北[広域公園 北[広域公園
サイトのトップに戻ります 公園の概要や利用方法をご案内をします 園内の各エリアご案内します 園内の施設をご案内します キャンプ場,運動広場をご案内します イベントや各種教室の情報をご案内します 園内の開花情報や植物・昆虫等等の情報がご覧になれます 関係機関へのリンクをご案内します
昔の生活を案内します 宮之城島津家の菩提寺宗功寺の紹介です 北薩の霊峰紫尾山を紹介します 園内に咲く花を紹介します 園内で観察出来る野鳥を紹介します 園内で見られる紅葉を紹介します
宗功寺公園
この公園は、宮之城島津家の菩提寺・宗功寺跡で歴代領主の巨大な墓石群があります。
宗功寺は2代目忠長の時に創建し、島津家菩提寺でしたが、明治元年(1868年)の廃仏毀釈で壊されました。
中央の石造りの亀の上に作られた碑は「祖先世功碑」といい、林春斎の文章で5代久胤(久竹)が建てたもので、
この巨大な墓石群は九州一の規模といわれています。
公園内には2代目忠長から16代長丸までその家族も含め33基の墓石があります。
初代尚久の墓は南さつま市の竹田神社の境内に、15代久治の墓は鹿児島市吉野町から平成3年に
この墓地に改葬されました。
宗功寺墓地は昭和50年3月31日に県の史跡に指定されました。
また、養蚕業の先覚者・菅野平十郎の頌徳碑も公園の一隅にあります。
公園内にある案内板
墓石群側面 墓石正面
祖先世功碑 地元では、この碑に書いてある文を全部読めれば台座の亀が川内川を泳ぐと言い伝えられてます。
(画像の碑文の部分をクリックすると文がアップでご覧になれます。)