肝付町で在宅医療に力を注いでいます

在宅医療

春陽会中央病院は在宅医療にも力を注いでいます。

肝付町は鹿児島県内でも高齢化率が高く、65歳以上の一人暮らしや夫婦のみ(老々看護)で暮らしているなど、急速に高齢化が進み、過疎化などで人口の過半数が高齢者という限界集落も増加しています。

このような現状から 「車やバスなどがなく病院へ通院できない」方や、「病気になっても住み慣れた自分の家で療養して、最期までここで暮らしたい」と希望される方が増えています。

在宅医療は、そのような患者さんとご家族を支援するため、住み慣れた場所で自分らしく療養生活を送ることができるようお手伝いする仕組みです。

当院では、ご自宅での療養を支えるため、医師をはじめ、訪問看護師、薬剤師、リハビリなどのスタッフが、診察や検査、お薬の処方、予防指導、在宅での看取りなどを支援します。急変時には24時間365日対応できる体制を整えていますのでご安心ください。

在宅医療について詳しく知りたい方は、当院の担当看護師にお尋ねいただくか、関連施設「高山訪問看護ステーションたんぽぽ」のページをご覧ください。

高山訪問看護ステーションたんぽぽ

送迎バス(肝付・串良・東串良・吾平)

こまった時はお気軽にお尋ねください
はやく元気になりましょうね!!
問い合わせる
予約を入れる
春陽会中央病院に問い合わせる