奄美を描いた異邦人 

 

 一村の手紙    絵かき 田中一村

 

 

狂った狼 死神先生

これは近頃の私のアダ名です

 

「いま私の全神経は、絵に向いています。さわられても、叩かれたように驚きます。実に楽しく絵をかいています。絵が楽しくなると正反対に、私の言動は狂人に近くなります。オランダのゴッホも、フランスのセザンヌも、執筆中の夏目漱石も、画室に於ける横山大観先生も、狂人同様であったことを想起して下さい。
 いま私が、この南の島に来ているのは、歓呼の声に送られてきているのでもなければ、人生修行や絵の勉強にきているのでもありません。私の絵かきとしての、生涯の最後を飾る絵をかくためにきていることが、はっきりしました。
.......

 皆様は、私が一人ならば、何とか絵を売って、この南の島で生活して行くだろうと、簡単に考えていらっしゃる様ですが、未知の風景、植物、動物を調査し、写生し、絵に構成し、それを名画の水準まで高めた上にさらに自分で売る程の精力の余裕が、私にあると思し召されて居るのでしょうか。私には猿回しや旅芸人のような生活力はありません。
 きょうは、山からヨモギを取ってきて、スイトンに入れ、黒砂糖をかけて食べました。千葉寺で米を買う金がなく、スイトンのゆで汁から丼(どんぶり)を洗った水まで、姉と一緒に飲んで勉強したことを思い出し、泣きました。」(昭和三十四年三月、中島義貞氏あての手紙)

 

「先生の御書信、拝見致しました。私の手紙と先生のとすれ違いとなったらしいですね。前便にて申し述べ足らぬところを申し上げ、私の今の立場と気持ちを御諒察願いたいと存じます。
 紬工場で、五年働きました。紬絹染色工は極めて低賃金です。工場一の働き者といわれる程働いて、六十万円貯金しました。そして、去年、今年、来年と三年間に70パーセントを注ぎこんで、私の絵かきの一生の最後の絵を描きつつある次第です。何の念い残すところもないまでに描くつもりです。
 画壇のすう勢も、見て下さる人々の鑑識の程度なども一切顧慮せず、只自分の良心の納得行くまで描いて居ます。一枚に二カ月位かかり、三カ年で二十枚はとても出来ません。
 私の絵の最終決定版の絵が、ヒューマニティであろうが、悪魔的であろうが、画の正道であるとも邪道であるとも、何と批評されても私は満足なのです。それは見せる為に描いたのではなく、私の良心を納得させる為にやったのですから...。千葉時代を思い出します。常に飢えに駆り立てられて、心にもない絵をパンの為に描き、稀に良心的に描いたものは却って非難された。
 私の今度の絵を最も見せたい第一の人は、私のためにその生涯を私に捧げてくれた私の姉、それから五十五年の絵の友であった川村様。それも又詮方なし。個展は岡田先生と尊下と柳沢様と外数人の千葉の友に見て頂ければ十分なのでございます。私の千葉に分かれの挨拶なのでございますから...。そして、その絵は全部、又奄美に持ち帰るつもりであるのです。私は、この南の島で職工として朽ちることで満足なのです。
 私は紬絹染色工として生活します。もし七十の齢を保って健康であったら、その時は又絵をかきましょうと思います。
 当奄美の私の生活は、耕作して野菜は自給しておりますので、一、二月の農閑期以外は家を離れることができません。一軒家の一人暮らしですから、上葉の時は、所帯は全部荷造りして家主に預けて出かけるのですから引越しも同様で、簡単には出かけられないのです。昭和四十五年と四十六年と又工場で働いて三十万円程個展の費用の準備して上葉する計画なのです。
 個展は、昭和四十七年二月の予定。作品は運搬に便利な様に、全部捲ける状態にしてありますから、わざわざ千葉まで御出で下さらずとも、私が全作品を捧げて、たとえ大雪の日であろうとも、岐阜の尊宅へお伺いして御覧に入れますから、どうかのんびりと養生されて御待ち下さい。」(スケッチブックに残された手紙の下書きより)

 

「東京で地位を獲得している画家は、皆資産家の師弟か、優れた外交手段の所有者です。絵の実力だけでは、決して世間の地位は得られません。学閥と金と外交手腕です。私にはその何れもありません、絵の実力だけです。」(三十四年三月、中島義貞氏あての手紙)

 

「御手紙有難うございました。拝見致しました。私の健康状態は、先生の想像なさるような元気な姿ではありません。折角の御申越ながら私は出かけることは出来ません。御送りくだされた弐万円は、同封して御返し申し上げます。御査収め下さい。
 三年前から私の健康状態は下り坂でありましたが、五月に船旅をするなど以ての外と医師から固く止められました。以上が私の健康白書です。
 児玉先生、近頃の乗物料金の値上がりには驚きますね。岐阜まで船と汽車でも、タクシーと飛行機と電車でも往復六万円は必要です。船のタラップで、駅の階段で、どうして倒れないと保証出来ましょうか。力があって泳ぎの出来る護衛を一人雇って御伺いすれば約二十万円消える覚悟をしなければならぬ、バカバカしいことではありませんか。
 一枚のハガキに数行の文字で七〇パーセントのお世辞も入って居る、かりそめの約束を数年後になってからでも、なお万難を排しても履行するを要求される義理人情の掟は本当に迷惑なことですね。
 岡田先生、柳沢先生、川村も見舞いに来られた。お前も五月にはどうしても出て来いとの仰せではございますが、私はいやです。岡田先生、柳沢先生のような立派な御歴々の仲間に入れて頂かなくてもよろしいです。私は気の狂った一匹狼で満足です。
 先生、私は絵と対座して居る時は、勇気はコンコンと泉の様に沸き、生気が体内に漲るのを覚えます。絵を離れるや、深い溜息と身ぶるいと、何者かに胸部を抱きすくめられた様な胸苦しさに、甚しい不整脈となり不安妄想のとりことなります。
 先生、私はフッと死神が傍らに待機して居る様な気がしてなりません。先生より私の方が先に死ぬかもしれない。いや、私の方がたしかに先に死ぬ。そしたら三途の川のほとりで先生をお待ちします。先生がなかなか来られなかったら、私の方からお迎えに出ます。
 その時は、もう脚力のないことも、船賃の高いことも考えることないですね。次元の違う世界の割目からスーッと先生のお部屋に現れる。先生はスヤスヤと安らかに眠っておられる。死神と化した私は、氷のような手で先生の腕をむづと掴む。先生は恐怖で声も出ない。先生はやがて私と気づかれる。その時に、よく来たな、逢いたかったと仰せられますか。歓迎して下さるでしょうね。拒否なされないでしょうね。
 医師の評言では、私は長い間の過労と欲求不満が積み重なって、その為精神神経共に変調を来して居る故、静かに静かに十分の休養を取ることが必要である。絵をかくことは大変によろしいとのことです。私は医師の言葉に従います。昭和五十年になっても、私の健康が十年前の状態に回復しなかったら、千葉へも行きません。生きている間に先生にお目にかかることはとても出きないでしょうな−。児玉先生おからだを御大切に さよなら。

 

         田中 孝

      狂った狼 死神先生

      これは近頃の私のアダ名です

                      (昭和四十八年二月五日)

 

――――――――――――――――――――――――――――― 
 

 

           一 村 

 

        砂白く 潮は青く 百合香る

        砂白く 潮は青く 千鳥鳴く

        白砂の丘 千鳥たわむれ あざみ咲く

        残月に パパイヤ黒し 筬の音

        鬼へごは 老椎よりも 丈高し

        小春日を 小夏と聞けり 奄美島

        梅花なし 桃花またなし 島の春

        鶯も ソテツを侶とす奄美島

        黄に赤に もみじ葉ちりつ 桜咲く

        若葉見えず 不如帰聞かず 鰹食う

 

        銀河見ゆ フクロウ聞こゆ ねむの花

        宝島 白あじさいの 乱れ咲く

        千鳥なく サギは降り立つ 牛の背に

        花は緑 萌ゆる緋の葉よ 名はクロトン

 

        風強し 波は届くか 残月に

        熱砂の浜 アダンの写生 吾一人

        雛鳩を懐き

        眠らず みみずくを聴く

 

        病鳩を懐き

        眠らず みみずくを聴く

 

  

 

  引用 『アダンの画帳 田中一村伝』 南日本新聞社編 道の島社

  参考図書 『田中一村の彼方へ』 加藤邦彦著 三一書房

  代表作 「エンマ大王へのみやげ」「アダンの木」「クワズイモとソテツ」

  湯原かの子『絵のなかの魂 評伝・田中一村』                   

        

―――――――――――――――――――――――――――――

 

 

田中一村略年プロフィール

1908年 明治41年

7月22日、栃木県下都賀郡栃木町に田中弥吉、セイの六人兄弟の長男として生まれる。本名孝。父は稲村の号を持つ仏像彫刻家。

1911年 大正一年 

4歳。東京麹町に移住し、その後二十九年間東京で育つ。
七歳のとき、児童画展で文部大臣賞をもらう。父は喜んで「米邨」の号を与えた。

1921年 大正10年 

13歳。芝中学に授業料免除の特待生として入学。学業のかたわら南画の研究に熱中した。根をつめすぎて結核を患い、房州小湊に転地療養。

1926年 大正15年 

18歳。東京美術学校日本画家に入学。同期生に東山魁夷、橋本明治、加藤栄三、山田伸吾らがいた。結核が再発し、また父の病気も重なりわずか三ヶ月で中退。

1928年 昭和3年

母セイ(43歳)逝去。弟実(15歳)逝去。

1931年 昭和6年

23歳。自分の進むべき画道をはっきりと示す作品に一人の賛成者もなく、支持者と絶縁する。生活費を稼ぐために帯留や根付、木魚など細工物を作る。

1935年 昭和10年

父弥吉52歳逝去。弟明20歳)逝去。

1938年 昭和13年

30歳。東京を離れ、千葉市千葉寺に、姉喜美子、妹房子、祖母スエの4人で移住。農業で自給を図りながら絵に専念する。
この頃、親類の川村幾三氏の座禅会で、柳澤利喜雄氏や岡田藤助氏など。何人か終生の友を得る。

1947年 昭和21年

39歳。号を「米邨」から「柳一村」と改め、川端龍子の主催する第19回青龍展に「白い花」が公募展初入選。しかし翌年の20回展では、自信作の「曙光」より、参考作が入選という評価に、川端龍子と意見衝突し決別となる。

1955年 昭和30年

四国、九州を旅行。種子島、トカラまで足を伸ばし、南海の自然に魅了される。

1958年 昭和33年

50歳。12月13日、初めて奄美の地に第一歩をしるす。屋仁川の梅の屋に宿を借り、各地を回る。写生帖は数冊にものぼった。和光園では、患者の肉親の肖像画を写真をもとに誠意を込めて描き大変喜ばれた。

1961年 昭和36年

千葉の友人、岡田藤助氏に依頼されて襖絵を政策、準備しながら奄美でのスケッチをもとに描いてる絵を見た岡田夫人はその絵の変化に驚いた。
岡田夫妻の紹介で見合いし、一時は結婚を決意するが、生涯を一村の絵にささげてきた姉喜美子の気持ちを思い自ら破棄し、再び奄美へ戻る。

1962年 昭和37年

54歳。名瀬市有屋に借家し、生活費をかせぐために大熊の紬工場に摺り込み染色工として働き始める。

1965年 昭和40年

姉喜美子60歳逝去。遺骨を抱いて奄美に帰る。
毎朝、本茶峠の往復12キロの歩行訓練が日課となる。

1967年 昭和42年

59歳。5年間働いた紬工場をやめ、絵を描く生活に入る。

1970年 昭和45年

62歳。再び紬工場で働き、2年後にはやめてまた絵に専念する。本茶峠で歩行中、めまいに襲われ3メートル下に転落。その後失神をくり返す。奄美焼窯元、宮崎鉄太郎と知り合う。

1976年 昭和51年

68歳。夏、畑仕事中脳血栓で倒れ入院。妹房子連絡を受けて奄美へ来る。千葉の肉親に、奄美での作品を託す。

1977年 昭和52年

体調がやや回復。宮崎氏からホテルのロビーで個展を提案。一村喜んで受け入れ、作品を集めるため千葉に行き、肉親や友人に奄美での作品を披露しまた持ち帰る。
9月1日。区画整理のため、16年間住んだ家を立ち退き、近くに一軒家を借りる。
9月11日。夕食のための野菜を刻んでいた最中心不全で倒れ午後七時ごろ、69歳の生涯を終える。

1979年 昭和54年

名瀬市中央公民館で「田中一村画伯遺作展」11月30日〜12月2日)が開かれ、市民に大きな感動と驚きを与える。

1984年 昭和59年

NHKテレビ「日曜美術館」で「黒潮の画譜−異端の画家田中一村」全国放映。
「南日本新聞」に中野惇夫記者が「アダンの画帖」連載。

1986年 昭和63年

笠利町立歴史民族資料館にて「田中一村展」7月1012月16日開催。これを機に、毎年メイジツのよ月11日に一村忌が有屋の終焉の地にて行われる。

1993年 平成5年

中学校と高校の教科書に「エビ素描」と「クワズイモ」が採用される。
9月、田中一村終焉の家屋が、有屋橋のたもとの私有地に移転保存。
11月20日〜11月28日、奄美博物館にて「奄美に残る田中一村遺作展」を開催。

引用「奄美に残る田中一村遺作覧」平成5年11月20日−11月28日

奄美博物館(名瀬市)

 2005年 田原正三記す

戻る

 

 

------------------------------------
Copyright 2000-2009 : All rights reserved.
Shouzou Tahara (Japan)
Louis Adamic In Japan 
Guide of Noted Slovene-American Immigrant Author Louis Adamic 
Blog–Immigrant Download Ebook for World Diversity!