『奄美和歌集-万葉歌を超えて』 文 英吉著 一部紹介しています
奄美島歌の本領はその詩的方面よりもむしろ音楽的方面に多く存する。従ってその旋律メロディーを活字によって紹介できないのが残念である。

島唄の価値 唄者と島唄 世紀の焔 絵かき 共に学ぶ 南風 雲は天才

歌1 歌2 歌3 歌4 歌5 歌6 歌7 

 

 

『奄美和歌集』

-万葉歌を超えて-

 

 

  れんげ花心肝持たなわらべ

    よくあかぬつかばあらて捨てよ

れんげの花のような心を持ちたいものだよ子供たち、慾や垢がついたらそれを洗いすてて、いつも精神を清く美しく持ちなさいよ。父親は息子や娘に諭す。

 

  口し云うことや汝ぬどまさるとも

    胸に思うことや吾ぬどきしゅる

口先はあなたの方が巧いけれども、心の真実は私の方が深い。母親は父親の方をちらっと見てつぶやく。

----------------------------------------------------------------
RENGEHANA GOKORO KIMO MOTANA WARABE YOKU AKANU TUKABA ARATE SUTEYO

KUCHISHI YIUKOTO YA NANUDO MASARUTOMO MUNENI OMOUKOTO YA WANUDOKISHURU

 

新しき狂歌の時は来たりぬ 戻る
------------------------------------
Copyright 2000-2009 : All rights reserved.
Shouzou Tahara (Japan)
Louis Adamic In Japan 
Guide of Noted Slovene-American Immigrant Author Louis Adamic 
Blog–Immigrant Download Ebook for World Diversity!