奄美島唄

  島唄と言うと「THE BOOM」がヒットさせた「島唄」がすぐに思い出されると思います。カラオケでの定番となっているこの曲で、一躍「島唄」という言葉が世の中に浸透したと思います。しかし、実はこのことが世間に大きな誤解を生んでいます。
 かく言う私も誤解していました。奄美に来るまでは・・・。
「THE BOOM」は沖縄のバンドで、「島唄」とは沖縄の唄のことだと思っていました。

 このような間違った情報と言うのはやはり正していかなければなりません。

 
「島唄というのは、奄美の唄であり、奄美以外の島の唄は島唄ではありません!」

 奄美に来て私は島唄の魅力にとりつかれてしまいました。大のロック好き、それもハードロックが一番肌に合うと自認しているこの私がまさか民謡(島唄)にハマるとは(^^;
 人生何が起きるか分かりません!

 今では、ハードロックやヘヴィメタルに混じり普通に島唄を聴いています。ていうか島唄の方が聞く回数が多いような気がします(^_^;)

 島唄は、まずその層の厚さに驚かされます。そして、そのレベルの高さに驚きます。内地(この言葉には色々問題があるようですが、敢えて使わせて頂きます。m(_ _)m)では到底考えられない程島の人達の間に浸透しており、どこでも当たり前のように歌われ演奏されています。まさに島の人達の生活の一部と言えるでしょう


 島唄は、奄美が世界(日本ではない!)に誇れる一大文化であると私は思います。

 このような素晴らしい文化を島に埋もれさせておくことは、奄美にとって、日本にとって、世界にとって大変な損失です。何とか世界中に伝えなければと思います。

奄美民謡大賞

群島TOPへ

島唄の聞ける店
島唄関連
奄美の唄者