『奄美和歌集-万葉歌を超えて』 文 英吉著 一部紹介しています
奄美島歌の本領はその詩的方面よりもむしろ音楽的方面に多く存する。従ってその旋律メロディーを活字によって紹介できないのが残念である。

島唄の価値 唄者と島唄 世紀の焔 絵かき 共に学ぶ 南風 雲は天才 奄美を撮るFoto Artist Ryo

万葉歌を超えて歌1 歌2 歌3 歌4 歌5 歌6 歌7

 

 

『奄美和歌集』

-万葉歌を超えて-

 

  

 千鳥浜千鳥鳴くな浜千鳥

   鳴けば面影ぬまさて立ちゆり

浜千鳥鳴いてくれるな浜千鳥、お前が悲しい声で鳴くと、一層彼の人恋しさの思いが立ちまさるぞの意。柿本人麻呂の「淡路の海夕浪千鳥汝が鳴けば心もしぬに古えおもほゆ」を彷彿せしめる歌である。さなきだにうら寂しき孤島の夕暮れの浜に鳴く千鳥の声に、一層哀愁をそそられ、古き恋人への追憶を切にする心懐が訴えられている。名曲「浜千鳥踊り歌」から。

CHIJURYAHAMA CHIJURYA NAKUNA HAMACHIJURYA

NAKEBA OMOKAGENU MASATI TACHURI

---------------------------------------------------------------------

 

新しき狂歌の時は来たりぬ に戻る
------------------------------------
Copyright 2000-2009 : All rights reserved.
Shouzou Tahara (Japan)

Louis Adamic In Japan 
Guide of Noted Slovene-American Immigrant Author Louis Adamic 
Blog–Immigrant Download Ebook for World Diversity!