frower2018年  6月のフィールドノートから

*6月3日 奄美市某所
 林道上にオーストンオオアカゲラの死体が落ちていた。巣立ったばかりの幼鳥のように思える。死体には食害のあとがあり、車にも轢かれていて、ひどいありさまだ。車に
衝突したあとで食べられたのか、襲われたあとに轢かれたのか? 襲ったのはカラスかツミか、あるいはネコか? いろんな疑問が湧いてくる死体であった。


▲無残な姿のオーストンオオアカゲラの死体。


*6月20日 奄美市名瀬金作原
 環境省のモニタリング1000森林調査の準コアサイトである金作原サイトでピットフォールトラップを担当している。こんぼサイト、ふだんはあまり昆虫が捕れないのだが、
ときとして珍しい昆虫が捕れることもある。梅雨の合間を狙ってしかけたトラップには、アマミエンマコガネ、ムラサキエンマコガネ、ネアカエンマコガネなど多くの糞虫が落
ちていた。気づかなかったが、近くにイノシシの糞でもあったのかもしれない・


▲アマミエンマコガネ。


▲ネアカエンマコガネのオス。わかりにくいが角がある。


フィールドノート トップへ


HOME