駅   名 さつまおおくち にしひしかり
水俣からの距離 36k930m 4k820m 41k750m
標   高 183m20 -12m40 170m80


音声の再生はこちら

37k300m付近 右前方より
 薩摩大口駅を発車して,戸切踏切から10パーミルの下り勾配に入る。山野線・宮之城線双方の場内信号機が建植されている。忠元公園下のカーブの出口からの視認性を確保するためか,宮之城線用のほうが背が高い。
 矢羽根の下にはそれぞれの信号の意味を示す『宮0場(宮之城線0番線場内信号)』・『宮1場』,『山1場』・『山3場』の表示板がある。上の信号が本線扱い。宮之城線用の信号機隣には,制限速度15km/hの標識が立つ。
429D キハ52 133
昭和61年 5月18日

11:09


37k350m付近 右前方
 上の写真の列車側から。隣を並行するのが宮之城線。向こうに見える踏切が元町踏切。放射冷却現象で枕木や民家の屋根に霜がびっしりつく日の出の頃,隼人行き423Dが加速する。
423D車中より
昭和62年 1月18日

7:34

37k350m付近 左前方より
 角度を変えてもう一枚。元町踏切付近から北西側を見る。
434D キハ52 132
昭和61年10月18日

15:15

37k500m付近 左前方より
 国道268号線忠元(ただもと)陸橋より薩摩大口駅側を見る。手前下に37.5キロポストがある。郡山八幡駅付近より続いてきた直線区間も,もうそろそろ終わり。
441D キハ53・キハ52
昭和61年 6月10日

18:33

37k500m付近 左前方より
 忠元陸橋の下,元町実業付近より。雪がうっすらと積もった。忠元陸橋は昭和39(1964)年 3月に竣工。
422D キハ52・キハ58・キハ52
昭和61年 2月11日

7:55

37k600m付近 右後方より
 線路は半径600mの右カーブを描く。向こうに見えるのが桜の名所忠元公園への登り道。大正10(1921)年の鉄道開通以来,鹿児島など各方面から多くの人びとが薩摩大口駅で下車し,ここまで歩いて花見にやってきた。戦前はサーカスの一団も興行し,小屋の中で綱渡りや空中ブランコなどを披露していたという。
438D キハ40・キハ58・キハ40 2052
昭和61年 3月 2日

16:33

37k600m付近 左後方より
 上の写真のカーブ外側より。向こうが忠元踏切。手前には車両通行止めの小道に,第四種の諏訪馬場踏切がある。
430D キハ52 118
昭和62年12月30日

12:20


37k900m付近 右前方より
 カーブを抜けたあたご付近,肱曲第一踏切より。向こう側に薩摩大口駅遠方信号機が見える。場内信号機から600m地点に建てられている。
441D キハ53・キハ52
昭和60年10月 8日

18:35


38k100m付近 右後方
 肱曲付近。遠くに先ほど越えてきた熊本県境の山々が見える。鉄道通信線などを中継している電柱,通称『ハエタタキ』も宮之城線のものまで共用しているのか線の数も多く,よりハエタタキらしい。
429D車中より
昭和62年 5月31日

11:12

38k300m付近 右後方より
 肱曲第二踏切付近より。並行していた宮之城線ともここでお別れ。宮之城線は直進するが,山野線は半径360mの左カーブで進路を変える。
430D キハ52 118
昭和62年12月30日

12:22


38k400m付近 右方
 宮之城線の線路が遠ざかっていく。夕陽に映える正面の煙突は,伊佐地区ごみ処理場。
442D車中より
昭和61年 3月24日

18:10

38k700m付近 前方より
 向こう側が上の写真付近。半径300mでSカーブを描く。
昭和63年 1月18日

11:00

38k800m付近 左後方より
 原田付近。上の写真の菱刈方面。薩摩大口-西菱刈間は最大でも10パーミルの勾配しかない。
434D キハ52 114
昭和61年 6月 8日

15:12

38k900m付近 左前方より
 付近の田畑に水を供給している松ヶ迫池付近。農閑期のこの時期,池の水は干上がっている。
429D キハ52 131
昭和63年 1月18日

11:12


39k300m付近 左方より
 国ノ十踏切。手前には子牛がつながれており,耕運機とともにのどかな農村の趣がある。
昭和63年 1月18日

11:05

39k400m付近 右後方
 この付近には養鶏場もある。夜になると鶏舎に電気が灯り,車窓から見える風景が印象的であった。
434D車中より
昭和63年 1月17日

15:35

39k700m付近 左右方
 霧島連山が少しずつ大きくなってくる。この辺りは稲のほかに,トウモロコシや牧草なども植えられている。
433D車中より
昭和61年 7月26日

13:24

39k700m付近 左前方より
 上の写真の反対側から。
428D キハ52 53・キハ52 118
昭和63年 1月18日

10:56


40k000m付近 右方
 水俣から40km,市山川橋りょう(47m)を渡ると大口市から菱刈町に入る。市山川はこの先の下流で川内川に合流。
432D車中より
昭和62年 2月22日

14:33

40k000m付近 左方より
 上の写真の反対側の川面から撮影した,山野線廃止記念のテレホンカード。

鹿児島県大口市
-------------------(現伊佐市)----------------
鹿児島県伊佐郡菱刈町

40k500m付近 右後方
 菱刈町花北付近。向こうに流れる川内川と山野線は並行する。鳥神岡の姿が小さくなった。 
433D車中より
昭和62年 4月 5日

13:25

40k700m付近 左前方
 浜場付近。左の道は国道268号線の大口市境,池田橋付近から分かれて西菱刈駅方面を結ぶ。この先で少し山野線と離れ,上り坂になる。
429D車中より
昭和61年 2月22日

11:14


41k100m付近 左後方
 切り通し区間になる。さきほどの道路が上方を通っている。
438D車中より
昭和62年 3月 8日

15:33

41k100m付近 左前方より
 上方の道から山野線の列車を見る。カーブや坂の少ない山野線に比べて,道路の方は細く曲がりくねった区間が多く,車同士の離合に苦労する。
441D キハ52・キハ52・キハ40・キハ40
昭和57年12月18日

17:05


41k400m付近 右方より
 下手地区に入り,車窓の右側は再び広い田んぼが広がる。田んぼの中にはレンゲが植えられ,ピンクの帯のように見える。
423D車中より
昭和61年 5月25日

7:40

41k500m付近 左方
 西菱刈駅に到着する直前,左側に小さな御社がある。どういう由来があるのだろう。
434D車中より
昭和63年 1月28日

15:09




前駅 薩摩大口


ページ上へ

次駅 西菱刈