湯湾岳 YUWANDAKE
 
 

概況
 標高694mの湯湾岳は奄美大島はもとより
奄美以南の南西諸島では最高峰になります。
そのため、この山頂付近はさまざまな動植物
の固有種が多く、国の天然記念物に指定され
ています。野鳥も、森林性の固有種のほとん
どを観察することができます。

交通
・名瀬市内から:国道58号を南下し、新村を過
ぎたところで宇検村方向へ右折します。湯湾集
落の手前を右折すると周回道路に出、展望台
まで車で行くことができます。車で約1時間。
 大和村側にも別の登山道があります。
 

霧の湯湾岳 00/04
探鳥のポイント
 周回道路から展望台横の駐車場付近は、運
がよければ早朝の暗いうちに、オオトラツグミや
アマミヤマシギを観ることができるポイントです。
車のスピードを落として、地面に注目しましょう。
 駐車場に車を停めたら、山頂まではゆっくり歩
いて1時間半の登り道です。途中でアカヒゲの
さえずりやオーストンオオアカゲラのドラミング、
カラスバトのうなり声、夏ならばサンコウチョウの
声なども聞こえるのではないでしょうか。
 湯湾集落の外れにある運動公園は春秋の渡り
の時期にセキレイ類やタヒバリ類が出現すること
もあります。焼内湾では冬季海カモ類を観察でき
ます。
 トイレは駐車場の近くにあります。

早朝にさえずるオオトラツグミ
観られる鳥
・留鳥:カラスバト、ズアカアオバト、キジバト、リュ
ウキュウコノハズク、アオバズク、アマミヤマシギ、
オーストンオオアカゲラ、コゲラ、ヒヨドリ、サンショ
ウクイ、アカヒゲ、オオトラツグミ、キビタキ、シジュ
ウカラ、ヤマガラ、メジロ、ルリカケス、ハシブトガラ
ス など
・夏鳥:アカショウビン、サンコウチョウ など
・冬鳥&旅鳥:サシバ、シロハラ、アカハラ、ウグイ
ス、ヤブサメ、ルリビタキ、エゾビタキ、アオジ、クロ
ジ、アトリ、シメ、マヒワ、ビンズイ、タヒバリ、キセキ
レイ、コムクドリ、コガモ、ホシハジロ、スズガモ
 など

まだ暗いうちに餌を探すアマミヤマシギ




探鳥地トップ

HOME