ホーム > 矯正治療について


矯正装置・治療期間・治療費など、矯正治療のあらましをご説明いたします。
 
X線写真、歯の型、歯や顔の写真などの診断に必要な資料を取ります。
当院では最新のデジタルX線画像処理システム(デジタルレントゲン)を採用し、患者さんへのX線照射線量(被ばく線量)をこれまでの1/6まで軽減しています。
 
現状と具体的な治療方法についてご説明致します。
 
毎回、歯垢の染め出しを行い、スコアーを記録します。
清掃状態が良くなった後、口腔内を管理しながら、矯正装置を装着し治療を行っていきます。
 
きれいになった咬み合わせを維持するための定期的な予後観察を行います。
※当院では治療結果について3年間の保証期間を設けています

矯正装置には多くの種類がありますが、一般的によく目にするのは次に示すマルチブラケット装置といわれるものです。

セラミックブラケット
装置が透明で目立たない特徴があります。
メタルブラケット
一般的に使用されるものです。
ワイヤーを固定するゴムの色を換えて矯正治療を楽しむこともできます。

よく見られる不正は4種ほどあります。その症例と矯正後の例を、当院の患者さんの例でご紹介いたします。
上顎前突(出っ歯)
−ジョウガクゼントツ−
上の前歯が出ている、いわゆる出っ歯の状態です。
上唇の突出感や口が閉じにくくなる場合があります。
指しゃぶりや舌を出す癖が原因になっている場合もあります。
反対咬合(受け口)
−ハンタイコウゴウ−
前歯の咬み合わせが逆になっている状態です。下唇や下顎の突出感があります。年齢とともに悪化する可能性が高いので、早期の治療が効果的ですが、悪化した場合は手術により改善できます(保険適用)
叢生(乱ぐい歯)
−ソウセイ−
歯が顎に並びきれない状態で、八重歯などの症状が見られます。顎の大きさとバランスをとるために、数本の歯を抜いて治療する場合もあります。
開咬
−カイコウ−
上下の歯を咬み合わせた状態でも部分的に隙間がある状態です。指しゃぶりや舌の悪習癖などが影響していることが多いので、根気強く治すことが必要です。
下顎前突
上あごに対して下あごが出ている状態です。
重篤な場合、治療は手術併用となります。
その他
数本の歯が部分的にずれている状態です。症状は前歯だけですが、奥歯に原因がある場合もありますので、局所的な治療で完了するとは限りません。
料金について

当院では治療費をトータルで算出し、ご都合に合わせて長期分割(無金利)でお支払いいただけます。
メリット
  • 治療開始時点で総額が示されるため支払計画が立てやすい
  • 治療が長引いたり来院回数が増えても、治療費が一定である(追加料金がない)

料金表(税別)

初診相談料 ¥3,000-(税別)
検査・診断料 ¥30,000-(税別)

治療費
I期治療(小児の早期治療) ¥250,000~(税別)
II期治療(成人の矯正治療) ¥810,000(税別)

※治療費には、装置料に加え来院ごとの調節料や治療後3年間の保定管理料が全て含まれます。但し、抜歯や齲蝕処置などの処置料は含まれません。
※I期治療後にII期治療へ移行する場合は、II期治療の治療費からI期治療の治療費が差し引かれます。
※I期治療で治療が終了する場合もあります。
※ご家族が矯正治療をお受けになる場合、家族割があります。
※症状によっては、部分矯正で治療を行う場合があります。その場合の治療費は、治療の必要な範囲や装置の種類によって異なります。ご相談ください。


〒890-0065 鹿児島県鹿児島市郡元2-17-6(谷山旧街道沿い) TEL:099-250-6300