1993年(12月11日)日本で始めて126番目の世界自然遺産地として登録されました。)(合併前の図です。)






神話の山々と屋久杉の島「霧島屋久国立公園」  
霧島火山群と櫻島から佐多岬、指宿までの鹿児島湾、それに佐多岬から南方60・の屋久島の三つの地域が公園になっています。その特長は神話の国にふさわしいのびやかな風景の霧島の山々と、屋久島の屋久杉を中心にした巨樹林にあるのではないでしょうか。
霧島の山々は、韓国岳(1.700m)、高千穂峰(1.574m)など23座の火山が、狭い地域に肩を寄せ合わせるように集まっています。
屋久島は九州の最高峰、宮之浦岳(1.935m)を中心とする花崗岩の島です。この島の呼びものは、なんといっても屋久杉です。それは樹齢1.000年を超えるもので、標高600mから4.800mまで、広い範囲にわたってありが、1.200m付近が最も多いようです。単木で立つ巨樹のなかでは、縄文杉、大王杉、万代杉などが有名です。いずれも推定樹齢2.000年以上、最も太いもので幹回り16mに及ぶものもあります。また、この島ではシカやサルなどの野生動物が多く、利用者はそれらを比較的容易に見る事ができます。財団法人 国立公園協会 自然への招待より
日本の縮図・垂直分布帯
標高が高くなると、空気が薄くなっていく。空気が上昇していくと、気圧の低下とともに膨張して、その際に熱を失う。断熱膨張である。このため、標高が高いところほど気温が低い。高度が100m上がるごとに0.6度前後、気温が低下することが知られている。これを気温の逓減率という。屋久島は標高差が2.000m近くあるから、低地と高地の気温のちがいは12度にもなる。そこで先ほどの暖かさの指数と標高との関係をみてみよう。照葉樹林帯の上限と一致する85度・月は標高1.020m付近、夏緑樹林帯すなわち落葉樹林帯の上限と一致する45度・月は標高1.860m付近にあたる。したがって標高1.860m以上、宮之浦岳の山頂付近75mほどは亜寒帯針葉樹林帯に含まれることになる。また、別のデータによる気温の逓減率をもちいると、照葉樹林帯の上限は標高1.200m、夏緑樹林帯の上限は宮之浦岳の高さを越える。屋久島に亜寒帯が存在するかどうかは別にしても、日本の縮図とよばれるのはこの高度差のためである。
屋久島は、九州最南端の佐多岬から南海上70キロに浮かぶ周囲132キロ、面積約503平方キロのほぼ円形の島である。九州一の高峰・(標高1935メートル)をはじめとして、1.800メートル級の山七座を擁する山岳島としてしられている。黒潮洗う亜熱帯の海岸部から、四月まで雪をいただく亜寒帯の山頂部までのさまざまな環境には、豊かな降水量にも恵まれ、シダ植物388種、種植物1136種の自生が確認されている。植物は赤道に近いほど、また島の面積が大きいほど種数がおおくなるのがふつうである。屋久島よりさらに南に位置し、面積も大きい奄美大島では、帰化植物を含めても1.300種あまりでることを考えると、屋久島の植物相の豊かさがわかる。九州大学の矢原徹一博士らによると、屋久島には、世界でここしかない固有種が47種、また固有変(亜)種31種が確認されている。大きな陸魂とつながったことのない大洋島では固有種の率が高い。たとえば、小笠原諸島に自生する種植物238種のうち、67パーセントガ固有種である。しかし、日本本土と一度でもつながった歴史を持つ大陸島では、屋久島ほど固有種が多い島は他にない。このことだけからも、植物相からみた屋久島の特異性を知ることができる。巨木の森と水の島の生態学「湯本貴和薯より
上屋久町小瀬田入り口
秀吉と屋久杉(天正14年・1586):豊臣秀吉は1586年、京都の東山に建立する方広寺大仏殿のために、薩摩藩主・島津義久に建材の調達を命じました。このとき伐採されたのが、樹齢3000年といわれる屋久杉の巨木でした。その切り株のひとつが、ウイルソン株だといわれています。
ローマ法王庁の宣教師ジョアン・バティスタ・シドッチは、1708年、キリスト教の布教のために、屋久島南部・恋泊の唐之浦に上陸しました。シドッチは、まげを結い刀を差して武士の姿に変装していましたが、すぐに捕らえられ江戸に送られました。江戸で取り調べにあたった新井白石は、シドッチの広い見聞や知識に感服し、その内容を「采覧異言」や「西洋紀聞」にまとめています。シドッチは江戸で獄死しました。
伊能忠敬、屋久島を測量(文化9年・1812)江戸幕府の命令で、日本列島をくまなく測量していた伊能忠敬は、1812年3月に屋久島にもやってきました。総勢19名の測量隊は、安房港を起点として、北回りと南回りに分かれ、永田まで約1ヶ月かけて測量しました。忠敬の作った屋久島の地図は、現在の地図とあまり変わらない精巧なものでした。
縄文人と丸木舟(紀元前2000年〜1000年)ごろ。屋久島の縄文後期の遺跡からは、沖縄や奄美大島の影響を受けた松山式土器が出土します。このことは、当時から海上交通が盛んだったことを物語っています。また、屋久島を中継地として、南の島々と本土との文化交流もおこなわれていました。縄文人の海上の往来を可能にしたのが丸き舟で、その材料にはタブノキやヤクタネゴヨウマツが使われました。
ウイルソン博士来島(大正3年・1914)アメリカの植物学者E.H.ウイルソン博士は、屋久島を2度調査しました。植物の種類が多いこと、生態がたいへん特殊で貴重なことなどを学会に報垂、屋久島を世界に紹介しました。有名な切り株"ウイルソン株"は、彼の名前に由来しています。
屋久聖人・泊如竹と屋久杉の伐採(元亀元年〜明暦元年・1570〜1655)泊如竹は、1570年に安房の船大工の長男として生まれ、6歳で家出し、安房の本仏寺に入りました。さらに京都の本能寺で修行を積み、晩年は島津藩主に仕えた法華宗の高僧です。74歳で屋久島に帰り、島の人々が「神の宿る木」と畏れて切らずにいた屋久杉を、神の許しを得たからと人々を説得して、伐採するよう指導しました。屋久杉から平木がつくられ、藩や屋久島の財政を救いました。
小説家・林芙美子は、長編小説「浮雲」を安房の宿で執筆し、雨の多い屋久島の自然を細かく描写しています。有名な「月に35日雨が降る」は、島に着いた主人公を出迎える営林署員の言葉に出てきます。「はア1ヶ月、ほとんど雨ですな。屋久島は月のうち、35日は雨というくらいでございますからね・・・」。
椋鳩十と屋久島(明治38年〜昭和62年)1905〜1987
椋鳩十は長野県下伊那郡にうまれ、小さいときから大自然の中で動物に親しんで育ちました。大学卒業後、鹿児島県で教師をしながら、少年少女のために多くの動物文学を執筆しました。屋久島の動物をモデルにした作品には「ヤクザル大王」「片耳の大シカ」「野生の叫び声」などがあります。
最大の屋久杉・縄文杉発見 昭和41年(1966)
縄文杉は、上屋久町役場の岩川貞次氏によって発見されました。高塚山南側斜面で発見されました。
胸高直径5.22m、樹高25.3mで、現在確認されている最大の屋久杉です。樹齢は、さまざまな説があり、
推定で2600〜7200年といわれています。
屋久島トピックス〜屋久島絵年表〜(上屋久町ふれあいパーク)より
ヤクシマシャクナゲ
ウラジオガシ
グンバイヒルガオ
ヤクシマフヨウ
クワズイモ(果実)
ヘゴ(木生シダ)
サクラツツジ
工事ヶ所有り、私は台風の影響等で交通に危険を感じながら通っています。白谷雲水峡(自然休養林) 白谷雲水峡は標高800m、面積424ha、ヤクスギなど原生林を容易に鑑賞出来ます。またハイキングなど気軽に訪れる最適の森林レクリェーション地区として昭和49年3月自然休養林に指定され、宮之浦から12キロ車で30分、休養林内30分60分、2時間30分の原生林鑑賞コースがあります。
ヤクスギランド(自然休養林) 屋久町 車で行ける「40分」近距離安房から車で16・標高1.000mの所「49年自然休養林」に指定されたヤクスギランドがある。レクレーションの森として開放され、屋久島森林生態系保護地区の保全利用地区、保健保安林及び霧島屋久国立公園特別地域でもある。ヤクスギと土埋木が自然のまま残されており、観賞しながらヤクスギと人との共生、森林のメカニズムが勉強できる。母子杉.天柱杉.蛇紋杉などの推定樹齢2.000年前後の巨木を見ることが出来ます。
場所、時間の記入、は目安としてお考え頂ければ幸いです。
交通機関は、1.飛行機 2.飛行機と船便で屋久島入りがあります。.
『11月からは冬期時間になります。』「時間、料金はご確認下さい。ダイヤ変更ドック等で変更もあります。」
●1.船便・トッピ−「ジェットフォイル」鹿児島-屋久島間.予約問合せ鹿児島営業所TEL099-223-4251.................
●2.フェリー屋久島2 鹿児島発8:45 宮之浦港着12:30.特別A.特別B1.特等.1等.2等
【予約問い合わせ】予約センターTEL099-226-0731..........................................................
●3.日本エアコミューター鹿児島-屋久島間約40分片道 .往復 .............
問合せ:航空代理店TEL 0120-511283屋久島空港TEL 09974-2-1200.......

屋久島観光協会・お泊り総合案内ページへ

○ 高速船ロケットト・コスモライン予約センター099−223−1011 西之表 0997−2211
   屋久島099−42−20030  高速船ロケットのご予約・お問合せ
.

島内一周コース】宮之浦*ウイルソン株記念碑*屋久島環境文化村センター○安房*屋久島環境文化遺産センター○麦生*千尋の滝○尾之間*尾之間温泉○平内*平内海中温泉○中間*ガジュマル○栗生*大川の滝*西部林道永田*ウミガメ産卵地○一湊*一湊海水浴場○志戸子*ガジュマル公園.他