奄美の果物店がお薦めする人気の時計草(トケイソウ)といえば、奄美パッションフルーツ
ご注文は TEL:0997-69-3986  | メインページ | はじめての方へ | やっちやば通信 |

お電話でのお問い合わせやご注文は平日10:00〜17:00まで。メール・FAXは24時間365日受付中


奄美パッションフルーツ

 

糖度18度を超す、自然が育てる天然のゼリー!

 奄美パッションフルーツは甘酸っぱい香りを持つトロピカルフルーツです。果肉は種子と果汁が一体となった半透明のゼリー状。果実は横割りにカットして、オレンジ色の果肉と果汁を飲み込むように食べます。とても珍しい果物ですよね(^○^)

奄美パッションフルーツは果肉と果汁がゼリー状になっています。

 糖度は平均して18度以上(ブリックス測定)。

 これだけ味の濃い果物、ご存知ですか?

 単純には比較できませんが、最高級なメロンやマンゴーでも糖度15度ほどですから、パッションフルーツが、どれだけ味の濃い果物かお分かりになるでしょう。

 夏の暑い時は冷蔵庫でひんやり冷やしたパッションフルーツを1個召し上がると、体の芯からリフレッシュできます。暑いときこそトロピカルフルーツの本領発揮!ですよね。

甘酸っぱいトロピカルな香りで、トロピカルデザートも。。。

 パッションフルーツの香りと甘酸っぱさを活かして、例えば写真のようにバニラアイスとまぜあわせると簡単にトロピカルデザートを楽しめます。リゾート地でしか味わえない本格的なデザートが、ご自宅ですぐに楽しめるのも嬉しいですよね。

バニラアイスとパッションフルーツのデザート

バニラアイスにパッションフルーツの果肉とを混ぜ合わせたトロピカルデザート。

樹上完熟ならではの、濃厚な甘さ

 畑では樹上完熟を迎えた真っ赤に熟したパッションフルーツが増えています。今夏も出荷基準は糖度18度以上。別格の美味しさを楽しめますよ。

 奄美パッションフルーツは夏場(主に7月)と冬場(12月)に収穫できます。ちなみに奄美大島の品種は、サマークィーンやルビースターが多く、俗に奄美系パッションフルーツと呼ばれています。沖縄は南十字星という品種が多いです。

樹上完熟を迎えた、収穫間際のパッションフルーツ

 収穫間近のパッションフルーツ畑(トケイソウ畑)。

ほんとうの豊かさを求めて、こだわり農家谷口正樹さん

 奄美大島は年間平均気温21度。年間降水量3000mm。亜熱帯性気候でも格段に雨が多い地域ですが、夏場は乾季が続きます。

 このような気候を活かして、数多くのトロピカルフルーツが栽培されており、奄美大島ではパションフルーツは果樹農家の登竜門的な位置づけで推奨されています。施設栽培ならパションフルーツかマンゴー。露地栽培なら「奄美たんかん」を手がける農家さんが多いです。

谷口正樹さん、正子さんご夫婦

 パッションフルーツ農家の谷口正樹さんは大阪から奄美大島に移住して、農業を始めました。 奥さんの正子さんとともに移住を決めたのは、都会での「仕事に追われる生活」ではたどり着けない何かを求めたからです。

 移住後、1年間の農業研修を受けてから営農を始め、この7年間、谷口さんは一貫してパッションフルーツを栽培しています。地域農業の担い手として認定農業者にもなりました。今では多くの農家さんから頼られる施設栽培の第一人者です。

 「過去を捨てる勇気」 。

 ときどき谷口さんが語る言葉です。旅行での滞在と移住は違うもの。一生、この地域で暮らしていく覚悟を持ってこそ、農業にも真剣に打ち込めます。農業経営は想像以上に難しいものです。特に奄美のような離島では島内商圏に限りがあるため、農業で生計を立てるのは容易ではありません。

 谷口さんは自然に触れ合う職業として農業を選びました。

 その仕事ぶりには目を見張るものがあります。品質に妥協しない姿勢は、いつも頭が下がる想いです。美味しさはもとより、自然に近い環境での栽培、熟度の管理など、私が知る限り、もっとも安心して、ご紹介できる農家のお一人です。

樹上完熟したパッションフルーツをご存知ですか?

 パッションフルーツは、花のオシベとメシベの形が十字架にかけられたキリストの姿を連想させる為、Passion Fruit(キリストの受難の意)と名付けられました。名前の由来は諸説がありますが、どれもキリストの受難にちなまれています。

奄美パッションフルーツの花(7月開花・収穫は12月ごろ)

 和名は果物時計草(クダモノトケイソウ):名前の由来は花が時計を連想させるからです。奄美では「時計草(とけいそう)」とも呼びます。年配の方には「トケイソウ」の呼び名のほうが一般的でしょう。

 谷口正樹さんが丹精込めて育てた、このパッションフルーツは奄美大島でも、もっとも良質なもののひとつです。とくに樹上完熟の技術は素晴らしい限り。果物への愛情と手間を厭わない農業への姿勢から糖度18度を超す味わいが生まれます。

 通常のパッションフルーツと比べると、糖度は1〜2度しか違いません。でも、この1〜2度の糖をあげるために、谷口さんの懸命な挑戦が続いています。

 生きている土、強固に大地に伸びる根。肉厚で反り返る葉。小さな生態系。そして、夫婦で見守る愛情。これらから、谷口さんならではの奄美パッションフルーツの美味しさが生まれます。

露地栽培へのこだわり

 全国にパッションフルーツ農家さんがいますが、露地栽培でパッションフルーツを育てている農家さんは多くはありません。露地栽培ですと、天候に左右されたり病気の被害が多くなる事から、ハウスでパッションフルーツを栽培される農家さんが多いのです。

 多くのデメリットがある中で、露地栽培にこだわる理由は、『美味しい』パッションフルーツができるからなのです。露地栽培とハウス栽培を比較してみますと、谷口さんが同じように栽培しても、自然の中で育つ、パッションフルーツの葉や茎や果皮は、力強くイキイキとしています。そして、糖度は、約2度露地栽培が高くなります。

 この露地栽培は、手間や苦労では無く、『美味しい』パッションフルーツを追い求め、挑戦を続けた結果の一つなんです。

露地栽培で力強くイキイキと育つパッションフルーツ
2012年6月27日 イキイキと育つパッションフルーツ

今期の谷口さんのパッションフルーツは、常温でお届けいたします。

 より良い状態でお客様にお届けしたい。と、谷口さんの要望がありましたので、谷口さんのパッションフルーツに限り常温でお送りいたします。

 他の農家さんと同じように、安心安全のためにクール便でお送りしていましたが谷口さんのパッションフルーツは、その日に収穫したパッションフルーツをお送りいたします。ですので、新鮮な奄美パッションフルーツをお送りする事が出来るのです。

 常温でお送りする事で、より良い状態で追熟することができます。是非、今期の谷口さんが作ったパッションフルーツをお楽しみください。

平成24年6月28日
元田 豊春

パッションフルーツの食べ頃

 到着後、できるだけ早くお召し上がり下さい。樹上完熟ならではの甘さを楽しんで頂けます。酸味が気になる時は冷蔵庫で数日寝かしてお楽しみください。

パッションフルーツの美味しい食べ方

 果実を横割りにカットし、果汁と種子が一体となったゼリー状の果肉を、スプーンですくってお召し上がり下さい。ゼリー状の果肉をバニラアイスやプレーンヨーグルトにかけると、すぐにトロピカルデザートを楽しめます。

● パッションフルーツでジュースを作る場合は、お好みの量の砂糖を加え、種ごと果肉をミキサーにかけ、ガーゼで濾すと濃いめのジュースができます。飲みやすい濃さまで水で薄めるのも良いですし、水の代わりに牛乳で薄めると、ひと味違ったおいしさですよ。

奄美パッションフルーツ/お客様の声


奄美パッションフルーツをお求めなら →  奄美グルメ通販@やっちゃば

 

お電話でのご注文・お問い合わせ
TEL:0997−69−3986

(平日午前10時〜午後5時まで電話受付。FAX及びネットは24時間365日受付)

もどる