年 表   (廃止まで)


 

西 暦

年 月 日

こ  と  が  ら

1893

明治36年 9月 5日

鹿児島線(現肥薩線)横川(現大隅横川)−栗野間開通により栗野駅開業

1902

明治45年 7月

鉄道院佐橋技師らの測量班が山野線建設予定地の現地踏査

1919

大正 8年 7月

国鉄山野軽便線栗野−山野間着工

1921

大正10年 9月11日

栗野−山野間開通

山野・薩摩大口・菱刈・湯之尾駅開業

西水流競馬場(現大口市総合運動公園)で鉄道開通を祝う祝賀会を挙行

1922

大正11年 9月 2日

軽便鉄道法廃止により,山野線と改称

1926

大正15年 7月21日

川内線(現鹿児島本線)米ノ津−水俣間開通により水俣駅開業

1929

昭和 4年 4月22日

山野西線水俣−山野間着工

1934

昭和 9年 4月22日

山野西(さい)線水俣−久木野間開通

東水俣・肥後深川・深渡瀬・久木野駅開業

山野線栗野−山野間を山野東(とう)線に改称

1934

昭和 9年 7月 1日

一部旅客列車にガソリンカー運転開始。戦時中ごろまで続く。

1935

昭和10年12月20日

山野東線山野−薩摩布計間開通

西山野・薩摩布計駅開業

吉松機関区薩摩布計駐泊所開設

1937

昭和12年12月12日

久木野−薩摩布計間開通により全通。

山野西線と山野東線を山野線に改称

同時に宮之城線薩摩永野−薩摩大口間開通により宮之城線川内−薩摩大口間全通。

両線の全通祝賀会を大口小学校で挙行。

吉松機関区薩摩大口駐泊所開設・薩摩布計駐泊所は廃止。

C56型蒸気機関車を配置。

1938

昭和13年 3月25日

西菱刈駅開業

1942

昭和17年11月15日

薩摩大口駐泊所が薩摩大口機関支区に昇格

1945

昭和20年 6月20日

戦局悪化のため西山野駅営業休止

1947

昭和22年 6月 1日

地区民の請願により西山野駅営業再開

1957

昭和32年10月 1日

東水俣・西菱刈駅無人化

1958

昭和33年 2月 1日

キハ17キハ20などの投入により旅客列車の一部ディーゼル化・栗野−山野間で運転開始

薩摩大口機関支区の機関車配置がなくなる。以後は吉松機関区に配置。

1959

昭和34年11月23日

稲葉崎駅開業

1960

昭和35年 3月 1日

『山野・宮之城線管理長』設置。両線の経営改善に取り組む。

1961

昭和36年10月23日

肥後深川・薩摩布計駅貨物取扱廃止

1962

昭和37年 2月20日 

キハ52型ディーゼルカー投入により, 旅客列車のディーゼル化完了。客貨分離なる。

準急『からくに』号出水−宮崎間(鹿児島・山野・肥薩・吉都・日豊線経由)に登場。

1962

昭和37年 9月19日

肥後深川駅無人化・久木野駅貨物取扱廃止

1963

昭和38年 4月 5日

前目駅開業

1963

昭和38年 5月10日

西山野駅無人化

1963

昭和38年 6月 1日

山野駅貨物取扱廃止。貨物列車は栗野−薩摩大口間だけとなる。

1964

昭和39年

深渡瀬駅無人化

1965

昭和40年 2月 1日

薩摩布計・湯之尾駅無人化

1965

昭和40年 2月11日

郡山八幡駅開業

1966

昭和41年 3月 5日

『からくに』を急行に格上げ

1966

昭和41年 4月 1日

ATS(自動列車停止装置)設置

1968

昭和43年 4月 1日

山野・宮之城線管理長を『大口運輸長』に組織変更

1970

昭和45年10月 1日

『からくに』を快速に格下げ・愛称も消える

1971

昭和46年 2月 1日

菱刈駅貨物取扱廃止・駅業務一部委託化。

1971

昭和46年 3月25日

山野駅無人化

1973

昭和48年 4月 1日

大口運輸長廃止,吉松運輸長を設置。

1974

昭和49年12月16日

貨物列車の牽引がDD16に代わり,山野線からSLが消える

1976

昭和51年 5月

薩摩大口機関支区の蒸気機関車用炭台・水タンク・転車台撤去。

1980

昭和55年 2月19日

『日本国有鉄道経営再建促進特別措置法案』(国鉄再建法案)が閣議決定。赤字ローカル線廃止も盛り込まれる。

1980

昭和55年11月28日

国鉄再建法案が可決・成立

1982

昭和57年11月15日

薩摩大口への貨物輸送廃止により, 山野線の貨物列車廃止。荷物輸送はトラックによる代行輸送となる。

1984

昭和59年 2月 1日

薩摩大口駅の鉄道荷物取扱廃止により, 山野線の荷物輸送廃止。同時に郵便物の輸送も廃止

1984

昭和59年 4月20日

地方交通線に割増運賃導入

1984

昭和59年 6月22日

運輸省が山野線を第2次廃止対象路線に選定・承認

1985

昭和60年 3月14日

快速列車を普通列車に格下げ。全列車普通列車となる。

1985

昭和60年 7月26日

山野線の将来のあり方を協議する『特定地方交通線対策協議会』が初開催

1986

昭和61年12月 3日

第 5回特定地方交通線対策協議会で山野線バス転換決定

1987

昭和62年 1月10日

宮之城線廃止・同時に薩摩大口機関支区も廃止。

1987

昭和62年 4月 1日

日本国有鉄道が分割・民営化。九州の在来線は九州旅客鉄道株式会社(JR九州)に移行。

1987

昭和62年11月24日

山野線廃止を昭和63年 2月 1日に確定

1987

昭和62年12月25日

さようなら臨時列車の運行開始

1988

昭和63年 2月 1日

山野線廃止・南国交通と九州産交バスに転換 

 



トップページに戻る