支援事業

留学生支援資金貸付制度

この制度は,鹿児島県内で学ぶ留学生の皆さんが,生活費,住宅費,医療費,学費,一時帰国費等で,一時的,臨時的に多額の出費が必要な場合に,それを支援するために資金の貸付けを行うことにより,安定した学業ができる環境づくりのお手伝いをするものです。

貸付対象者

貸付を受けられる人は,出入国管理及び難民認定法第2条の2第2項に規定する留学の資格を有し,鹿児島県内の大学,大学院,短期大学又は高等専門学校に在籍する学生です。

貸付対象経費

支援資金の貸付を受けられる経費は,次のとおりです。

(1)生活費:本国からの仕送り遅延等の場合における経費
(2)住宅費:住宅を借りる時に必要な敷金・礼金・電話架設費等の経費
(3)医療費:傷病等による医療費
(4)学費:授業料,入学金,高額な教材購入等に要する経費
(5)一時帰国費:緊急やむを得ず帰国する場合の経費
(6)その他:災害等緊急時に必要とする経費等

貸付限度額

支援資金の貸付を受けられる経費は,次のとおりです。

(1)生活費:5万円以内
(2)住宅費:10万円以内
(3)医療費:10万円以内〔(財)日本国際教育協会からの医療費助成額相当額以内〕
(4)学費:10万円以内
(5)一時帰国費:10万円以内
(6)その他:上記に準じ理事長が決定
*複数の貸付が受けられますが,限度額は10万円です。

貸付利息

無利息

貸付の決定

貸付は,審査し確実に返済できることを確認したうえで決定します。

申込方法

貸付を受けようとする人は,在籍する大学等の留学生担当係から申込書類を受取り,必要事項を記入のうえ,次の書類を本人が協会に提出してください。

必要書類

(1)留学生支援資金借入申込書(所定の様式)
(2)留学生支援資金借入証書(所定の様式)
(3)学生証の写し
(4)外国人登録証明書の写し(両面必要)
(5)申込みの内容を証明する書類

・生活費:内容に応じた証明書類
・住宅費:契約書等の写し
・医療費:医療費の領収書等又は(財)日本国際教育協会への提出書類(診療報酬請求書・領収書)の写し等
・学費:内容に応じた証明書類
・一時帰国費:内容に応じた証明書類
*借入証書には,収入印紙(1万円以上10万円以下は200円)が必要です。

返済方法

支援資金を借りた人は,次の方法により返済しなければなりません。

(1)生活費:2か月以内据置き後,5か月以内の毎月返済
(2)住宅費:2か月以内据置き後,10か月以内の毎月返済
(3)医療費:2か月以内据置き後,10か月以内の毎月返済。ただし,(財)日本国際教育協会の医療費助成金受領時に一括返済
(4)学費:2か月以内据置き後,10か月以内の毎月返済
(5)一時帰国費:2か月以内据置き後,10か月以内の毎月返済
(6)その他:上記に準じ理事長が決定

保証人及び指導教官等の所見

支援資金の貸付を受けようとする人は,保証人を1名立てなければなりません。保証人は,保証能力のある満20歳以上の者です。なお,申込みを行う場合には,指導教官の所見が必要となります。

申込み・問い合わせ先

(公財)鹿児島県国際交流協会

〒892-0816 鹿児島市山下町14−50 かごしま県民交流センター1階
TEL : 099-221-6620  FAX : 099-221-6643
E-mail : kia@po.synapse.ne.jp