Global Thought and Local Action for Nonviolent Social Change
Today, Scott Nearing is the  most important Figure internationally!

20世紀 時代の証言者

Scott Nearing

********「遺されたもの」********

スコット・ニアリング
( 1883-1983 )

 スコット・ニアリングは、社会主義的経済学者、思想家、文明批判家として世界的に著名である。とりわけ第一次大戦時には反戦・平和の大論陣をはり、後述するように、戦争反対の大衆運動を組織し、さまざまな迫害と苦難に遭遇しながらも、それと闘い抜き、リベラリスト、社会主義者としての晩節を全うした。また、第二次大戦以来、《大地へ帰れ運動》(‘Back to the Land’Movement )を提唱し、環境保全運動のバイオニアとしても有名である。

Scott Nearing のGoogle
The Good Life Center
Encyclopedia Scott Nearing
nationmaster.com/encyclopedia/Scott-Nearing

 

 

Black America 1929 by Scott Nearing

 

....................................

Nearing was notably critical of the U.S Government. On August 6, 1945, the day President Harry S. Truman ordered the dropping of the first atomic bomb on Hiroshima, Japan, Nearing wrote a damning letter to the president, stating "your government is no longer mine."

http://en.wikipedia.org/wiki/Scott_Nearing 

http://www.jeanhay.com/OTHER/SCOTT.HTM 

THE GREAT MADNESS A Victory for the American Plutocracy
by Scott Nearing — 1917

 

History of Vegetarianism
- Scott Nearing (1883-1983)-

 

Scott Nearing

Scott Nearing Summary

西洋人名辞典 WHO'SWHO

At The End Of A Good Life
Scott Nearing's dignified death, like his life,
sets an inspiring example for all of us by Helen Nearing

Guy Nearing Is Dead at 96; Author and Horticulturist - New York Times
Mr. Nearing was the brother of Scott Nearing, the author known for his pacifism and his advocacy of simple rural life. Scott Nearing died in 1983

 

 

 

 スコット・ニアリングは、一八八三年八月、ペンシルヴァニア州のモリス・ランに生まれた。祖父以来、東部の名門の家柄の出であった。ペンシルヴァニア大学とテンプル大学に学んだ後、一九○五年以降母校ペンシルヴァニア大学で経済学を講じていたが、第一次世界大戦前夜の一九一五年、彼の抱いていた急進的な思想のために同大学を追われた(しかし、一九七三年同大学の経済学名誉博士号を授与されている)。その後ただちに本格的な実践活動に参加すべく、当時のアメリカ社会党に入党し、「平和と民主主義のための人民会議」の議長として、アメリカの第一次大戦への参戦に反対して活躍したが、一九一八年に、アメリカ社会党の創立者ユージーン・デブスや、後にアメリカ共産党の創立に参加したチャールズ・E・ルーセンバークやアルフレッド・ワーゲンクネヒトなどの同志とともに投獄された。出獄後アメリカ共産党に入党し、ニューヨークにあるランド・スクールのスタッフの一員として、第一次大戦から大恐慌の前後にいたるまで、鋭い筆鋒と集会での演説において、戦争反対・帝国主義(彼は「寡頭制」〔Oligarchy〕という独特の用語を使っている)反対の華々しい論陣をはった。とくに一九二一年と三○年の両度にわたって、社会主義の未来についてエドウィン・セリグマン、アメリカの参戦の当否についてモリス・ヒルクィットを相手に行なった、立会演説会の際の論争は、のちのちまでも、「ニアリング セリグマン論争」、「ニアリング ヒルクィット論争」として喧伝され、スコット・ニアリングの名前は、急進思想家としてアメリカ市民の胸にしっかりと刻みつけられ、彼が毎週一回、ランド・スクールで行なう時事問題にかんする離演は毎回満員の聴衆をあつめたといわれる。

 本訳書の冒頭にヘレン夫人が述べているように、彼は一九八三年八月二十四日、百歳の高齢をもって物故したが、生前百冊近くの書物や冊子を刊行している。実践活動の多忙な間を縫っての著述であった。

 一九一三年まで、ニアリングを含む同志たちは、児童労働や賃金・所得、生活水準についての講演や著述に専念していたが、一九一四年から一八年までの大戦中には、こうした経済問題から転じて、戦争の原因の分析にたち向かい、恒久平和への途を示そうとした。爾後彼は、一九一七年以来西ヨーロッパ世界を震憾させた革命的動乱の意床を正当に評価しようと試み、一九三○年代には多くの論文を著した。だが、積年、こうして率直な意見を述べ続けたために、彼は大学の職場を追われ、読者や聴衆も喪ってしまったのである。

 しかしこの間彼は、アプトン・シンクレア、セオドア・ドライサー、ユージン・オニール、フロイド・デルや進歩的な月刊誌『ニュー・マッセズ』の主筆をつとめていたマイケル・ゴールド、さらには、アグネス・スメドレー、ジョン・リードなどの文学者、評論家、ジャーナリストたちとも強い友情を交わしていた事実も忘れてはならない。一昨年封切られたアメリカ映画『レッズ』(Reds)も、この間の消息を垣間見せている。

 一九二九年にいたり、帝国主義理論にかんする意見の相違によってアメリカ共産党を雑れ、やがて文筆を捨てニューヨークを去り、ヴァーモント州に移り、そこでヘレン夫人とともに砂糖カエデ園の経営をはじめた。

 こうしたヴァーモント州の生活を十数年間続けた後、このカエデ園を売って、終の棲家として、現在のメイン州・ハーバーサイドの農園に移った。そして、これを「森林農場」(Forest farm)と名づけ、半ば自給自足の田園生活を始めるとともに、ここで「社会科学協会」(Social Science Institute)を設立して《社会科学ハンドブック》(Social Science handbook)シリーズをはじめとする著述と出版の仕事にのり出した。このハーバーサイドでの仕事は、『帝国の悲劇』(The Tragedy of Empire,1945)『民主主義では充分ならず』(Democracy Is Not Enough,1945)『戦争か平和か?』(War or Peace?)『現代の革命』(The Revolution of Our Times,1951)『自由−その希望と脅威』(Freedom:Promise and Menace,1961)などの諸作に結実した。

 老齢になってからも、彼は、こうした著作中で、戦争と革命、民主主義と帝国主義といった、現代人の関心の焦点となっている問題を論じながら、資本主義文明の辿るべき命運と、あるべき社会主義の将来について、彼独自の歴史観にもとづき、独特な言い廻しを自由に駆使し、円熟した筆致をもって諄々と説ききたっている。なお、彼の最近の著述には、へレン夫人と共著の『砂糖カエデ読本』(The Maple Sugar Book,1950)、『よき生活を送ること』(Living the good Life,1954)と、その姉妹篇たる『よき生活を続けること』(Continuing the Good life,1979)という、ニアリング夫妻の菜食主義者としての信念を披瀝した啓蒙書をはじめ、ソビエト、新中国見聞記である『勇敢なる新世界』(The Brave New World,1958――夫人との共著)、『急進主義者の良心』(The Conscience of A Radical,1965)、そして『或る急進主義者の歩み――政治的自伝』(The Making of A Radical−Political Autobiography,1972)などがある。

 また彼は、故レオ・ヒューバーマンとポール・スウィージーが創刊した『独立社会主義雑誌』(An Independent Socialist Magazine)を標榜した『マンスリー・レビュー』(Monthly Review)誌上の「世界の出来事」“World Events”欄を担当し、ほぼ二○年間にわたり毎号健筆をふるっていたし、一九五七年と七一年の二回にわたり、夫妻ともども来日し、わが国の反帝・反植民地聞争の実態をつぶさに見聞して再び多数の知己を得たことも、記憶に新しいところである。...

『ブラック・アメリカ』高橋徹訳(Black America,1969 by Scott Nearing)の「あとがき」から。(下訳 田原正三)

 

■「すべての人は平等に生まれたり」  ■近著目録   ■年譜  

*出版予定

『或る急進主義者の歩み―政治的自伝』(高橋徹/田原正三 共訳)

The Making of A Radical--Political Autobiography,1972 by Scott Nearing)

『或る急進主義者の良心』(田原正三 訳)

The Conscience of A Radical,1965 by Scott Nearing / Social Science Institute Harborside,Maine

 DEDICATION

This book is written especially for those born since 1945 and who,according to life expectancy tables should be alive in 2020 of the present calendar - For those who revel in the unity of thought and action - For those who are prepared to devote their abilities,energies,skilis,and,if,need be,their lives,to help establish a productive,creative,cooperative world community.

――――――――

既刊

今日のアメリカ雪山慶正訳/H.&S.ニアリング 岩波書店「時代の窓」1956年

USA TODAY by Helen & Scott Nearing (Social Science Institute 1955)

『ブラックアメリカ』

*******************************************************

Eight Books By Scott Nearing

Civilization and Beyond

SOCIALISM IN PRACTICE
The cultural revolution in
East Europe. Property relations,education,public health,social security and economic planning.

FREEDOM:PROMISE AND MENACE
A critique on the cult of freedom. Individual and group freedom. Conformity. Freedom and restraint in the 20th century.

MAN'S SEARCH FOR THE GOOD LIFE
The difficulties and danger which beset the present-day western world. Suggested alternatives for the individual and the community.

ECONOMICS FOR THE POWER AGE
Social planning, direction, ownership and management of the economy. An adequate stable supply of goods and services for all.

THE TRAGEDY OF EMPIRE
Patterns of empire. Contradictions and conflict in a competitive acquisitive society. Alternatives to empire.

UNITED WORLD
A program for worldism. Forces making for world thinking,for world organization and an effective world federation.

DEMOCRACY IS NOT ENOUGH
Where has democracy succeeded; where failed and why? Freedoms and responsibilities. An economic basis for democracy.

Social Science Institute Harborside,Maine

 

----------------------------------------

Book Review

THE GOOD LIFE Helen and Scott Nearing's Sixty Years of Self-Sufficient Living

Schocken Books,New York

"Helen and Nearing are the great-grandparents of the back-to-the-land movement,having abandoned the city in 1932 for a rural life based on self-reliance,good health and a minimum of cash….Fascinating,timely,and wholly useful,a mix of the Nearing's challenging philosophy and expert counsel on practical skills."
--
Washington Post Book World

"A prophetic account of the creation of a self-sufficient little Walden…that has been an underground bible for the city-weary."
--Newsweek

"The Nearings are plain daylight,solid prose,sound information."
--Noel
Perrin,New York Times Book Review

"As close to a walden for our times as we're likely to see."
--Yankee

-------------------------------- 

スコット・ニアリング年譜 

 

 

 

 

 

 

------------------------------------
Copyright 2000-2009 : All rights reserved.
Shouzou Tahara (Japan)
Louis Adamic In Japan 
Guide of Noted Slovene-American Immigrant Author Louis Adamic 
Blog–Immigrant Download Ebook for World Diversity!