劇団いぶきのホームページへ

劇団いぶきホームページトップへ 劇団いぶきについて 劇団いぶきの作品を紹介しています 劇団いぶきの音楽を聞いてください 劇団いぶきの公演を写真でご覧ください 劇団いぶきの公演を動画でご覧ください 劇団いぶきの仲間たちです コラムやエッセイのコーナー 劇団いぶきの掲示板です リンクのコーナー

劇団員募集
劇団いぶきでは、高校1年生から20歳代までの劇団員を募集しています。
経験不問です。興味のある方はメールでお問い合わせください。
(※高校生は保護者の承諾が必要です。)
役者に限らず、脚本、演出、照明、音響など、劇団運営全般に興味がある方もどうぞ気軽にお問い合わせください。


最新作「僕の星物語」
   2018年2月25日(日)
  鹿児島市松元公民館ホール(鹿児島市上谷口3366-1)
Kamachi-ya主催「 +Atr2018(プラスアート2018)
に参加します!

14:00   松陽高校演劇部 「よたかの星」

15:00 劇団いぶき
       「僕の星物語」 作・演出 朝隈克博

16::00 hamachi-ya   「わが星」


前売 一般 2,500円 / 大学生以下 1,500円
 チケットは劇団いぶきでも取り扱っています。


まつれっ!
劇団いぶき 40周年 記念公演

2017年12月2日(土)
@14時(13時30分開場) A18時30分(18時開場)
コミュニティセンター知覧文化会館

前売 一般1000円 高校生以下500円

チケット予約
くらもと写真館 0993−83−2326

メール dbu@mac.com


劇団内 若手ユニット 「劇団そよぎ」第4回公演
高校3年生劇団員卒業記念公演❗

日時 2017年3月18日 土曜日 17時30分開場 18時開演
場所 知覧文化会館大会議
入場無料
「 模型の夢 」「豆男 (まめおとこ) 」
作: 朝隈克博



劇団いぶき 自主公演 決定!
 最新オリジナル作品「純情爺んS」の再演が決まりました。昨年12月13日南九州市市民大学で公演した作品です。
 おもしろすぎておもしろすぎて再演の要望が多く新茶の時期が始まる前、高校3年生が巣立つ前にもう一度オリジナルキャストで再演します。いつものいぶきスタイル満載の作品です。

最新オリジナル作品「純情爺んS」
   作・演出 朝隈克博
   音楽 田中祥弘
2015年3月14日(土曜日)
南九州市知覧文化会館 
会場 18:00 開演 18:30

【チケット情報】
前売り券一般1000円
高校生以下500円
当日券一般1300円
高校生以下800円
ソールドアウトの場合当日券無し
※未就学児入場不可(託児所あります)

チケット販売開始 2月14日(土)〜

【お問い合わせ】
電話でのお問い合わせ
 広報部 くらもと写真館 0993-83-2326

メールでのお問い合わせ 
音響・照明部 田中 dbu@mac.com


劇団LOKE × 劇団いぶき

この夏の終わり、
劇団LOKEと劇団いぶきのコラボ公演!!
全6回公演!


■日時
2014年 8月30日
1回目→13:00(劇団いぶき) 2回目→15:00(劇団LOKE)
3回目→17:00(劇団いぶき) 4回目→19:00(劇団LOKE)

2014年 8月31日
1回目→11:00(劇団LOKE) 2回目→13:00(劇団LOKE)
※全公演30席程度
※上演時間が30分程度の作品です。

■会場 薬師レンタルフロア別館2F
   (鹿児島市薬師1丁目6−6)
   ※駐車場がありませんので近隣のパーキング、
    もしくは公共交通機関をご利用ください。

■料金 学生800円(当日1100円)
   大人1000円(当日1300円)
   ※日時指定・全席自由・未就学児無料

■チケット予約・問い合わせ
   TEL: 090-9755-3950(福薗)
   Email : gekidanloke@yahoo.co.jp
 劇団LOKEホームページ
   http://www.gekidanloke.com/?p=399


「水中家族」公演のお知らせ

水中家族

作・演出 朝隈克博
音楽   田中祥弘

日時 2013年12月22日(日) 
   @14:00  A18:30 2回公演

場所 ちらん夢郷館ホール(南九州市役所知覧庁舎隣)

前売券 一般1000円 高校生以下500円 
    

チケットお問い合わせ 
くらもと写真館 TEL 0993-83-2326
劇団いぶき MAIL dbu@mac.com


「水中家族」は,昭和17年から昭和22年までの世情を背景に、時代に翻弄されながらも誠実に生きようとする家族の物語です。脚本は、13年1月に鹿児島演劇協議会主催のリーディング公演として発表しました。今回はリーデンングではなく、劇団いぶきによる本編演劇公演です。


公演のお知らせ
終戦の日企画
劇団いぶき
 ×
川辺フィルハーモニー管弦楽団

スペシャルコラボレーション

朗読劇と管弦楽
「ほたるかえる…そしていつもみていたふるさと」

音楽演出 東恒夫 田中祥弘
総合演出 朝隈克博

平成25年8月15日(木)18時開場 18時半開演
コミュニティセンター知覧町民会館ホール
前売券 一般1000円 高校生以下500円 (当日300円増し)

主催 劇団いぶき・川辺フィルハーモニー管弦楽団
後援 南九州市教育委員会・ホタル館富屋食堂


公演のお知らせ「水中家族」リーデング公演
水中家族

昭和17年 - 昭和22年
水中から見る時の移ろいは 悲しげでありました。
水中から見る星空は 優しげでありました。


作・演出 朝隈克博(劇団いぶき) 音楽 田中祥弘(劇団いぶき)
主催 鹿児島演劇協議会 後援 九州地域演劇協議会 鹿児島市芸術文化協会


日時 2013年1月19日(土) 14時開演(13時30分開場)
会場 ハートピアかごしま多目的ホール
料金 前売 500円  当日 700円

チケット予約・お問い合わせ
鹿児島演劇協議会 TEL・FAX 099-219-7671
MAIL hjntg616@ybb.ne.jp
劇団いぶき    MAIL dbu@mac.com

前売券取扱
山形屋プレイガイド・十字屋クロス・鹿児島演劇協議会会員
劇団いぶき劇団員

「水中家族」は,昭和17年から昭和22年までの世情を背景に、時代に翻弄されながらも誠実に生きようとする家族の姿を通して,人間の本質的な優しさと愚かしさに迫ろうと試みた作品です。また同時に、山村の美しい自然を舞台にしたファンタジーでもあります。
劇団いぶきから、俳優2人 演奏者 スタッフが参加します。ぜひご覧ください。


手のひらは満足か
 新作公演「手のひらを満月に」は昼夜2回公演で、1200人の皆様にご観劇いただきました。ありがとうございました。
 今回も公演日が近くなるにしたがってお問い合わせが増え,夜公演では前日から前売券販売をお断りせざるを得ない状況となりました。申し訳ありませんでした。

 このHPでも、公演の模様やその後の動きなどをUPしたいところですが、現在、劇団HPの全面改装を予定しておりますので、しばらくお待ちください。

 なお、当劇団の脚本演出担当者の最新書き下ろし作品「水中家族」のリーディング公演が、鹿児島演劇協議会主催で、2013年1月19日(昼1回公演)に催されます。詳細は逐次このHPでもお知らせしていきます。


** 新作公演のお知らせ **
手のひらを満月に

作・演出 朝隈克博
音楽 田中祥弘
振り付け 福田純代・上野由紀子

2012年10月6日(土)
14時と18時30分の2回公演

演劇見本市2011で上演した「新作公演に関するいくつかのこと」の本編です。

お見逃しなく!
お問い合わせはメールで。

※ 14時からの公演は、南九州市市民大学の貸切公演です。
 問い合わせは、知覧文化会館(0993-83-2111)

※18:30からの公演は、劇団いぶきの自主公演です。チケットの販売は9月中頃からになります。
劇団員から直接購入するか、メール(dbu@mac.com)で問い合わせてください。


緊急告知 8月15日2012年8月15日(終戦の日)に、朗読劇「ほたる かえる」を公演します。鳥濱トメさんの次女故赤羽礼子さんが残された「ホタル帰る」を原作に、トメさんの手紙や特攻隊員の遺書をいぶきの音楽にのせて朗読するお芝居です。

場所:ホタル館富屋食堂(南九州市知覧町)
時間:14:00 と 15:30 の2回公演

公演時間は約30分です。今年は、トメさんが亡くなってちょうど20年になります。心をこめて、トメさんが生きた場所で、この作品に取り組みます。


知覧ねぷた祭り
 本日(2011/7/16)は、知覧ねぷた祭り。劇団いぶきも祭り半纏でお囃子隊として練り歩きます!
「どうして知覧でねぷた」の謎は、近日発売される(かも知れない)劇団いぶき「恋と神様とねぷた囃しと。」DVDでどうぞ。お問い合わせはメールでね。


新作公演に関するいくつかのこと。
次回新作予告編←公開いたします。鹿児島演劇見本市2011で公演した30分の予告編です。
 最近、コラムも更新するように心がけているそうです。そちらもご覧ください。


鹿児島演劇見本市2011に参加しました。 
 今劇団いぶきが30分で表現できることを観ていただきました。鹿児島演劇協議会の皆様、各参加団体、スタッフの皆様に心から感謝申し上げます。

 演出家のコラムもご覧ください。


鹿児島演劇見本市2011
鹿児島演劇見本市2011に出場します。
2011年7月2日(土)14:00
鹿児島市民文化ホール市民ホール

次回新作の予告編を上演!
出場のいきさつはコラムで。


恋と神様とねぷた囃しと
平成22年度南九州市民大学からの依頼公演。
市民大学生500人と一般のお客様,約600人の方にご覧いただきました。

恋と神様とねぷた囃しとは,知覧ねぷた祭り5周年の記念して創作し公演したものを,さらにバージョンアップさせた脚本と音楽,ダンスで公演しました。


やまびこきつね&もちもちの木
 鹿児島県指宿市立山川小学校で公演しました。
「もちもちの木」斎藤 隆介 (著)の朗読と「やまびこきつね」を公演しました。
11月 7日(日),午前中は,子どもたちの学習発表会,午後から演劇鑑賞という日程でした。
午前中の子どもたちの,合奏や合唱,英語劇など,なかなか楽しい学習発表会でした。

写真提供 山川小学校


ナム!〜生きることから逃げてはいけない〜

 劇団いぶきの代表作「ナム!」を公演します。
 2010年3月5日 14:40 START
 会場は、なんと鹿児島市民文化ホールです。しかも第1ホール!
 
 今回の公演は、真宗大谷派鹿児島教区宗祖親鸞聖人750回御遠忌推進委員会さまの主催によるもので、入場は無料です。
お問い合わせ: 真宗大谷派鹿児島教務所 担当:松岡さま
       Tel 099-226-0111

劇団いぶき 「ナム!」
 作・演出 朝隈克博
 音楽 田中祥弘
 振付 黒瀬晴美、田辺由紀子


久しぶりに
コラムをUPしました。11月21日の鹿児島演劇見本市(鹿児島演劇協議会主催)に参加させていただいた記録として書いております。たいへん刺激のある経験でした。演劇協議会のみなさまありがとう。kuma


やまびこきつね・ほたるかえる
2009年2月22日 姶良町立三船小学校で「やまびこきつね」を上演させていただきました。
2009年3月1日 南九州市市民大学で「やまびこきつね」と「ほたるかえる」を上演させていただきました。
この公演で5人が初舞台を踏み、役者デビューを果たしました。お招きくださった三船小学校の皆様、南九州市教育委員会の皆様に心から感謝申しあげます。


南日本文化賞
第58回南日本文化賞
劇団員一同、ただただ驚いております。30年前にこの劇団を創設された先輩方、いつもご支援くださっている知覧町並びに知覧町教育委員会の皆様、そしてご観劇くださり、応援してくださっている皆様と共に受賞の栄誉に浴するものと存じております。これからも、地域の劇団としての原点と、素人集団であることの謙虚さを忘れずに精進してまいります。ほんとうに、ありがとうございました。 劇団代表 宮原俊郎


ネットラジオ
「ネットラジオゆくさ」の第16回放送:鹿児島を魅せるで、劇団いぶき「じいちゃんの日記帳」公演のことを語っていただいております。語り手は、演出家の竪山博之さんです。ありがとうございます。


岡部企画「帰去来」公演のお知らせ
岡部企画
「帰去来」 脚本・演出 岡部耕大
2007年10月31日(水)開演18:30
場所:知覧町民会館
全席自由2500円
当サイト左上のメールフォームからお問い合わせください。

 赤崎千夏(劇団いぶき・東京学芸大学演劇学ゼミ・
鹿児島県知覧町出身)出演!

 「帰去来」は、1990年岡部氏が書き下ろし、2005年に紀伊国屋サザンシアターで再演され、高い評価 を得ている作品です。この度、神奈川県及び九州各地で公演されます。

 岡部耕大(1945年生まれ)
 劇作家・演出家
 劇団「空間演技」主宰・日本劇作家協会理事
 1979年岸田戯曲賞受賞「肥前松浦兄妹心中」
 1988年紀伊国屋演劇賞個人賞受賞「亜矢子」
 代表作
 「トテトントン」「東京ナインガールズ」「断崖絶壁」ほか多数


ありがとうございました!劇団創立30周年記念「じいちゃんの日記帳」終わりました。
実入場者数、両日合わせて1395人!
本当に、本当にありがとうございました。


学校公演 U
知覧小学校に続いて、児童数45人の知覧町立浮辺小学校で公演しました。6月も下旬に入ると体育館は蒸し暑く、扇風機を回しながらの観劇会となりました。それでも熱心に観てくださいました。


学校公演
知覧小学校の全校児童約300人と、その父兄のみなさんに「やまびこ きつね」を観ていただきました。初めての体育館公演でしたが、なんとか成功しました。次は、児童数45人の浮辺小学校で公演します。(写真、解像度低くてよくわからないですね。奥の白い部分が300人の子どもたちです。公演2分前でまだ体育館の水銀灯がついている状態です)
コラム「学校公演のための照明システム」もご覧ください。


   劇団創立30周年記念公演

 「じいちゃんの日記帳」

   (公演日未定)
詳しいことが決まりましたら、このサイトでお知らせいたします。


矢櫃庵コンサート
知覧の武家屋敷群の端に矢櫃庵と呼ばれる茅拭き民家があります。この矢櫃庵の中でコンサートが開かれて、劇団いぶき音楽班コーラスチームが出演しました。いっしょに出演したジャンベ奏者のみなさんの演奏がすばらしかった!我らが音楽班コーラスチームも劇中歌を中心にたくさんの歌を披露しました。途中ジャンベとのコラボもありました。
太くて黒い梁や柱がむき出した古民家、囲炉裡の火と煙、そこに奏でられる音楽。奏者も歌い手も聞き手もひとつになって楽しんだ夜でした。
また、このコンサート以来、われらがコーラスチームは「かたいとらんず」と名乗ることとなりました。「かたいとらんず」のみなさん、これからも素敵な歌を聴かせてね。


知覧中学校演劇チーム + 劇団いぶき 公演成功!
知覧中学校の県中学演劇フェスティバル最優秀賞受賞記念公演の会場に、お客さんがあふれました。
満員の観客の前で、中学生はがんばりました。観客のみなさんは中学生が舞台に作り出す世界を受け入れ、笑い、涙ぐみ、拍手していました。ここは素敵な町です。

劇団いぶきの「やまびこ きつね」も進化して、町内初お披露目となりました。

すばらしい1日でした。


朗読劇「ほたる かえる」公演しました。
鹿児島信用金庫ハッピー会南薩支部交流会
のオープニングイベントとして朗読劇「ほたる かえる」を公演させていただきました。たくさんのお褒めの言葉をいただきました。ありがとうございます。
次は↓「やまびこ きつね」にむけて集中していきます。「やまびこ きつね」は、子どもから大人まで楽しめる劇団いぶきの最新作です。短い作品ですが、見応えはある!と、思います。


知覧中演劇同好会 + 劇団いぶき 合同公演
知覧中学校演劇同好会鹿児島県中学演劇フェスティバル最優秀賞受賞記念公演
2006年11月12日(日) 14:30開場 15:00開演
知覧町民会館(知覧特攻平和会館隣り)
入場無料

第1部 知覧中演劇同好会受賞作品公演
 「朗らかに エピソード2 誇り」

第2部 賛助公演
 劇団いぶき
 「やまびこきつね」
   


朗読劇「ほたる かえる」
昨年は、知覧特攻平和会館の館内で上演する機会を得ました。そして今年は、8月15日に「平和へのメッセージfrom知覧 第17回スピーチコンテスト」の行事の中で上演させていただきました。
もう何回も上演を重ねていますが、今回の稽古にあたっては、「決して慣れないこと」を、それぞれの役者が肝に銘じて取り組みました。これは、テクニックでやる芝居ではありません。芝居するために書かれたセリフではありません。遺書や手紙を書いた方々に稽古の度に真剣に語りかけてきました。毎回毎回泣きながら取り組まなければなりません。それができなくなったら、この演目を封印しなければならないと思っています。2006年8月15日に上演した「ほたる かえる」。劇中に出てくる実在した方々は、雲の上でどう聞いてくださったかは、わかりませんが、今回も一生懸命やりましたから、もう少し続けさせてください。


平和へのメッセージfrom知覧 第17回スピーチコンテスト「朗読劇 ほたる かえる」を「平和へのメッセージfrom知覧 第17回スピーチコンテスト」のアトラクションとして上演します。
2006年8月15日9:30〜13:15
知覧町民会館(知覧特攻平和会館隣り)
「朗読劇 ほたる かえる」は11:30くらいに上演予定ですが、ぜひ、スピーチコンテスト全体をご覧いただきたいです。全国からスピーチ原稿を募集し、選ばれた方々が知覧に来て、平和や命の尊さについてスピーチします。17年も続いている行事です。これまで、戦争体験だけでなく暮らしの中での命の尊さにまつわる体験など、たくさんのエピソードが、この場で話されてきました。地味なイベントですが、続けてきたことに大きな意味があると思います。
なお、このスピーチコンテストの模様は、インターネットでライブ中継されます。知覧町のホームページからどうぞ。


祝!知覧中 演劇 最優秀賞!劇団いぶきが拠点としている知覧町の知覧中学校が、第8回鹿児島県中学演劇フェスティバルで、最優秀賞を受賞しました。「朗らかに エピソード2 誇り」という作品で、参加10校の中での受賞です。劇団いぶきがかかわった訳ではありませんが、地元の中学生が演劇に取り組んで、しかもクオリティーの高い作品づくりを目指して県レベルの大会に挑戦していることを頼もしく思い、応援しておりました。知覧中演劇部のみなさんおめでとう!知覧町内では薩南工業高校の演劇部も活発に創作活動をしています。こんな小さな町で中学生、高校生、社会人と、演劇文化が育っていることを嬉しく思います。わたしたちもがんばっていい作品をつくらねば!


子ども劇場は楽しい!鹿児島市の「谷山北やまびこ子ども劇場」様のお招きで新作「やまびこきつね」と「ほたるかえる」を公演しました。実行委員のみなさんもお客様もとても温かく、すばらしい公演になりました。ありがとうございました。
また、親子で楽しめる新作「やまびこきつね」が、一応成果をみたことも、谷山北やまびこ子ども劇場のみなさまのおかげです。この作品を大切に育てながら、あちこちで上演できたらと思います。


「やまびこきつね」 と「朗読劇 ほたる かえる」ある子ども劇場様から、「ほたる かえる」の公演の依頼を受け、せっかくなので、2部構成にしようと思い。短い(30分ほどの)童話を書いてみました。「きつね。」で苦労してつくった耳や尻尾を眠らせておくのはもったいないという理由でキツネモノにしました。しかし、まだ、朗読劇っぽくやるか、芝居として作り込んでいくか決めていません。よって、子ども劇場様の公演依頼日に間に合うものか、今のところわかりません。そのうちお披露目しますので、観てやってください。

今年の知覧町の「平和へのメッセージfrom知覧 スピーチコンテスト」(8月15日 午前9時30分 知覧町民会館)で「朗読劇 ほたる かえる」の上演を依頼されています。まだ観ていない方はぜひご覧くださいませ。


KKBふるさとCMグランプリ「審査員特別賞」鹿児島県内の各市町村が、30秒のテレビCMを製作してその出来を競う「KKBふるさとCMグランプリ」の知覧町作品に、劇団員が出演協力しましたが、これが準グランプリにあたる「審査員特別賞」を受賞しました。出演といっても、今回作品は足しか登場しません。副賞として100回放送されますので、いぶきファンの皆様には、誰の足か想像しながら楽しんでいただければ幸いです。

CMの動画ここで見れます


10月24日鹿児島県立鹿児島水産高校芸術鑑賞会にて「ナム!」を公演しました。知覧町民会館に全校生徒移動しての鑑賞会となりました。熱意を持って鑑賞会に取り組まれた先生方、熱心に観劇してくれた生徒のみなさん、ありがとうございました!


8月11日 「戦後60周年記念みやざき市民のつどい(宮崎市主催・宮崎市民文化ホール)」で「ほたる かえる」を上演しました。2,000人収容の大ホールに満員の観客!劇団いぶきにとって貴重な経験となりました。
 改めて宮崎市長様はじめ市役所の皆様、市民の皆様に感謝申しあげます。


きつね。のDVDが出来ました。ご希望の方は、いぶきファンメールからご連絡ください。郵送いたします。また、知覧まちのくらもと写真館(0993-83-2326)でも取り扱っております。枚数に限りがありますのでお早めにお求めください。


劇団いぶきの歴史を年表にしてみました。OBの方々で写真などお持ちの方はぜひご連絡ください。いぶきの歴史


RSSを準備してみました。対応ブラウザの方はご覧ください。試験的に新着情報を掲載します。RSS


劇団いぶきファンメール劇団いぶきへのお問い合わせやご意見ご感想をお送りいただくためのメールフォームを設置しました。左上の「いぶきファンメール」です。こちらのメーラーの不具合によりこれまでお送りいただいた筈のメールが届いていない可能性も発覚しました。長く返信がない方は、恐れ入りますが、「いぶきファンメール」から今一度送信くださいますようお願いします。


ほたる かえる 去る3月30日に、知覧町が岩切章太郎賞を受賞しその受賞式で、「朗読劇ほたる かえる」を上演しました。岩切章太郎賞の選考委員であられる放送作家の永六輔さんと、作曲家の服部克久さんにもご覧いただきました。
 永六輔さんは、ご出演のラジオ番組「永六輔の誰かとどこかで(TBSラジオ・JRN系列)」で、劇団いぶきを紹介してくださり、「ほたる かえる」について、「よくできている。我々の世代がやると重くつらくなってしまうことを、二世代下の、戦争をまったく知らない世代の彼らがやることで、重いのだけど爽やかだった。」とほめてくださいました。
 「ほたる かえる」は、特攻隊員の心の母であった故鳥濱トメさんのご息女赤羽礼子さんと、石井宏さんのご著作「ホタル帰る」と、特攻隊員の遺書によって構成したものです。遺書もトメさんの手紙もすべて原文のまま、登場するエピソードも赤羽さんが、当時その目で実際に見た実話です。鳥濱トメさんや赤羽さん、そして遺書を残した特攻隊員の心情を、知覧で、そして戦争を知らない私達が語っているということを、永六輔さんは評価してくださいました。今後も続けて行かなければいけない、劇団いぶきの大切な表現のひとつです。


開演1時間前3ヶ月やってきたことを、すべて吐き出すのみ。自分を信じて、仲間を信じて!

「きつね。」当日パンフレットで、「文芸部員募集」の広報をしました。詳細をHPに載せる予定でしたが間に合いませんでした。近日中に載せますので、興味のある方はとりあえず、メールをいただきとうございます。


あと10日で初日を迎える「きつね」初日が終わると次の日は千秋楽!さらに3月30日には、朗読劇「ほたるかえる」が待っている。ほんとに出来るのか?という不安があった3月初旬。なんとかなるかというところまできた。ほんとに細かな部分の作り込みにきた。音楽班も大忙しです。唄や演奏、効果音に神舞(笛、太鼓、鈴)こりゃ週末は合宿だな。チケットはどうだ!課題はあるが不安を減らしていく作業が続いている。あと10日。きつね全開です。
 脚本家のコラムに練習日記がアップされています。こちらも読んでね!


きつね公演モードに突入!3月5日季節外れの大雪のため練習は中止になりました。
おかげでHPの更新ができました。
こちらではMP3で「オープイングソングのきつね」も聞くことができるよ!
チケット予約など問い合わせはdbu@mac.comまでメールください。


きつねダンスオープニングのダンスの稽古。
幕開けにダンスというのもいぶきの芝居の定番になってきました。
身体の固い人、柔らかい人…みんな必死です。

前売券発売中
劇団いぶき第7回自主公演
3月26日(土)18:00開場 18:30開演
3月27日(日)14:00開場 14:30開演
前売500円 当日700円

劇団員及び知覧町民会館(0993-83-2113)で発売中
遠方の方はmailでお問い合わせください。

コラム「脚本家の微笑み返し」に稽古日記をUp。


きつね練習・・・ 公演まで残り4週間となりました。「きつね」初の2幕ものということで、この長丁場を乗り切るべく日夜練習に励んでいます。チケットの印刷遅れで前売り券の発売が遅れております。申し訳ありません。発売したら購入方法などはネットでご案内申し上げます。


きつねの尻尾 身も心もきつねになりきるための、きつねアイテムを製作しています。結構いい出来で、「これいっぱい作って、公演日にロビーで売ろう」と思えるくらいの出来ですが、作るの結構大変。売るほど作れません。
 大道具、小道具の材料代などで、貯金も尽きました。そろそろチケットを販売しなきゃ。みなさんよろしくお願いします!
 


きつね情報 きつね情報と書くと「きつね発見」情報かと思われるかもしれない。劇団いぶき「きつね」公演までの準備状況や練習風景などをお知らせします。
 さて、役者は台詞が完璧に入った人もいますが、まだまだです。がんばります。ってか、かなりがんばってほしい。音楽は、まだ2曲も完成していません。2月は合宿だ!。インフルエンザが猛威を振るう恐れがあります。毎年冬の練習は風邪との戦いです。手洗いうがいの徹底で乗り切るぞ!


謹賀新年賀正、迎春、ハックシュン、明けましておめでとう、初春のお慶びを申し上げます。
 今年は狐年ということにして、いぶきファンの皆様だけが幸多い1年でありますよう心よりお祈りいたしまして新年のごあいさつといたします。

 さて、新作「きつね」は3月26日(土曜日)27日(日曜日)の2回公演です。前売り券は2月になってからHPでご案内いたします。今回は、初の2幕ものということで劇団員もどうすれば幕間を楽しんでいただけるか思案しております。CDや写真集、グラビアも取り揃えることができるか心配ですが、ぜひ観劇くださいますようお願いいたします。


次はきつね?? 知覧には尾の鼻の狐伝説って狐にまつわるお話がありますよ。狐踊りって郷土芸能もありますな。日本全国いたるところに私ら妖狐はいて、いつも人間の幸せを願い、人間とともに、そう、あなたとともにいたのです!
ということで、劇団いぶきの次回作は、2005年春です。
タイトルは「きつね。」お楽しみに!脚本家のコラム


オリジナルCD!なんと、劇団いぶきのCDを作ってしましました。
「ナム!」で使った劇中歌やこれまでの作品を録音しCDにしました。
ばあさんの葬式、ま白な薔薇を、せれなーで、峠の花、言えない言葉
知覧茶摘み唄、柿の木のある家のオバア、月、津軽夢旅情、台風の歌、報われる郷
の11曲を収録しています。欲しい方はメールください。


ナム! 12月3日、コミュニティセンター知覧町民会館で「ナム!」を再演しました。2003年2月の初演から役者も変わり、今回が初舞台となる団員もいましたが素晴らしい舞台ができました。
 劇団いぶきでは、チケット売上げの一部を日本赤十字社を通じて新潟県中越地震の義援金として寄付させていただきました。公演終了後にも出口で募金に協力していただきました。本当に地域の方々に支えられた公演となりました。また、仏具や衣装など協力していただいた知覧仏教会の皆様にも心から感謝いたします。


ナム!再演決定 2003年2月に公演した「ナム!」の再演が決まりました。2004年12月3日(金)コミュニティセンター知覧町民会館18:30からです。
 今回は1回公演です。前回観逃した方、もう一回観たい方、ナム!をお楽しみください。配役が前回とちがうためひと味ちがったナム!になります。前売り500円、託児所あります。


BACK STAGE(総合舞台情報サイト)に劇団いぶきのレポートが掲載されています。
  8月22日に鹿児島を訪れたBACK STAGE統括 鏡田伸幸氏と劇団いぶきとのインタビューが記事になりました。劇団いぶきの紹介や「ナム!」のことが、知覧町レポートやインタビュー記事が掲載されています。

BACK STAGE REPORT



いぶきの公演の写真
ナム!
朗読劇「ほたるかえる」
平成茶摘み唄事情
〜お父さんに気をつけて〜
恋と神様とねぷた囃しと
涙小僧
約束
奇跡〜夢咲町商店街応援歌〜
ふるさと列車騒動始末
青年団時代の作品
バックステージ
Made on a Mac
GetQuickTime
 

劇団いぶき事務局
897-0302 鹿児島県川辺郡知覧町郡17133-5
メールでの問い合わせ

Copyright(C) 1996 - IBUKI. All Rights Reserved.
本サイトに掲載されている記事・写真・音楽・動画などの無断転載を禁止いたします。