frower2016年  7月のフィールドノートから

*番外編*7月1日〜7日 エクアドル
 有志でエクアドル探鳥ツアーに行ってきました。前半はアマゾン川の支流ナポ川流域のヤスニ国立公園のナポ・ワイルドライフセンターに3泊、後半はアンデス山脈の西側中
腹(標高1500m〜2200m)のタンダヤパ谷にあるタンダヤパ・バード・ロッジに3泊し、7日間で278種もの野鳥にあってきました。これも優秀なバードガイド、チャールズ・ヘッセの
おかげです。お腹一杯のなるまで鳥見を堪能しました。ここでは印象に残った鳥をいくつか紹介します。


▲ナポ川のカヌーから観察したトキイロコンドル。コンドルは他にオオキガシラ、ヒメ、クロを観察。


▲やはりカヌーから観察したツメバケイ。ヒナのときには翼に爪を持つ非常に変わった鳥。


▲地上40メートルのタワーから観察したシロムネオオハシ。


▲同じくタワーの上から観察したハグロドリ。


▲これもタワーから観察したクロハラリスカッコウ。


▲原生林のなかのオナガタチヨタカ。


▲原生林の中のカンムリズク。左がオス、右がメス。


▲毒消しのために泥舐め場(clay lick)にやってきたアマゾンミドリインコの群れ。


▲ナポ川の中洲にいたクロハサミアジサシ。


▲タンダヤパ・バード・ロッジの給蜜台に集うハチドリたち。右からチャイロ、ラケット、アオミミ。


▲同じくロッジの給蜜台にきたハイバラエメラルドハチドリ。

▲ロッジの餌台にやってきたキンイロフウキンチョウ。エクアドルには美しい色合いのフウキンチョウがたくさんいる。


▲突然目の前に現れたアンデスイワドリのオス。


▲タンダヤパ谷で観たキンガシラカザリキヌバネドリのオス。尾の短いケツァール。


▲パッス保護区で観察したキムネヒメジアリドリ。アンバランスな体形で、かわいい。


▲パッス保護区のオオハシゴシキドリ。チョコ地方の固有種。


▲ミルペ保護区のチョコキムネオオハシ。


▲ミルペ保護区の給蜜台にきたミドリボウシモリハチドリ。


フィールドノート トップへ