ミュータン旅へ行く(3)Mutan Leaves Home(3)

ますまます面白くなってきたミュータン・シリーズの第3弾。 ミュータンはつかまっていた妹たちと再開します。どのようにして妹たちをたすけだすのでしょうか?

     

ミュータンは、かばんの中からなわばしごを取りだし、中へ入っていきました。
そこの方から、話し声のような何かが聞こえてきました。
メラニゲンが、こむしば村の若い娘たちを引き連れていきました。

みんな悲しい顔をしていました。
メラニゲンたちのえんかいで、王さまの前でおどりをさせるためのようでした。


Mutan opened his backpack, and took out a rope ladder. 
Using a rope ladder, he went down inside.
He heard whispers coming from the bottom. 
Oh dear! Melanigens came into view ahead of Mutan.
Melanigens were taking young girls from Cavity Village. 
Mutan could see the figure of this sister. 
The girls looked very sad.
The drinking bout continued. 
" Don't be beaten by Cavity Village peoples! Do you!"
"Certainly, out great king!"       
"Let's dance!"

 

 えんかいのつかれでメラニゲンたちはぐっすり眠っています。
ミュータン、そして妹と娘たちは、デンタルフロスで、メラニゲンのしっぽをぜんぶしばってしまいました。
突然!「寝る前にも歯をちゃんと磨きなさい! 歯ぐきのほうもすみずみまでしっかりそうじをするんですよ! 

今夜は、とくに生えたての歯にも毛先を当てなさい!」 
キンキン声が、こだまのようにひびいてきました。メラニゲン村は大こんらんになりました。 
ミュータンはふたたび旅へ出かけました。
The Melanigens were dead really drunk, very tired and slept soundly. 
Mutan thought they wouldn't wake up very easily.
Mutan opened his adviser backpack again. 
He took out some dentalfloss and passed it around. 
Quickly and quick, Mutan and his friends roped and tied the Melanigen's tails with detalfloss. 
They gave the end of dentalfloss to Mutan.
Bound all dentalflosses together in bundles. 
Suddenly 

"BRUSH YOUR TEETH BEFORE YOU GO TO BED! BE SURE TO GET THEM CLEAN AROUND THE GUMS, TOO!
YOU MUST BRUSH THE TEETH THAT ARE JUST COMING OUT!" 
A voice like thunder echoed through the valley. 
Melanigens panicked, and pulled each other.

出版社 (財)口腔保健協会

B4判変形 53pカラー 定価2,600円(税含む)

170 東京都豊島区1-44-2 03-3947-8301 FAX03-3947-8073

トップへもどる

次のページへすすむ