奄美野鳥の会紹介ロゴ

ルリカケス絵 はじめに
   
 奄美野鳥の会は、1988年11月3日に発足しました。以後、毎年の定例総会で活動方針や活動計画を決め、毎月の定例会で計画を具体化しながら活動を続けています。現在は、“まずは、足元の野鳥や自然をもっとよく知ろう!”と、ほぼ毎月1回の定例探鳥会や観察会を中心に、会員間の親睦をはかりながら楽しく活動してきました。
 2003年の9月に特定非営利活動法人(NPO法人)として認められ、組織としての基盤がよりしっかりしてきました。今後は世界遺産登録候補地である奄美の自然を守るために、より積極的に活動していきたいと考えています。
 現在の会員は、家族会員を含めて約400名(2007年7月末現在)で、より多くの人たちに奄美の野鳥や自然をよく知り、親しんでいただけるよう仲間づくりにも力を入れています。

 
 NPO法人奄美野鳥の会の定款はこちら矢印
探鳥会
 
  会の中心活動で、主に奄美群島内の探鳥地で毎月1回のペースで実施しています。会員のみならず、地元新聞などを通じ一般市民の皆様方にも気軽に参加いただけるよう呼びかけています。探鳥会では、会員が参加者の方々に野鳥や自然に親しめるよう解説したり、疑問に応えたりしながら家族的な雰囲気ですすめるようにしています。


 今後の探鳥会の予定はこちら矢印
会報30  会報「あまみやましぎ」

 年4回の季刊発行で、会員に発送しています。手作りですので立派なものではありませんが、会員の皆様に会の活動や今後の計画などを知らせたり、会員の野鳥や自然に対する思いを綴ったり、ときには調査報告などを載せたりするようにしています。

 会報の案内はこちら矢印


 その他の活動

 1994年以降、毎年3月に国の天然記念物であり奄美の固有種であるオオトラツグミの全島一斉調査を行っています。これ以外にも、環境省の希少野生生物保護増殖事業の一環として、ルリカケスやアマミヤマシギなどの貴重な鳥類の生息状況や生態の調査などを積極的に行っています。
 また、不定期ですが、会員の撮った写真を中心に各地で野鳥展を開催したり、スライドやビデオを使った野鳥勉強会を行ったりして、啓蒙に努めています。
 さらに、会の出版物である「奄美の野鳥ガイド」や「図鑑 奄美の野鳥」、野鳥グッズとして、ピンバッジなどの販売も行っています。

 オオトラツグミ一斉調査の結果はこちら矢印

 奄美野鳥の会の販売物の案内はこちら矢印
会紹介―オオトラ説明会


*奄美野鳥の会では、会員を募集しています。会則を認め会費(個人or一家族 年間3,000円/
島外の方は年間2,000円)を納めていただければ、島内・島外を問わずどなたでも会員になることができます。
ご希望の方は、メールにてご連絡ください。
E-MAIL lidthi@po.synapse.ne.jp



HOMEAOCロゴ