『奄美和歌集-万葉歌を超えて』 文 英吉著 一部紹介しています
☆奄美島歌の本領はその詩的方面よりもむしろ音楽的方面に多く存する。従ってその旋律メロディーを活字によって紹介できないのが残念である。 

島唄の価値 唄者と島唄 世紀の焔 絵かき 共に学ぶ 南風 雲は天才 奄美を撮るFoto Artist Ryo
万葉歌を超えて歌1 歌2 歌3 歌4 歌5 歌6 歌7

 

 

『奄美和歌集』

-万葉歌を超えて-

 

 

  島ぬうたい美らさや青鳩めどり

  よそぬ歌美らさや汝きゃやあらめ

 

鳥の中で最も歌い声の美しいのは青鳩(尺八鳩)の雌鳩である。この界隈で一番歌の美しいのは貴方である。幽玄この世のものとも思われぬ青鳩の歌い声の中に奄美民族性の真髄を悟りとった、とは文学士金久 正氏の語るところである。

しまぬうたいぎょらさや おばとめどり  よそぬうたぎょらさや なきゃやあらめ

SIMANU UTAI GYORASA YA OBATO MEDORI

YOSONU UTA KYORASA YA NAKYA YA ARAME

------------------------------------------------------------------

 

 

  山ぬ山かしぎ木しじ杜撰で 

   大工ぬ金尺ぬ作り美らさ

 

山の山ごとに質のいい柱材選り抜いで、巧みな大工職人の設計によって造った新築の美しさよ。でく(大工)のさしがね(金尺)一つで建築全体を表わしたところ、無名の奄美詩人の表現手法の巧みさである。昔、台風銀座の奄美諸島では大風に強い家を造るために釘一本使わなかった。舟大工も同様。

やまぬやまがしぎしじばりゃいらで でくぬさしがねぬちくりぎょらさ

YAMANU YAMAGASHIGI KISHIJIBA RYA ERADE 

DEEKUNU SASHIGANENU CHIKURI GYORASA

------------------------------------------------------------------

 

新しき狂歌の時は来たりぬ に戻る
------------------------------------
Copyright 2000-2009 : All rights reserved.
Shouzou Tahara (Japan)

Louis Adamic In Japan 
Guide of Noted Slovene-American Immigrant Author Louis Adamic 
Blog–Immigrant Download Ebook for World Diversity!