神社豆知識


参拝の作法 二拝二拍手一拝 玉串拝礼 神棚のまつり方 シベの切り方


二拝二拍手一拝
 身も心も清浄になったところで、神前に向かいますが、ここでも正中を避けて歩きます。神前に近いところで、中央に立ちます。
 神社には、賽銭箱があります。また、鈴を掛けています。普通、賽銭を投げ入れて鈴を鳴らしてから、拝礼します。
 神社に参拝する時の拝礼の作法は、「二拝二拍手一拝」あるいは「二礼二拍手一礼」といいます。二回礼をし、二回手を叩き、一回礼をするのです。
@まず、軽く礼をします。(これは45度身体を折り頭を下げる深揖(しんゆう)というもので、これからお参りさせていただきますという気持ちを表します)
A直立の姿勢から深々と90度に身体を折り、頭を下げます。これを二回行います。これが、二拝です。
B次に拍手をパンパンと二回打ちます。このときの注意は、両手を胸の高さできちんと合わせ、右手を少し引いて拍手を打ち、再びきちんと合わせて願いを込めます。これが、二拍手です。
C最後に、両手を下ろしてもう一回深々と90度に頭を下げます。これが一拝です。
D軽く45度の礼をして終わります。

@軽く45度の礼をします。 A深々と90度に身体を折り、二回頭を下げます。

B次に拍手をパンパンと二回打ちます。

Cもう一回深々と90度に頭を下げます。 D軽く45度の礼をして終わります。

このページの先頭に戻る