育毛、育毛法、薄毛、はげ、ハゲ、若ハゲなどの髪の毛の、発毛、回復、対策、をするサイト

育毛、発毛テクニック&用語集

 

※以下の情報に関し、いかなる保証をするものではありません

ここで紹介されているアイテムに関して興味がある方はお近くの薬局、もしくは輸入代行業者に各自問い合わせてください。当サイトでは商品の販売は行っておりません。

育毛情報会員募集中
特別公開中!育毛情報サンプル「オイルケア特集」

目次

育毛テクニック系
オイルケア 洗髪前オイルケア 洗髪後オイルケア
ホット&コールドすすぎ 頭皮マッサージ シャンプーブラシ
踏ん張り みかん酒 緑茶すすぎ
塩シャンプー    
育毛剤系 日本国内
リアップ NFカロヤンアポジカΣ 毛髪力
イノベート

ペンタデカン酸
グリセリド

桑白皮エキス
GSS 甘紫蘇スプレー アロエ酒
コレウスエキス フラバサイト インセントモウガ
(シナジーX)
黄金宮 アデノゲン イノベートEX
     
育毛剤系 海外
ミノキシジル ロゲイン ヘッドウェイ
カークランド ザンドロックス ビタミノックス
プロペシア ブロスカー フィナステライド
レチン−A 塩化カルプロニウム ビタミンE誘導体
    リバイボゲン
レグロ フィンカー クリナゲン
FNS スピロノラクトン アボダート
(デュタステライド)
ミノキシジルタブレット    
サプリメント系
亜鉛 ビタミンC ビタミンE
リコピン プロ(ロイコ)アントシアニン センブリ
スピルリナ キトサン のこぎりヤシエキス
(ソーパルメット)
葉酸 βカロチン カシュウ
L−リジン    
育毛グッズ系、その他
ケアナチュラル    
ゆらぎのマドラー もみお櫛 ケアナケア
ホホバオイル    
2chハゲ・ズラ板 For a fact... M字はげ
O形はげ そりこみ リーブ21
アートネーチャー ヘアチェック アデランス
バイオテックヘアー 育毛 はげ

 

 オイルケア【おいるけあ】
 
皮や皮膚から出てくる皮脂を取り除く、もしくは分泌を抑えるためにオイルを用いる、肌との相性が良いホホバオイルが主に使用される。男性ホルモンによる脱毛酵素を抑える働きを持つのはホホバオイルとされている。 ここで重要なのは、自分の出す皮脂が男性ホルモン(正しくは男性ホルモンではないですが)、毛根を弱らせる働きを持つ物質を含んでいる場合、皮脂を抑えなければいけない、もしくは皮脂の成分を改善してやらなければならないということです。これは生活習慣(主に食事)を改善することで効果が出ます。そして皮脂の分泌を減らすには最初から皮脂の代わりとなるものを塗っておけばよいということです。皮脂腺が頭皮の状態を見て皮脂を出すからです。植物性油は毛根を弱らせる成分を含んでいません。

オイルケアの特集ページ

目次へ

洗髪前オイルケア【せんぱつまえおいるけあ】
 
洗髪前にオイルを塗り(顔にたれてこない程度の少量で良い)マッサージすると、毛穴に詰まった皮脂に染み込み、皮脂が柔らかくなり、洗髪やマッサージによって取り出しやすくする。ここで強くもむと皮脂が頭皮の外にでてきて、きらきらひかることもあり、よくなる実感がある(最初の頃、1,2回)

目次へ

洗髪後オイルケア【せんぱつごおいるけあ】
 洗髪後に洗面器にオイルを数滴落とし、それですすぎ、頭皮にオイルを行き渡らせる事によって以後の皮脂の分泌過剰を抑える効果を狙う。しかし、皮脂の成分、量を変えるためには体を変えなければならない

目次へ

ホット・コールドすすぎ【ほっとこおるどすすぎ】
 洗髪後のすすぎは育毛剤を染み渡らせる為にも重要です。そして、血行を良くする為にこのテクをつかいます。単に、冷水とお湯で交互にすすぐことです。よく、風呂上りに冷水をかけたり、お湯と冷水、交互につかるのが良いなんて言われますが、おなじようなことです。

目次へ

頭皮マッサージ【とうひまっさーじ】
 血行不良なのが主な薄毛の原因であるので、定期的な頭皮マッサージは養分、酸素の無い血液を排出し新しい血液を循環させるために必要であり、初期の薄毛の寿命を延ばすのに効果絶大。

目次へ

シャンプーブラシ【シャンプーブラシ】
 
頭皮マッサージと並んで重要。頭皮の古い細胞を落とし同時に頭皮を刺激し頭皮をやわらかくする。これによるマッサージ効果で頭皮が多少厚くなることもある。

目次へ

踏ん張り【ふんばり】
 トイレでウンコを力むように頭に血を上らせること。会議などのため、人前で、マッサージできない場合に有効。また頭皮マッサージと併用するものよい。

目次へ

みかん酒【みかんしゅ】
 みかんの皮を日本酒につけてつくる酒。みかんの皮の成分リモネンが育毛に良いとされる(抗男性ホルモン剤の効果)。私はしてないです。

目次へ

緑茶すすぎ【りょくちゃすすぎ】
洗髪後、男性ホルモン抑制作用のある濃い目の緑茶を冷やしたもので軽く頭皮をすすぐ。そのまま乾かしてもよいし、1時間程度放置し水で洗い流しても良い。

目次へ

塩シャンプー【しおしゃんぷー】
文字通り塩をシャンプーの代わりに使う。とはいえ洗髪ではなくて頭皮マッサージの際に塩を用いて行う意味合いが強い。基本的に天然塩で頭皮を揉み洗い、水で洗い流す。普通に洗髪したのちに塩で頭皮を揉んでもよいだろう。 ブレイクした当時は頭皮の老廃物がよくとれるということで多くの人が良い印象をもっていたようだが、ブームが過ぎると賛否両論となっているようだ。

目次へ

ミノキシジル【みのきしじる】
 
アメリカのUpJohn社が開発した発毛促進成分。リゲイン、ロゲインなどの名前の製品に含まれています。(日本でも99年6月ころリアップの名前で登場しました)。血行促進作用と、抗男性ホルモン作用を持つ為、 過去15年間の間、一番効果があると言える発毛成分。
 ただし、これによって生やした毛はミノキシジルによってのみ維持できるといわれてます。製造元も認めています。つまりずっと使いつづけなければならないといわれてます。
 ただ、別に他の育毛剤で生やしたとして、後は何もしないでも生えつづけるなんてことはないと思うので、使いつづけなければいけないなんて貧乏性な考えはやめましょう(笑)
 5年以上経ち、私の最近の目標はこれを実現することです。
また、育毛初期は結構痒いです(個人差もあり、痒くて使えない人もいます)

目次へ

リアップ【りあっぷ】
 日本で唯一の「ミノキシジル」を含有している育毛剤。1%という少ない量なので、効果を確認するまでに半年という期間がかかる。が、国内販売なので、市販されているため気軽に購入できるメリットがある。しかし、効果の割りに価格がとても高い。(一ヶ月5000円程度)

目次へ

ロゲイ【ろげ○ん】
 
ミノキシジル含有の初の育毛剤。アメリカ製。発売当初は2%ものであったが、実績があり、使用者の要望もあって5%のものが一般化している。
輸入代行で6本16000円(6ヶ月分)程度。

目次へ

ヘッドウェイ【へっどうぇ○
 ニュージーランド製ノーブランド。ミノキシジル5%の育毛剤。基本的にロゲイン製造工場と同じところで作られているので中身はまったく同じ、ただブランド品ではないので価格が安い。(私も2年程度、使用しました。輸入代行で6本12000円程度。)

目次へ

カークランドか○くらんど】
 
最近でてきたアメリカ製ノーブランド品。これも上2つと中身はおなじなのだが、さらに安い。今回、初めて使用していますが、スポイトつきでとても便利、私はいつもスポイトつきのビンに入れ替えて使用していたのですが、スポイト自体が古くなっていたので、代わりのものを探していたのです。安くてお勧め!(輸入代行で6本で9000円程度。)

目次へ

ペンタデカン酸グリセリド【ぺんたでかんさんぐりせりど
 毛根細胞を活発化させる養分、血液から送られる養分は男性ホルモン由来の成分により毛根細胞に届かない。ペンタデカン酸グリセリドは、男性ホルモンによる影響を受けずに直接毛根細胞に養分を与えられる。つまり、消え行く運命にある(ミノキシジルの効果が薄い)毛根の寿命を延ばすことができる。

目次へ

プロペシア【ぷ○ぺしあ
 
米国医薬品メーカーが開発した世界初の飲む育毛剤。薄毛に影響している酵素の作用を妨げる効果があるが、一部性欲の減退、妊娠中の胎児に影響を与える副作用があるとしている。ミノキシジル系育毛剤とこのプ○ペシアをセットで使用するのも米国、育毛界では有名。プロペシ○は値段が高く、副作用が起こる確率が高いので私は使用していない
(切り札として手元にあるが、現在必要ない)

目次へ

ブロスカーぶろ○かあ】
 
プロ○シアの前身。もともと前立腺肥大症の治療薬として開発されたブロスカ○の濃度を5mgから1mgにして育毛用としたのがプロペ○ア。ブ○スカーは1錠を5分割して飲むことで経費を抑えることができる。

目次へ

フィナステライド【ふぃなすてらいど】
 
毛乳頭に取り付いて、細胞の分裂、発毛を妨げる「DHT(ジヒドロテストステロン)」という物質がつくられるのを阻害する薬。プロペシ○、ブロスカ○の有効成分。日本では臨床試験中で、まだ認可されていません。

目次へ

レチン−A【れちんえー】
 レ チンAは元来、ニキビ等の肌の治療薬でしたが、ミノキシジルと併用することで育毛効果があるようです。

目次へ

塩化カルプロニウム【えんかかるぷろにうむ】
 塩化カルプロニウムは局所血管拡張作用を持つ医療用医薬品として開発され、皮膚科などで抜け毛の診断をされると処方される(フロジン液という名称)。5%のものは医療用のみ、一般市販薬ではカロヤンなどに含まれている(1%)

目次へ

ビタミンE誘導体【びたみんいいゆうどうたい】
 
末梢血管を拡張する働きがあり血行促進成分としてしようされる。一般の育毛剤でも多くの育毛剤に配合されている。

目次へ

コレウスエキス【これうすえきす】
 シソ科の植物「コレウスフォルスコリィ」の塊根から抽出した成分で。すぐれた保湿効果があり皮膚を柔軟にする働きがある。毛髪力の有効成分。

目次へ

リバイボゲン(リバイボジェン)【りばいぼ げん】
 
アメリカ、主要テレビ局FOX(フォックス)テレビの「グッデイ・ロサンジェルス」で リバイボジェンが効果の高い抜け毛防止の新商品として紹介されている。天然成分を主成分とし、アメリカのハゲのラジオ番組でも人気がある育毛剤だが、日本での人気は今ひとつ。日本人に合わないのだろうか?時代の潮流に乗れなかったか?
しかし2年以上たってから、じわじわと人気がでて一定の人気を得ているようだ。管理人も
リバイボゲンの紹介 バイボゲンの説明を見て、思わず生える気がしてしまい、気がついたら購入して特集を組んでいたという思い出がある(笑)

目次へ

ビタミノックス【びた みのっくす】
 ミノキシジル系育毛剤。レチンーA、もしくはアゼライク酸入りのバージョンがあり、それぞれ個別に使用している人にとっては大幅に手間が省ける。
一時、ミノキシジルを溶かすためのプロピレングリコールが含まれないという噂が広まり、以来大人気の育毛剤となった。しかし、ミノキシジルの効果を促進する成分がすでに入っているというのは育毛にさらに効果を求める方には良い選択しかも・・・・。

目次へ

ザンドロックス【ざんどろっくす】
現在、世界で販売されている中で一番、高濃度のミノキシジルを含んでいる(12.5%)。価格は割高だがミノキシジルで効果がある人は更なる効果を考えて使用する人もいるようだ。ただし、12.5%という濃度はロゲインなどに含まれる頭皮浸透成分が少ないため濃度を上げているという話もある。 それは、浸透成分によって肌が荒れるという人のためとも言われている。とはいえあくまで噂であり、ロゲインなどで副作用がなく効果が得られた人にとってはさらに回復が期待できるだけに根強い人気がある。
15%という高濃度ミノキシジル(リアップの15倍!)タイプも追加された。

目次へ

NFカロヤンアポジカΣ【えぬえふかろやんあぽじかしぐま】
 
第一製薬が市販する市販育毛剤として初めて塩化カルプロニウム配合の育毛剤。毛根の油を取るための成分としてカシュウチンキ、毛母細胞
の活性化に役立つチクセツニンジンチンキ、殺菌作用によりかゆみを防ぐヒノキチオール湿潤剤としてキトフィルマーを含んでいます。標準価格、200ml 6500円です。

目次へ

薬用毛髪力【やくようもうはつりょく】
 
この育毛剤の有効成分ペンタデカン酸グリセリド(PDG)は、人工飼料の研究から生まれてきたもので、普段食事でとっている脂肪酸(油)の仲間です。ですから、PDGが毛母細胞に入ると、細胞の食料(強力なエネルギー)に変わります。つまりPDGは毛根の細胞内で直接エネルギー源になって働くのです。この点が毛髪力の特徴です。
 ライオン製、170ml 3980円(毛髪力エムパワー)

目次へ

甘紫蘇スプレー【あましそすぷれー】
 過去に有名育毛掲示板の投稿によって生まれた自家製の男性型脱毛防止剤。多くの論文を根拠に甘茶エキスが額からの禿げ上がりの防止に効果があることを推測し、これを主成分とする。また紫蘇葉エキスが皮膚への甘茶エキスの浸透促進、皮膚の炎症を抑える役目を果たす。
fafで紹介されている甘紫蘇スプレーにはセンブリも使用して血行促進効果も利用し効果を高めることを狙っている。実際の作り方は多少手間隙がかかるが副作用の少ない天然物を育毛アイテムとして考えているのであればこれを利用するのも良いだろう。全国に多くの使用者がいると思われるが特にはっきりとした副作用は報告されてはいない。自作も可能だが手間がかかるという人はここ(Dolphin's Drug)でも販売している。

目次へ

GSS【ぐろーいんぐしょっとえす】
ポーラ化粧品が発売する育毛剤。有効成分「スチグマスタノールマルトシド」が一般の育毛剤と違うところは、DHTの前駆体であるテストロテンがDHTに変化することを防ぐことを主とする他の売れ筋の育毛剤と違い、DHTによるダメージを受けた毛根の働きを活性化させることで発毛を促す。すなわちこれから考えれるこの育毛剤の有用性は他の育毛剤と併用することにより、さらに育毛に良い結果を与えると考えられる。faf、2ch掲示板で人気の育毛剤。 が、発売されてすでに2年以上経ち、現在では、あまり効果が無く、肝心な有効成分も含まれている量が少ないことが分かり期待はずれの商品であった。

目次へ

アロエ酒【 あろえしゅ】
アロエを焼酎などにつけて作るお酒。有効成分「アロイン」が男性型脱毛要因を100%阻害すると言われている。実際は100%ではないが、自然派の育毛愛好家の間では抜け毛予防として人気が高い。
アロエ成分配合のシャンプーなどもあるが、これは自分で作ったりできるので経済的である。

目次へ

フラバサイト【ふらばさいと】
薬用サクセスフラバサイト、03年2月終わりごろから店頭に並ぶ。有効成分「t-フラバノン」が脱毛予防、発毛促進に効果があるとしている。使用感的には、5000円するサクセス(笑)、ピストンスプレーの効果がいまいちマッサージになるとは言い難い。この有効成分のほとんどは頭皮ではなく髪に吸収されてしまう使い方しかできないので、ちょっともったいないが、花王が、本腰を入れて「t-フラバノン」プロデュースする理由は、社内での研究結果に自信があったからとの情報もある。(ある方より得られた情報です)ただ、サクセスというブランドネームが足を引っ張っている気もする。
個人的に、一度の使用量をコントロールしずらいので、ちょっと評価が低かったが今後のフラバサイトの実績を追ってみたい。

目次へ

黄金宮【おうごこんきゅう】
みかんの育毛剤 黄金宮というキャッチフレーズでかなり前から発売されている。発売当初は、スポーツ新聞などでは話題になり、マスコミにとりあげられたものの、その後は普通の国産育毛剤という
扱いであった。
しかし、
リモネンというみかんに含まれている、抗男性ホルモン成分が見直されて以降、再ブレイクした。今現在はまたブームもひと段落したが、
大手医薬品会社以外が製造する育毛剤としてはロングヒットとなった。
天然成分、自然派の育毛を重要視する人は主力とするのもいいかもしれない。

目次へ

アデノゲン【あでのげん】
資生堂 薬用 アデノゲン。「アデノシンは結果を出す!」というキャッチで販売された資生堂の新コンセプトの育毛剤。 一部ではそのキャッチよりも、資生堂のホームページに載っていた「薄毛はあなた一人の問題ではありません。子孫も迷惑です。」(すでに削除されている)というタイトルだろう。これは大企業にあるまじき差別である。ここではこれ以上は触れない。
さて、名前の由来ともなった有効成分「アデノシン」はDNAの材料となる物質のひとつ。神経系内に存在する物質で1990年代前半はそれが多量に存在するのにその機能が良くわかっていなかったが1990年後半からいくつかの働きがわかってきた。資生堂が「生体内薬用育毛成分」と位置づけているのは、このアデノシンの効能として血管を拡張する作用があるからだ。血管拡張成分は普通に血行を良くする育毛剤には含まれている。カロヤンや皮膚科で抜け毛予防に渡されるフロジン液と同じ(つまり物は言い様というわけだが)、とはいえ生体内には当然だが血管拡張ホルモンもあれば血管収縮ホルモンもある。そのうちもともと生体内にある成分を主成分にしたという点で目新しい。個人的には、今回の資生堂の姿勢をを評価したい。それは長い年月販売し続けてきた不老林シリーズも不老林ライブアクトで一端、終わりを告げ、方向性を新たに毛髪力イノベート、サクセスフラバサイトなどのような(最先端っぽい)バイオテクノロジー関連分析を根拠とした育毛剤開発に転換したと受け取ったからだ。筆者も早速購入したので、使用レビューを執筆したいとも思っている。
目次へ

イノベートEX【いのべーといーえっくす】
毛髪力イノベートシリーズの正当な後継となる育毛剤。「薬用 毛髪力 イノベート ネオ」や、「薬用 毛髪力 イノベート スカルプトニック」などの派生商品とは違い、ライオンはイノベートに新有効成分を配合してきた。それは「αヒドロキシ酸誘導体」。有効成分の頭皮への浸透を促進する作用があるという。また頭皮が保湿されていれば血流が増し、頭皮は柔軟に保たれる。それを狙ってカークランドやロゲインではよく使用される「ポリエチレングリコール」も配合された。結局のところ発毛促進成分がいくら優れていても毛根に届かないことには意味が無い。そういった意味では良い方向だといえる。 有効成分の浸透に関しては、長年実績のある成分を採用したことにより先進的な技術に、安定感が共存している。

目次へ

インセント モウガ シナジーX【いんせんともうがしなじいえっくす】
その成分は100%生薬。インセントモウガシリーズの開発者はそう言う。
「生薬とは薬用にする目的を持ち、植物、動物、鉱物などの天然物の一部を乾燥、または簡単な加工を施したもののこと」。ツムラの得意とする生薬の研究からモウガシリーズは生まれたという。
天然の成分の特徴は副作用が少ないことが挙げられるが、ツムラは生薬の配合を絶妙に行うことで「シナジー効果(相乗効果)」があるとされる。生薬もその産地に拘って質の高いものを使用しているという。まともに聞くと料理人の腕と素材のウンチクが素晴らしい「どっちの料理ショー」みたいな話だ。これだけでは根拠が薄い気もする。とは言え、実は科学的な根拠を追い求めている他の育毛剤も結局、生薬が有効成分として使われていることが多い。有効成分はセンブリエキス、ショウキョウチンキということで血行促進が中心。ボタンヒエキスの保湿作用もあるが、つまりは漢方の薬用サクセスといったところか?、しかしこのシリーズに関して非常に安全性が高く、長期に使うべき育毛剤であるということだろう。
絶妙な配合率ゆえに複数の育毛剤を使う場合は時間をずらして使うことも考慮に入れるべきかもしれない。

目次へ

 

レグロ【れぐろ】
ミノキシジル5%の育毛剤、フィリピン産。ロゲイン、カークランドなどの他の育毛剤と同じ成分とされているが、効き目が違う、他のミノキシジル系成分より効果があるなどの声が一般的。特に根拠はないが口コミでは定説となっている。価格は高めで内容量も多い。総合的に見ると価格は高い。ただ口コミを信じるのであればこれも悪くない。

目次へ

フィンカー【ふぃんかー】
プロペシアの前身である、ブロスカーのインド産ジェネリック(ジェネリックとは海外製のノーブランドと考えてよい)有効成分の濃度は5mg。ブロスカーと同じように1錠を5分割して飲むことで経費を抑えることができる。ブロスカーと比べ価格が半額以下のため非常にお得となる。

目次へ

アボダート(デュタステライド)【あぼだーと(デュタステライド)】
前立腺肥大症の治療薬として開発されるがこれと同じものとしてブロスカーがある。ブロスカーの有効成分フィナステライドに対しアボダートの有効成分はデュタステライドである。これの特徴は(1型、2型両方の)5-α-レダクターゼを阻害する働きがあり、これらのホルモンは前立腺肥大症だけでなく、男性型脱毛に大きく関与している物質である。フィナステライドとの違いは2型だけでなく1型も阻害することから、ここ数年の中でも最も科学的に期待できる薬剤であるとされ、今までミノキシジル、フィナステライドが効果が無かった男性型脱毛症の人間にも効果が期待されている。但し、2002年11月から市場に出回ったばかりであり実際の効果のほどはこれから。そしてまだ高価。

目次へ

ミノキシジルタブレット【ミノキシジルタブレット】
ロゲイン、カークランド、リアップなどに含まれる有効成分を
経口薬用に錠剤化したもの。最近、脚光を浴びている。というか元々のミノキシジルの役目は血圧の降圧剤であった。体内に投与しつづけていた患者に発毛が見られることが分かり、塗布用に開発されたのが現在の育毛剤である。そういう意味では経口剤はミノキシジルが体の中から効果をだすので、合理的かもしれない。また、面倒くさがり人は、単に飲むだけで良いので、育毛の手間が省ける。但し、ミノキシジルは効果がある反面、むくみ、かゆみなどの副作用がある。経口剤として服用した場合も副作用がある場合があるので、使用する場合は注意すること。副作用が問題なければ、かなりイケてるアイテムになるかも。

目次へ

 

毛髪力イノベート【 もうはつりょくいのべーと】
ライオン製の毛髪力の後継育毛剤、ネットを活用してのPR、遺伝子学的アプローチからの広告などが目立つが、毛髪力からの正常進化といえる育毛剤。とはいえこれで回復するほど育毛は甘くない。

目次へ

亜鉛【あえん
 体内で起こるいろいろな化学反応に必要とされているが、育毛で重要な役割とは毛細血管の隅々に栄養を送るために必要な物質として毛根へ栄養のある血液を運び細胞に受け渡す役目も持っている。

目次へ

ビタミンC【びたみんしいコラーゲンの合成などの働きが有名。育毛では抗酸化作用で活性酸素を無毒化する。特にストレスによる活性酸素を無毒化する(単体では血液中に3時間しか存在できない)ことにより、ストレスによる抜け毛を防ぐ

目次へ

ビタミンEびたみんいい】
 抗酸化剤としても有名、毛細血管をやわらかくし血液の流れを活発にする働きがある。α-トコフェロールと呼ばれる天然型のものが重要。

目次へ

リコピン【りこぴん
 
トマトに含まれる赤い色素、生トマトよりトマトジュースなどのほうが重さあたりの量が多い。リコピンの抗酸化能力は、カロチンの2倍、ビタミンEの100倍。気軽に手に入る中で最高の抗酸化剤。

目次へ

OPC,プロアントシアニン【おおぴいしい、ぷろあんとしあにん
 赤ワイン健康法などで有名な物質。ぶどうの種などに含まれている、
最強の抗酸化物質。ビタミンCの20倍、ビタミンEの50倍以上の効果があるという。また脳内に入っていける抗酸化物質は現在この物質のみとされている。またビタミンC、Eの体内での存在時間を大幅に伸ばし、その効果を長く維持できる。GSE(グレープシードエキス)も同様。

目次へ

センブリ【センブリ】
 日本のリンドウ科の植物。越年草。胃の血行を良くし、胃腸薬にも利用される。毛細血管を拡張し、血流を促進するため毛母細胞を活性化させる成分として使用され、市販の育毛剤に数多く利用されている。

目次へ

のこぎりやしエキス(ソーパルメット)【のこぎりやしえきす
 男性の更年期障害でよく起こる、前立腺肥大症に効果があるもの。前立腺からでるホルモンの量を抑えることにより、薄毛に関連する成分にホルモンが変化する量を防ぐことができる・・・・。ぷろぺし○の代用として用いられる。私も効果がありましたが、長期で使用すると逆効果になることもありました。最初は使用してもいいかも。

目次へ

葉酸【ようさん
 抗貧血作用のあるビタミンBの一種。水溶性。赤血球の形成を助け、細胞の発育に必要。ビタミンC、亜鉛と相乗的に作用する。

目次へ

βカロチン【べーたかろちん】
 
ニンジンの色素などでおなじみの、抗酸化物質の一種。抗ガン作用があるということだが、高濃度のβカロチンを摂取するとむしろガン発生を促進してしまう研究結果がでている。基本は野菜などから摂取することが望ましい。人間の体内でビタミンEと比較すると50倍もの抗酸化作用をもっているといわれる

目次へ

カシュウ【かしゅう】
中国などに生息するツルドクダミ(タデ類)の根を乾燥したもの。育毛剤としては過剰な皮脂を除去し、育毛成分が毛根へ浸透するのを助ける働きをする。中性脂肪を除去する効果も持つ。

目次へ

L−リジン【える−りじん】
L-リジンは体内で精製できない必須アミノ酸の一つで、体組織の修復に欠くことの出来ない物である。そのため、肉や牛乳、チーズなどの食物から摂取しなくてはならない。L-リジンはヘルペス感染症や狭心症の治療に研究されているが、最近のダイエット脱毛対策の研究の結果、ミノキシジルの吸収性を著しく高めるという発表がある。単独でも健康な髪を保つため役立つとされている。ある企業は休止期脱毛患者の毛の成長に大きく影響をもたらすとの研究で特許を取っている。

目次へ

スピルリナすぴるりな】
 
クロレラなどと同じ藻の一種。体を作るうえで重要なたんぱく質を豊富に含み完全食と言われるくらいバランスが良い。クロレラが細胞壁が邪魔し、消化吸収が悪いため、細胞壁破壊クロレラが一般的(価格が高くなる)だが、スピルリナは消化吸収にすぐれクロレラより全体的に栄養分を多く含んでいる。そして価格が安い。マルチビタミンとして使用する。

目次へ

キトサン【きとさん】
 カニやエビなどの甲殻類の殻の成分を化学処理することにより作ることのできる動物性植物繊維。
イオン化し、脂肪類を吸着する働きをもつ、よって育毛では脂分をとることが頭皮の皮脂の発生につながるのでこれを押さえるのに有効とされているが推論の域を脱していない。

目次へ

ケアナチュラル【けあなちゅらる】
 2004年の発明学会で紹介されたこともあるという、久々に怪しいだけで終わらない育毛グッズ。筆者が洗髪する前は湯船に頭をつけて、頭皮を温めて毛穴を開けて汚れが落ちやすくして育毛剤の浸透を狙うが、このグッズは頭に巻くことにより頭をコップ状にしてお湯を貯めることができる。結構笑ってしまいそうだがかなり便利だ。息をとめないで良い、洗髪する前に湯船に頭をつけなくていいのでフケが浮かない、長時間置けるので十分な毛穴開き効果が得られる。など育毛ファンにとってはメリットがある

目次へ

 

ゆらぎのマドラー【ゆらぎのまどらあ
 
3年ほど前に育毛界で話題となった髪の毛が増えるマドラー。頭皮をマドラーで触っていく。
私も実際に使用したが、育毛剤を塗った後で使用すると髪がとても元気になった(気分的なものもあるかもしれないが)ミノキシジルと相性が良いのかも。最近はまがいもの扱いされている(しょうがないかも・・・)。
 お金に余裕があるなら試しても損はない?

目次へ

もみお櫛もみおくし】
 これも3年ほど前に育毛界で話題となった頭皮マッサージ器(現在も発売されている)。最初は痛いが、使用するとあまりの気持ちよさに眠気がおそう。効果のほどは???。一番最初のオイルケアで使用すると面白いほど毛穴に詰まった皮脂がとれたのは記憶に鮮明に残っている。しかし、指やシャンプーブラシで代用可能。

目次へ

ケアナケア【けあなけあ(CARENACARE)】
余裕がある育毛通に広まってきているヘアケアグッズ。高水圧で地肌をマッサージするものであるが、使用感を絶賛する声と、抜け毛が倍増するという声と両極端に別れる

目次へ

ホホバオイル 【ほほばおいる】
カリフォルニア、メキシコの乾燥地帯に自生する灌木のホホバの種子から取れるオイル。スキンケア商品によく使われる。皮膚に対する浸透効果に優れる。また使用感はさらっとしていて、酸化しにくく、不乾性のため育毛ではオイルケアに使われる

目次へ

2chハゲ・ズラ板 【にちゃんねるはげずらいた】
育毛愛好家、薄毛になやむ人に大人気の掲示板。FAFと人気を2分する。ガセネタ8、真実2と言ったところだが人間の本音が素直に表現されており、手本、反面教師、さまざまな書き込みは時には笑わせ、時には納得させてくれる。精子育毛法が永遠の謎だ・・・作者はうーん。生えるのかもしれないという肯定派だ(実際にはやってないが・・・・)
とにかくガセネタやアスキーアートの書き込みが多く、有用かな?と思える情報も雑談書き込みのためにすぐ消えてしまう。

目次へ

for a fact【ふぉおあふぁくと、ふぁふ】
このページは安藤育毛メーリングリスト崩壊後、インターネットの中で一番活発な掲示版でした。いろいろな育毛剤の使用者の声が書き込まれ、育毛に対しての提案も有ります。ガセ情報もありますが、この中から育毛剤が生み出されたりすることさえ有りました。ただ、やはり人気のある一部の人間に対して宗教的に崇拝してしまう、薄毛掲示版特有の傾向があります。結果、その人が書き込んだことが正しいという認識が当然のようになり、その人への反論は掲示版全体を敵に回す雰囲気があります。それに対しての荒しに近い行為、育毛関連業者に対して剥き出しの敵意感。
 総合で考えるととても参考になるサイトだったのですが、今では薄毛に悩む人間の良くない面が浮き彫りになるサイトです。
しかし現在は育毛失敗者の成れの果ての方の書き込みを多く見ることがあり、現在はガセネタや嫌がらせの巣窟となっている。
02年の9月に掲示板管理者が放棄のまま消去されました。

目次へ

M字はげ【えむじはげ】
眉間の上を先端として両側の額が広がるように脱毛していくタイプの男性型脱毛症の俗称をいう。ハゲ人口の半数以上を占めるといわれ、世界でも日本でもよく見かける一般的なはげ方。
遺伝の割合が高いといわれ後頭部が薄くなる(O形ハゲ)タイプよりも回復は難しいとされる。

目次へ

O形はげ【おおがたはげ】
後頭部や頭頂部から薄くなるタイプの禿げ方。M字はげよりも回復の可能性があるといわれている。ミノキシジル(ロゲインなど)や、一般育毛剤で回復した例も多数ある。生活習慣、食生活によるところが多いと言われ、血行不良を起こしているケースが多い。

目次へ

剃り込み【そりこみ】
額の両端の意味。M字はげはこの部分が広がり後ろに下がっていく。ここの入り具合が深い人はハゲやすいといわれている。

目次へ

リーブ21【りーブにじゅういち】
発毛専門をウリにする大手育毛サロン。和田アキコをイメージキャラクターとして発毛コンテストなどを行っている。発毛のための特許を持っているということだが、実際の生の声を聞くと150万以上、年間必要とし、青汁、低周波発生器などのアイテムを使用する。体験者は見合った効果は無しと口をそろえて言う。

目次へ

アートネーチャー【あーとねーちゃー】
「増やしたいのは笑顔です」をキャッチフレーズに増毛や育毛サービスを全国的に展開している大手サロン。育毛一回5000円というのは人権費を考えればその設定もしょうがないかもしれないが、やはり大手サロン特有の強引な商売、不安にさせることで入会させる手口は当たり前のようだ。
効果はというと自分でできることが多い。

目次へ

ヘアチェック【へあちぇっく】
髪や頭皮の状態をチェックするアデランスのサービス。TV、マスコミの広告により、ハゲに気づいたら「ヘアチェック」という連鎖が世間には刷り込まれている。これにより、インターネットを常用している人間でさえ、薄毛について考えたことの無い人はまずヘアチェックに行ってみようと考える人も多い。しかし無料といわれるが実際に行くと100万単位のローンを組まされて帰ってくる人も・・・。強引な勧誘による入会者を集める宣伝となっている。

目次へ

アデランス【あでらんす】
カツラといえばアデランス。ヘアチェックといえばアデランス。井川 遥といえばアデランス、辺見エミリといえばアデランスというくらい知名度のある大手サロン。私も薄毛に気づいてショックのあまり駆け込んでしまました。電話で予約しようとしても繋がらなく、人気なんだなぁと実感しました。いやぁ・・・・もう、今契約だの、男を見せろ!今登録しないとハゲるだの散々でしたね。契約はなんとか拒否できましたけど。私より気が弱かったら即、ローンの借金地獄が待っています・・・。どうしてこんな商売がまかり通るんだ?

目次へ

育毛【いくもう】
毛を育てること。髪の毛を太く、多くすること。多くの人は長くすることは望んでいない。中学生が受験前にいれたソリコミを早く消したいときくらいだ。
このサイトに興味が無い人にとっては「育毛」という言葉はただのお笑いネタでしかないが、切実な人にとっては人生最大の関心ごとになってしまう。

目次へ

はげ【禿げ、ハゲ】
髪の無い状態。もしくは頭皮が透けている状態。一般的に前頭部からくるM字はげと頭頂部からくるO型はげがある。十円ハゲ、円形脱毛症などでもこのようなことが言われることがある。最近は差別用語として批判の声が上がっているが、薄毛・・・うーん。我ながら「はげ」がやっぱりしっくりくる気がする。

目次へ

(※これらの情報は私個人の認識であり、正確さは保障しておりません)

育毛情報会員募集中
特別公開中!育毛情報サンプル「オイルケア特集」


トップページ育毛コラム育毛日記会員登録育毛テク&用語集
お勧めヘアショップ育毛Bookse恋愛指南運営方針アフェリエイト

当サイトの画像や文章の無断転載を禁じます。発見した場合、直ちに損害賠償請求を行います。ご用件、ご質問などはお問い合わせからご連絡ください。

Copyright 2002-2012 kinarou All rights reserved.

 トップページ
 育毛コラム
 育毛日記
 育毛テク&用語集
 育毛の本紹介
 e恋愛指南

 
お勧めショップ
 会員登録