金作原 KINSAKUBARU
  

概況
 金作原は奄美大島に残された最も
原生的な森林のひとつで、一帯は国
有林で、スダジイやイジュなどの大木
とヒカゲヘゴのうっそうとした群落が太
古の森をほうふつとさせます。一年を
通じて奄美の森林性の野鳥が生息し
ています。

交通
名瀬市内から:ハブセンター横の道
を進み、標識に従ってスーパー林道を
車で約40分。朝戸、小宿、知名瀬から
もアクセスできます。

▲金作原の林内
探鳥のポイント
 スーパー林道上の金作原分岐点に
車を停めて、林道上をゆっくり歩きな
がら観察します。時間は早朝が望まし
いでしょう。しばらく歩くと、アカヒゲの
声やオーストンオオアカゲラのドラミン
グ、運がよければオオトラツグミのさえ
ずりも聞こえてくるでしょう。しかし、木
が茂っているので姿を観るのは困難
です。自然観察教育林になっているの
で、樹木に名札がついています。木の
名前を覚えながら30分ほど歩いたら、
同じ道を引き返したほうがよいでしょう。
 付近にトイレはないので要注意。ま
た、ハブの危険があるので道から外れ
ないようにしましょう。

観られる鳥
・留鳥:オーストンオオアカゲラ、コゲラ、
カラスバト、ズアカアオバト、キジバト、ヒ
ヨドリ、サンショウクイ、オオトラツグミ、ア
カヒゲ、キビタキ、シジュウカラ、ヤマガラ、
メジロ、ルリカケス、リュウキュウコノハズ
ク、アオバズク
・夏鳥:アカショウビン、サンコウチョウ
・冬鳥:シロハラ、ウグイス、アオジ

▲餌を探すオーストンオオアカゲラ(♂)

シジュウカラ(♂)





探鳥地トップ

HOME