本文へスキップ

不妊症・不育症専門クリニック

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.099-224-4124

〒892-0844 鹿児島市山之口町1-10 鹿児島中央ビル3F

治療方針policy&FAQ

治療方針

方針イメージ

 不妊症の治療は、まず不妊原因全ての検索と、明らかになった原因に対する治療で始まります。ご夫婦(カップル)両方の検査、治療を進めていくことになります。とくに重篤な原因が無ければ通常は軽い治療方法から少しずつ治療の程度を上げていく、ステップアップ方式で治療を進めていきます。
 ただし、それぞれのご夫婦の背景(年齢、不妊年数、経済的事情、仕事、住んでいる地域など)によって治療の選択、進め方が変わってくることがあります。

初診時の流れについて

  1.  初診の時期は何時でも構いません。予約され指定された日時にお越しください。基礎体温は必ず計測   してご持参ください。

     初診時にかかる費用は15,000円〜20,000円となります。初診時の所要時間は2時間程度かかりますの   で時間に余裕を持ってお越しください。

     まず、予約時間に来院していただきカルテ作成のための書類記載と問診票の記載をお願いします。ご夫   婦お二人のカルテを作成しますので必ずご夫婦お二人の保険証を持参してください。この作業に30分   程度いただきます。

     記載していただいた問診票を基に、お話を聞かせていただきながら、Drの説明があります。この中で   はおおまかに以下の内容を説明いたします。
        ・ 妊娠のメカニズム
        ・ 女性の卵子の老化と減少
        ・ 不妊の原因とその検査方法
        ・ 原因毎の治療方法

     説明後、診察台にあがっていただき超音波検査を行い、子宮、卵巣の状態を把握します。月経中であっ   ても必要性がある場合実施することがあります。超音波の画像は内診台の上方に設置したモニターで一   緒にご覧いただけます。

     診察終了後に今後の検査の方針と治療方針を相談し、次回予約日を決定してDrの診察は終了です。

     この後、看護師から再度、説明がありますので何かおわかりにならないことがありましたらお尋ねくだ   さい。看護師の説明と同時に採血も行います。

      看護師の説明後、受付医療事務から医療費や助成金制度その他の説明があり、会計を済ませて受付で   次回来院予約をとってお帰りいただきます。


検査について

ホルモン検査
排卵に関与するホルモン値を採血して測定します。基本的には月経中の採血となります。(FSH、LH、PRL)

卵管通気検査、卵管造影検査
卵管の通過性を確認するための検査で、月経終了後から排卵までの時期に行います。

排卵に関する検査
 ・ 超音波検査:卵胞発育をチェックし、18mm〜20mm直径の卵胞が成熟しているか検査します。
 ・ 卵胞が発育していれば血中ホルモンを測定(E2、LH)し、卵子、卵胞の成熟度と排卵日を決定します。
 ・ 排卵後に実際に排卵があった確認のために排卵推定日の後に超音波検査で卵胞が消失していることを確   認します。

  • 精液検査
 治療を進めていく上で欠かせない検査です。早い段階での検査をお願いいたします。

MWC
Matsuda Womens Clinic
松田ウイメンズクリニック

〒892-0844
鹿児島市山之口町1-10 
鹿児島中央ビル3F
TEL 099-224-4124