第14話 伸びる性格・伸びない性格
  〜 勉強に向いている性格とは 〜



実は上の見出しは間違っている。
勉強して「伸びる性格」や「伸びない性格」というものはない。
「性格」とは「生まれつき」のものである。

「生まれつき勉強して伸びる性格」とか「伸びない性格」といったものはない。



しかし,あなたが生まれてから今まで,
10年以上の人生経験を積み重ねるうちに身体にしみ込んでしまった
「人格」
というものがある。

こちらは「勉強」にとって大きな影響力を持っている。
この「人格」は,あなたが生まれてから今までに,
親や兄弟,親戚,近所の人々,幼稚園,小学校,中学校の先生や友達,
その他大勢の人々と,どのように生活してきたかによってつくられる。

あなたが,関係した人間だけでなく,
あなたの周りの生活環境や全ての物も大きく影響しているのだ。

そして,中学から高校にかけて,「人格」は,ほぼ完成されてしまうのである。



もしも,今,自分の「人格」の中にイヤなものがあれば,
それを変えるのは,今が最大のチャンスであることを知っておいてもらいたい。

もちろん大人になって変えることもできるが,
それにはものすごい覚悟と努力が必要になると考えた方がよい。

これから先に,「まくべん」があちこちで集めてきた
「勉強しても伸びない人の人格」
を紹介する。

自分にいくつ当てはまるのか,チェックしながら読み進めてほしい。
ただし,いったんチェックを始めたら,必ず最後までやりぬくこと。
いくら気分が落ち込んできても,途中でやめてはいけない。
「自分は勉強に向いてないのか」とドン底気分になって,
二度と勉強などしたくなくなる危険性がある。
始めたら必ず最後まで読むのだ。


自信のない人は,ここで立ち去るべきである。















伸びない人の人格


□ 「明日からする」と,今日やるべき勉強を先にのばし,結局やらない。
□ 勉強を始めても時間ばかり気になる。
□ 勉強を始めると,いつのまにか指や爪・眉・髪をいじっている。
□ すぐに「休憩」と言いだす。
□ いつのまにか寝ている。
□ 部活動の厳しさ・忙しさ・つらさを言い訳に勉強しない。
□ 自分で考えてもわからない事に出会うと,あきらめてしまう。
□ 「やり直す」とか「質問する」とか,めんどうなことはしない。
□ 大切な情報を聞いてもメモをとらない。
□ 忘れ物が多い。
□ 遅刻する。
□ あいさつをしない。
□ 毎朝,家の人に起こされる。
□ 服装に乱れがある。
□ 家では勉強せず,適当に時間つぶしをして,「勉強した」と親をだます。
□ いつもサボることを考える。
□ 成績が下がっても,悪くても,いたって平然としている。
□ 最終的に「高校なんてどこでも いい」と言う。
□ テスト勉強のスタートが遅く, 結局間に合わない。
□ 学校の提出課題(宿題)をやるだけで精一杯。
□ 提出物を出さない(出せない)。
□ 同じ種類・傾向の問題をやっても,いつも新鮮な気分。
□ 自分には「短期集中型の勉強が向いている」と思っている。
□ 自分は「本番には強い」と思っている。
□ 勉強しているとじっとしていられず,すぐに席を離れる。
□ なんともならないのに,「なんとかなるさ」と自分をだます。
□ 自分を甘やかしている。
□ 音楽をかけたり,テレビをつけたりして勉強する。
□ 理想は高いが努力はしない。
□ アドバイスを受けても,実際にやってみようとしない。
□ 自分の成績を他人や他の事のせいにして,「自分は悪くない」と思っている。
□ 「勉強だけが人生ではない」と思っている。
□ 自分で決めた時刻に勉強を始められない。
□ 毎日テレビを2時間以上見ている。
□ 宿題と塾以外の勉強はしない。
□ 授業で習うことが「完全にわかっている」と思っている。
□ 授業後,なんの疑問も残らない。
□ 「やる気」が起こるのを待っている。
□ なにかと言い訳が多い。
□ 規則正しい生活をしていない。
□ 自分はやってもできないと思っている。
□ 食事をきちんととらない。
□ 7時間以上の睡眠をとっていない。
□ きれいにノート整理はするが,,内容を覚えていない。
□ 計画を立てただけで安心してしまう。
□ 自分はスーパー天才君だと思っている。
□ 自分より成績の悪い人を見ると安心する。
□ このチェックを,ただ読んでいるだけ。
□ このチェックでたくさん×が付いたのに,あまり気にならない。
□ このチェックは嘘だと感じる。


 いかがだろうか。
いくつチェックがついただろうか。
項目は全部で50。
かなり多くのチェックがついたと推測する。
しかし,安心してほしい。
性格と違って人格は努力によって「成長させられる」のである。

頑張れば確実に変えられるのだ。

今からでも十分に間に合う。

これから,チェックのついた項目を,一つ一つなくしていこうではないか。
そうすればで,自分の理想の人格に少しでも近づけるのだ。


ちなみに,大人の場合,「勉強」を「仕事」と読み替えてチェックすると良い。
結局,勉強と仕事は同じようなものであり,
勉強に合わない人格は,多分,仕事にも合わないのである。
「人格」恐るべしである。

ちなみに「まくべん」の×は20であった。(笑)…(汗)