田尾原の供養塔群

●昔から、この一帯を塔之原と称し石塔が多かった。田尾原の名の原点
 現在、板碑の他に五輪塔20基ほどがある、相当数が散在しているものと思われる

●この卒塔婆群は鶴田政俊氏の裏山にあった

●周辺に散在していたものを、昭和15年、同集落青年団が現在地に復元した

●昭和42年3月31日、稲葉崎供養塔群といっしょに 鹿児島県文化財に指定された

●昭和46年、斉藤彦松氏(元 同志社大学名誉教授)が屋敷裏の板碑に梵字最高の
 「オン」字を発見し、日本でも有数の貴重なもの確認された(下記に詳細)
 
●偈文はすべて法華経である

田尾原供養塔群は、稲葉崎供養塔群より、少し時代が下がり南北朝時代中期の在銘塔が中心となっている

主な一尊種子板碑


<オン思想の伝流>栗野町郷土誌

約4千年前、インドでアーリャン人(インド文化の主要人種)たちが、神に対する感嘆詞として
用いた「唵(オン)」なる音声が、しだいに聖音となり、バラモン教の信仰対象となった。
バラモンの哲学書「奥義書」には「唵字はこの一切なり。過去・現在・未来ことごとく唵字なり。
これら3字を超越せるものもまた唵字なり。・・・・・・・と文字化され、唵字はバラモン教の
「最高神である」とまで極限されるまでにいたった。
この唵字がインドから秘密仏教と供に、日本に伝来し、田尾原供養塔群にあることは
世界思想文化の伝流の上から、全国的にも貴重な文化遺産だと言われている。


<薬研(やげん)彫りとは>
金石類に文字などを彫るのに、薬研の形状、すなわち断面がV字形になるように彫ること
     約700年前の石碑風雨で削れて見えなくなる
     この彫り方は長持ちするので、得の高い人が採用したようだ。


<逆修供養塔とは>
自分より先に亡くなった年長者に対して冥福を祈る法要を追善(供養)というのに対し、
生きている間に自分の死後に対して、または自分より若くして亡くなった者(子や孫など)に
対して冥福を祈る法要を逆修(ぎゃくしゅ、逆修善・逆修法会)と称される。

なお、生きている間に建墓し、その墓石に自らの名前または戒名を朱書きすることを
「逆修の朱(ぎゃくしゅのしゅ)」という。ちなみに、「逆修」には迷いにより仏教における真理から
離れることという意味もある。

            生きている間は幸福で、死後は極楽に行けるよう生前に建てた供養塔。
            戦乱に明け暮れ、明日の運命すら分からなかった時代、宗教的な信仰こそが
            唯一の支えであった。


<梵字とは>参照画像hp
梵字とは梵語を書くのに用いる文字のこと、吉祥文字と言われる。
梵語は古代インド(天竺)の言語のことを言います。

梵字は、インドの文字の総称で、地域や時代によって異なる幾つもの書体を含んでいる。

インドの言葉サンスクリット語を表記するために造られた文字
仏教の文字観と結びついて、宗教的レベルまで発達した。 
日本へ伝った梵字は「悉曇[しったん]」と呼ばれ、六世紀から九世紀にかけて中央インドを中心に用いられた流行書体である。

この悉曇が密教の教理と密接なかかわりを持つ。書体名のほかに、
悉曇文字には、「成就・完成」という言葉の意味がある。密教では、悉曇は大日如来から相承した神聖な文字であると説かれる。成就・完成とは、悉曇文字そのものが持っている機能が完成し成就しているということである。

弘法大師空海は、悉曇を如来の実語として捉え、文字でほとけのさとりの世界をあらわすことができると説く。すなわち、種子[しゅじ]、真言[しんごん]、陀羅尼[だらに]を密教を形成する重要な要素の一つであると位置付ける。このことは、真言宗という宗名にもあらわれている。


<卒塔婆(そとば)とは>
「塔婆即大日如来」この仏教信仰が塔婆研究の基本知識。

サンスクリットの
ストウパに漢字の音を当てたもの。本来の意味は高く現れるという意味。
供養・追善のため建てられた。上部を塔の形にして梵字・経文・戒名が刻まれている。
卒都婆(卒塔婆) → 塔婆 → 塔 いずれも同義語である。

板碑は石造りの卒塔婆のこと。平らな石の頂をを三角形に作ったものが多く、
上部に種子(しゅじ)や仏像を彫り、下部には偈(げ)・記年・氏名などが刻まれている。

平安中期・鎌倉・南北朝・室町時代に追善・逆修供養の為に建立された。



<梵字について>
石塔の世界に初めて触れてみて、意味不可解なことがどんどん出てきました。
梵語・梵字・サンスクリット・卒塔婆・板碑・悉曇文字・逆修供養・密教語(胎蔵・金剛界。曼荼羅など)
宗教的なことは奥までは知ることはできませんが、自分なりに整理してみました。
知り合いであった般若寺住職の故今村氏が機関誌「つつはの」に掲載されたものを紹介します。(許可済み)







<霧島の仏教文化について>栗野町郷土誌より

●仏教の流れ
奈良時代は写経  平安時代は祈祷  江戸時代は読経が中心であった。

●性空(しょうくう)上人
26歳で父を失い、母に従って京都から日向に来た。
10年後 天慶8年(945)比叡山の仏門をたたき、再び霧島山に居をかまえ
白鳥権現や般若寺を建立した。

●臨済宗の開祖栄西(1141~1215)
博多聖福寺に初めて茶を移植した。その後「喫茶養生記」を片手に霧島山麓を行脚
布教の傍ら同地帯を茶の名産地に育て上げた。

●禅書「碧巌録」
古くから愛読されたこの本は室町時代の初期に飯野で出版された。
これは南九州における最初の出版事業であり、同書の日本における最古出版でもある。
著者は宋の「雪ちょう」「円悟」。発行者は飯野長善寺の「秀篤」。出資者は「北原久兼」
応永6年(1399)  「聚分韻畧(しゅうぶんいんりゃく)」1530 飯野で改定。
南北朝前後の霧島山麓は南九州における仏教文化のメッカ。
吉松・栗野・飯野周辺の活気は想像以上と考えられる。