内小野寺跡参考図書 郷土誌「つつはの」・吉松郷土誌改訂版

150年の歴史の扉を開けました?? ? 実施日 2017年 7月23日(日)
つつはの郷土研究会 内小野寺調査と共同作業はここで。 



新熊山三蔵院、天台宗内小野寺跡は、川添字宮前にあり
通称今熊山の熊野神社一帯にある。周辺は雑木林や竹林
水田となっているが、墓地の中にある歴代住持の墓が、由緒ある
寺の名残りを今日にとどめている。

内小野寺は天台修験本山派であり、本尊は麻利支天が白猪に乗った
6寸8分の木像であった。
創立の年代は明らかではないが、郷土の愛甲氏が代々その住職を
世襲してきた。愛甲氏の先祖は’神奈川県愛甲郡の修験僧・
愛甲小次郎忠雄で、建久8年(1197)源 頼朝が、島津忠久を
薩摩・大隈・日向の地頭守護に任じたとき、忠久に従って下向し

筒羽野村を所領として与えられ当村に移り住んだが、いつの年代からか
当寺の住職となり、庭前に熊野神社を祭って、代々その社司をも兼ねた。
今の愛甲博則氏がその43代の子孫に当たる。
表門

内小野寺は支坊5箇寺を持ち、榎木坊・杉木坊・政所坊・藤之坊・谷口坊
といった。寺域5反5畝7分、堂宇は宝殿・客殿・熊野神社・水天社・秋葉権現
妙見社・持仏堂・役行者堂あり、客殿は島津義弘の隠居所として建立された
ものと言われている。
裏門

画像下は現在の愛甲家の庭園です。


 

廃仏毀釈で鹿児島県内の仁王像は壊されてしまったが
手足が残っている像は貴重です。
島津氏との縁が深かったせいではという説があります。


延宝8年(1680)9月、島津久住が当地に寄り
風光愁眉を賞して、次の歌を残している。

内小野寺にて    久住

又もきて見すやあらなん此寺の
        岩間の水の清きながれを




愛甲家文書
「天狗相伝一巻書」「木崎原合戦記」その他、中世の頃の古文書(こもんじょ)
は黎明館に保存されてあります。
 



この貴重な古文書は昭和63年8月26日、初代会長林昭男先生が
富士ゼロックス鰍ノ依頼して撮影し、A4版厚さで冊子にしたもの全巻23冊を
つつはの郷土研究会が保存しています。

  

  


補足説明(つつはの3号より)

窪田仲市郎氏は著書「神話と霧島」の中で
「内小野寺は高崎の幸樹院と共に、薩摩の特別な庇護のもとに栄えた禅宗寺院に伍して
長く実力を維持していたらしい。霧島をめぐる地域は戦国時代島津氏勢力確保の前線と
なったために、島津藩は修験との間に密接な交渉を生じ、藩内一般に修験の行者は
「法者ドン」とか「ヤンボシ」とよばれて敬重せられた。
島津氏の鉾先はこの頃から小林(当時三山といった)を中心とする地域に集中せられようと
していた。その原因は伊東氏との角逐が当面の問題として尖鋭化したためであったが
その鉾先がぎせられたために両者の相克対立がきびしくなったのか分からない。
思うにその両者であろう」と述べている。

呪法者たちが戦争に大きな役割を演じている時代だから、鎌倉からわざわざ連れて来た
信任あつい修験僧の愛甲氏を、前線の吉松に配した意図が何であったか伺われる。

愛甲氏は代々島津氏の信任があつく、義久(義弘の兄)の時まで
寺領8町8反(872アール)をもらっていた。
義弘が永禄7年(1564年)加世田から飯野城に移ってくると、27代の
住持、愛甲相模坊光久は特に重用された。元亀3年(1572年)5月の
木崎原合戦には、すぐれた呪力をもって敵国調伏を行い、賓兵をもって
よく伊藤氏の大軍を撃破せしめたので、その功により霧島中央権現瀬多尾神社
の別当寺・小林郷瀬多尾寺の座主に任ぜられ、小林の地に田地3町3反
をもらった。
又、感状や太刀一振りの外に光久の妻にも島津家の紋を付けた挟箱があたえられ
愛甲家に今も伝えられている。
又、光久は1584(天正12)年2月15日島津義弘の代参として、志布志の
飛滝権現にこもった時、神前で天狗から兵法の三略書一巻をもらった。

 


150年の歴史の扉を開けました??  実施日 2017年 7月23日(日)

観光地にはなっていませんが、7/23 つつはの郷土研究会は川添地区にある
内小野寺跡の草刈りと確認調査を実施しました。


島津氏及び島津義弘公と縁が深かった内小野寺のことを世間にお知らせしようと計画したものです。
梅雨明けの暑い中、多忙中にかかわらず10名の参加者があり、、
廃仏毀釈後150年の閉ざされた扉を開けることができました。





ここ数年誰も足を踏み入れてなかった内小野寺跡。案の定、孟宗竹と雑木と雑草に覆われていましたが
みんなで1時間かけてを取り除いた結果・・・・・
とうとう本堂跡らしき石垣発見、初期の目的を達成することができました。(^^)/







町が立てた看板がありますが、当会の活動の証として、熊野神社への参道の途中に、
当会独自の看板を作ってみました。





参加者のみなさん、ぬっかとこい、まっこてあいがとさげもした。