戻る

えん

また

なか



うん

はく

じつ

おお


あい


ほく

ふう


けわ


あい

ばん


かさ





さん

ぱん

くわ

a

さい

げつ

たちま

すで

くれ


ゆう

へん


たい

ひび

すで

ゆる





なん


かい

めん


おのおの

いち

がい


べつ

一涯→一方のはて

衣帯日已緩→別れている悲しみのために体がやせて、帯が一日一日ゆるくなること

顧返→振り返る

棄捐勿已晩→たとえこのまま捨てられても、もうくよくよ言うまい