと訪れてホームに列車を見つけるというのは至難の業。駅の待合いにいる人たちも、ほとんどが岩崎コーポレーションのバスを待っている人でありました。

駅は無人駅。一応売店ががんばっていた。観光案内所なのか?


かつては窓口もあったようだが、今は閉鎖されている。カウンターには、お約束の駅ノートがあった。


まあ、何というかすごい寂れっぷり。本当に現役の駅なのかどうか心配になってくる。おそるおそるホームの方に出てみると、これまたすごい。一体ここは何処なのだ? 何か日本の鉄道の駅じゃないような雰囲気すら漂ってくるホームの景色。保線されているのかどうか怪しい、腐れかけた枕木が敷かれ、雑草が生え放題の鉄路が頼りなく伸びている。こんなに街の中にある駅なのに、途轍もない寂静が漂う。盲腸線の終着駅とは言え、こんな見捨てられたような風情が漂う駅が他にあるのだろうか?

枕崎駅ホーム。島式ホームだが一面一線。側線すらなし。反対側はほとんど埋められている。列車はここで終着を迎え、同じ線路を引き返していく。交換もなく、西頴娃まで閉塞になるため出発信号すらない。


駅名標。片方にしか駅表示がないのは本物の終着駅の証。


上り指宿方面。というか上り方面にしか線路はないんだけど。廃線直後と見まごうばかりの荒れっぷり。


ホーム下り方向。すぐに線路は終わる。普通の駅では考えられないくらい近くに車やバスが駐車しているのがわかる。


ホームより駅舎。つうか、ホームと駅舎の間にも車が停まってる……こんなにオープンな駅は他にはないだろうなあ。

何故枕崎駅はこんなに凄いのか?

実は、全体をJR枕崎駅のように紹介しているが、実はJRの管理するべき部分はホームと線路だけなんだなあ。そのほかの土地や建物に関して、JRは手をつけることができなかったりする。所有権がないのです。
ご存じの方もいるとは思うんですが、一応説明。かつて枕崎駅は鹿児島交通という会社が南薩線という鉄道を持っていた時代に建てられたもので、国鉄が指宿まで造っていた路線を延伸して、枕崎まで乗り入れ指宿枕崎線になったという経緯があります。よって、駅舎や駅の土地は鹿児島交通の所有するものとなっているわけですね。ところが、南薩線は台風の被害を受け、復旧する財政的見通しが立たず惜しまれつつ廃止され、結果として枕崎駅は現在の形で残ったというわけです。
駅の周りに停まっているバスは鹿児島交通(岩崎コーポレーション)のものです。南薩線の代替路線や空港直通バスをかなりの数走らせています。ぱっと見はJRの駅のようですが、枕崎駅は私鉄駅と言うことになるわけです。ホームと線路以外の使用権は岩崎側にあります。世にも不思議な終着駅の光景はこのような事情があるわけなんですね。
今回駅撮り初同行した友人は、この駅の風景にかなりショックを受けているようでした。幹線沿いの駅しか見たことのない人間には、かなり強烈な駅であることは間違いないでしょう。

戻る←