2013/12/29

たいやきおいしいです(挨拶)

 

たいやき奢ってくれたらぱんつ見せてあげる的なのか、それともぱんつを脱がないと食事が出来ない性質なのか、諸々解釈分かれるところですが別に何も考えていません(正直者)
ぱんつが描きたかった……理由など、それだけで良い。

クリスマス絵というよりは冬っぽい絵を描きたいという気分だったので。
コミケ終わったらもうちょっと凝った感じのを一枚描きたいです。
具体的には背景込みのやつで。
たまには一枚の絵に時間かけてみてもいいんじゃないかなーみたいな。
下書きの時点でそれに見合うものが出来ればですけど……。

個人的にたいやきってあんまり食べたことがなかったりします。
別に嫌いというわけではないのですけど。
大判焼きでしたっけ。あっちは冬場になると2〜3回は食べてます。
そういうのが美味しい店が近所にあるからというのもありますが。
嫌い、というと甘栗とか苦手だったのですけど、最近食べたらめっさ美味しくて、やっぱり年齢と共に味の好みとかも変わっていくのかなーみたいな。

なんかこう、味覚を通じてそういうことを考えてしまうというのはやはり年の瀬だからなのでしょうか。
ふと気づいたら一年を振り返ってたりもしますし。
大抵は後悔が押し寄せてきて、胸を締め付けられるんですけど。
そんなふうに思考をセンチメンタリズムの海に漂わせながら寒空の下を歩き、家に帰ってこたつに潜って暖を取れば、いつの間にか「こたつで暖められた女子中学生のぱんつとか靴下の仕上がり具合」のことを考えたりして、少しだけほっこりとした気分になったりとかして。
冬は本当に業が深いですね。

その業の深さの象徴とも言えるイベントがまた今年も近づいて参りました。
週間天気予報を見た感じ、コミケ期間中は晴れる見込みのようで。
気温とかも去年に比べれば難易度は低めなのかな?
インフルやらノロやらが蔓延しているらしいので、参加される皆様は体調管理をしっかりとして臨んでください。
去年は当日の昼前ぐらいから風邪の症状が出始めて、発熱状態で売り子をやっていたので……風邪引いてる友人の家に宿泊したので当たり前の結果なんですけど、今年はそのへんも猛省しつつ、万全の体調で臨みたい所存です。
自分だけじゃなくて人様に感染してしまう可能性だってあるわけですし。

そんなわけで今年の更新はこれで最後となります。
コミケに参加される皆様とは、会場でお会いできることを期待しています。
それではまた来週っぽい。

 



Web拍手とか。

ヴェールヌイちゃんロリっ子なのにおブラ着けてるのがまた……!ジュニアブラの真ん中のリボンってなんであんなにエロいんでしょうね!! ところで、冬コミで出される艦これ本はやっぱり委託しないこともあって発行は小部数になっちゃいそうです?
部数的にはメインのくまさん少女本が10とすれば艦これ本の方は9ぐらいの割合で用意しております。
最近は数に余裕を持たせているので恐らく大丈夫なのではないでしょうか。

あなた様のイラストを見せることで2名ほどこちらの世界に引き込む事に成功しました。
自分の絵で目覚めていただけたというのは絵描き冥利に尽きます……感動しました。

果物リントぱんつはおんなのこが何度も履いている内にどんどん熟成されていくのですよ。洗濯しても落ちないくろっちの染みみたいな?
発酵させず、瑞々しさをいつでも保っていられるようにケアしてあげるのが大事ですね。

ハラショー、コイツは力を感じる(性的な意味で
せやろか。せや。

艦これ本が会場限定とは口惜しいっ…! ラバウル泊地から日本は遠すぎるっ
余るようなことがあれば別のイベントに持って行く、とは思います。
ラバウルは遠いですね、ゲーム世界と現実世界的な意味で><

おっさん、たまちゃんのペーパー期待しとるんやで
ほんまかいな。
ほんまかいな……。

挨拶の一文で、ぱんつはいたまま机の角にこすり付けちゃうから、ぱんつの前のところだけ布がほつれちゃってる女の子を想像し、興奮しました。
自身の蜜で湿り気を帯び、そのまま上から擦ったりしちゃって、少し生地がごわついてるんですよね、わかります。



2013/12/18

ヴェールヌイちゃんはきっと机の角とかすき(偏見)

 

冬コミ新刊その2、艦これ本の表紙絵。
表紙はヴェールヌイちゃんですが、中身はよろず的というか、サンプルが夕立だったりするように、好きなキャラを最近のお気に入り上位ランキングからチョイスして描いてます。
具体的には夕立、時雨、漣。
ヴェールヌイちゃんのみ漫画で、他はイラストだったりサンプルみたいな感じだったり。
漫画の方はエロ漫画ではあれど……描いているときは気にならなかったのですが、セリフを入れたらギャグ漫画になってしまった感がひしひしと。
何もかも提督が悪い。
以前出した「たまちゃんとぱんつ」という本をご存知であれば、大体あれに近い雰囲気に仕上がってる、と思います。
そういう要素も含んでいるため、敢えてサンプルは別のページからセレクトしました。

こちらの本に関しては委託販売等はなく、会場頒布限定となります。
理由としてはページ数が少ないというのと、自分自身グッズにあまり興味がないのでそれだったらもう一冊軽めの本を作ろう、という経緯から生まれた本なので。
最初は表紙もモノクロで、いわゆるステッチ本(オフセットでおおよそ一番安いであろうプラン)にしようと思っていたのですけど。
ヴェールヌイちゃんのカラー絵は以前から一度描いてみたかったので、もういいや塗ってしまえ、というノリで普通のカラー表紙オフセ本に。
などなど加味して、こちらの本は200円での頒布を予定しております。

自分の本では数年ぶりの二次創作本です。
オリジナルがメインになっている理由は以前にも何度か日記で触れているので割愛しますが、久々に心底描きたいなーと思わせてくれるジャンルだったので。
恐らくこの機会を逃したらもう描くことはないだろうな、と確信していたので、スケジュール的にはいっぱいいっぱいでしたが、なんとか形まで持って行くことが出来て胸を撫で下ろしております。
一冊フルで艦これ本を作ってみたいと思わなくもないんですけど。
今はまだ思うだけだったりします。

いつもおまけで配布しているポストカードは今回はありません……が、ペーパーぐらいはある、かも、しれません。
まだ一切着手していない上に本番まで残り日数もわずかなので、こんな言い回ししか出来ませんけども。
ペーパーとか毎回作ろうかなーとは思うんですけど、絵より文章の方が問題でして。
以前に2〜3回は配布したことがありますが、確か最初のペーパーはねこさん語で「み♪み♪」とか「みゅー♪」しか書いてなかった覚えがあります。
毎回来て下さって、この日記も読んでおられるような方であれば「ああ、いつものか」で済むかもしれませんが、会場でなんの気なしに手に取られた方が見たら「えらいとこの本買うてもうた」と、ちょっとしたサイコサスペンスホラーが始まりかねません。
1P丸々、細かい文字でびっしりとあとがきで埋め尽くしてみたりとか。
あれ、自分で見てもどうかしてると思いますからね。
普段言いたいことは日記やらツイッターで吐き出してしまっていますし、年に基本三回しかイベントには出ていないので、特に次回のイベントに向けてどうたらと告知するようなこともなく。
だったらもう人語を捨てるしかないじゃないですか。
さすがにサイコな感じのは少し自重していこう、と思った次第です、はい。

ペーパーを作ったならその旨はまたTOPにて告知したく。

あとまったく関係ありませんが、いちご柄のぱんつは罪深いと思います。
罪深いというか業が深いといいますか。
別にいちごに限らず、果物系のプリントのぱんつ全般に言いたいのですけど。
ぱんつって基本的にはいてると汚れていくものじゃないですか。
人体で一番汚いであろう部分に常に密着しているものじゃないですか。
そんなところに果物の絵をプリントしようという発想に、改めて感服した次第です。
女の子のぱんつが異常にかわいいのは、そういう人間的な生々しさを女性的な幻想で覆い隠してしまおうという理念に基づいているからだと自分では解釈しているのですけども。
果物系のプリントは思うに、その最たるものだと思うのです。
見ているだけで柑橘系の風味に鼻腔を刺激されるような。
実際に嗅いで、その幻想が打ち砕かれたとしても。
そこにいちごぱんつがある限り、まるで傷だらけでボロボロになった騎士が最後の力を振り絞って姫を護り両腕を広げて立ちふさがる様を幻視してしまうでしょう。
現実においては業が深く、そして幻想においては気高く凛々しい。
それがいちご柄ぱんつなのだと、そう思いました。
まる。



Web拍手とか。

ぱんつの中身?ぱんつが中身?
よくわかりませんが、ぱんつが中身、というのは少し哲学的だなと思いました。

嗚呼・・・なんだかこの銀髪ちゃんの表情イロイロとヤヴァイかも。や、今までのも十分にヤヴァイんですがね。つまりアレです。「惚れたッ!!」てヤツです。えぇ。それにしても、入稿早いですね。きっと、段取りが上手いんだろうなぁ。でもって、内容についても「ひとりえっち」ということで一安心。男とキャッキャウフフなんて耐えられませんから〜。(逆に女の子なら無問題☆) @エーコ
もう長年続けている作業なので、一日あたりのノルマを決めて締め切り日から逆算すればスケジュール的には固めていけますからね。
ひとりえっちはひとりえっちですが、性交シーンが無いわけではないのです。
とはいえ方向性的には安心して頂いて問題ないと思います。

このちょっとうっとりとした表情がたまりませんね!
ラフの方ではちょっと挑発的な表情でしたが、こっちの方がエロ本っぽいよね! ということでこっちになりました。

熊井さん「ぼくにも仲間に入れてクマーイ!」少女「このくまさん達と仲良くしてくれるならね」
くまさんをクッション代わりに座ろうものなら即10円玉握り締めたグーパンが飛んできます。

ぱんつの上からなら修正は関係ないぜ
たまーに、ぱんつの上から修正入ってる本もあるから油断なりません……。
恐らく濡れて過剰に透けているために修正が入っているのでしょうけど。

オトナっぽいのにロリぃ感じで不思議ですぞ!
自分で大人っぽく描いたつもりでも周りからはロリ絵だと言われることが多かったので、いっそ今回は開き直ってみた次第です。

今回は今までよりも等身が高め?年齢が上昇?ど、どうしちゃったの?(困惑)
ぼくの二次元的ベストストライクゾーンはちゅうがくせいです。
ロリロリしいのは艦これ本の方のヴェールヌイ漫画でやっております。



2013/12/01

くまさんしゅきしゅきぱんつもしゅき(挨拶)

 
 裏表紙差分

冬コミ新刊表紙絵を裏表紙差分と共にぺたり。
つい先日入稿を済ませ、これで印刷所の方で何か問題がなければ無事に新刊を出せる運びとなりました。
くまさんだいすきーって感じでえっちなことをする本、と一言で説明がついてしまう内容ではありますが……仕上がってみれば割とメルヘンの皮を被った狂気というか、見方によっては非常にサイケデリックな仕上がりになったのではないかと、主観的にはそう感じます。
全体的なノリで言えばQMA本のときのような雰囲気を目指してみたつもりです。
あの当時の本をご存知の方なら、「ああ、ああいうのか」と察していただけるのではないかと。
アレをオリジナルでやったらこうなった、みたいな感じの本です。
というかもう、それ以外に説明のしようがなく。

ともあれ銀髪少女の全力ひとりえっちを楽しんでいただければ幸いです。

途中で少し弄って本文のページ数を増やしたので、予定よりも時間がかかってしまいました。
原稿の真っ最中にOSを32bitから64bitに入れ替えたりする暴挙も原因ではあると思いますが……。
フルデジタルで何の気兼ねなく作業出来る環境になったのはいいのですが、そのせいで動かなくなったアプリの代替を探してきては扱いに手間取ったり、まあ諸々と。

今回は総集編を出す予定でしたが、またしても、という感じで申し訳ないのですが、見送らせていただくことに……。
総集編の締め切りに間に合いそうにないというスケジュール的な問題もありましたが、何より今回から18禁同人誌の性器等の修正が厳しくなった(なりそう)という話が出て来ており、従来の海苔貼り(よくある黒い帯のアレです)ではアウトになる可能性もあったりなかったりと、実際にコミケ当日を迎えてみないと何とも言えない状況である、というのも一因です。
元々、自分の本は結構強めに修正を施しているつもりですが、結構攻めてるページもあったりなかったりするので、それらに全部再修正を施すのは骨が折れるわけで。
それらは時間があるときに少しずつやっていけばいいとして、ともあれ今回は修正基準を様子見する意味でも一巡見送りという方向で行きたいなと。
無理に出して発禁食らったら何の意味もないですし。

そんなわけで、今回の新刊の修正はいわゆるコンビニ誌基準で修正しております。
真っ白に塗り潰してある、アレです。
個人的には海苔貼りよりエロく感じるので、本当にこれでいいのかという気がしなくもなかったのですが。
逆に、これでダメならもうエロ本とか存在すら許されないだろうというレベルの修正だと思うので。
おそらく、きっと、大丈夫だと思います。

これで原稿は終わり……ではなく、時間の許す限り、二冊目の新刊を作ろうかと。
総集編も出せなかったので、ならせめて代わりに何か……と考えた結果、もう一冊本作ればいいんじゃね? という結論に至りまして。
とはいっても締め切り的に残り時間は半月を切っているので、それ相応のページ数になると思いますけども。
こちらはもし間に合えば、会場限定で頒布しようと思っています。
グッズの代わりみたいな位置づけですし。

次はそっちのほうの表紙絵で更新したく。
なんとかクリスマス絵を描く時間くらいは確保したい。

また来週。



Web拍手とか。

うぅ…線画にして既にこのおぱんつの質感…あなたこそまさにおぱんつ星人!
塗ってみたらこうなりましたがいかがでしょう><

青山テルマと青ブルマは表記が似てるのね
せ、せやな。

JC・・・ごくり・・・くまさんのぬいぐるみになりたい・・・
想像するだけで鼻のあたりがむずむずしてきますね。

そのポーズはもはや足をなめろっていう感じだ。
この子に限って言えば、足の向かう先はもう一体のくまさんでその股間あたりを踏もうとしてるんだと思います。

年下の大人びた子と年上のロリっとした子、どっちと付き合いたいですか?!
その二択なら前者ですが、後者が見た目小学生にしか見えない三十路とかソレ系のことを指しているのであれば後者でも断然アリです。

ここでスク水を買いました。http://www.voltage.ne.jp/index.htm
非常に参考になりました。
機が熟したならば自分も攻めたいと思います。

「うふふ、たくさん可愛がってあげよう」「ぼくにも構って!」「いいやボクに構って!」「」
「こらこらケンカしないの!ほら胸元においで」
中学生にもなってぬいぐるみとおしゃべりとか……最高ですね。

やっ、正味、最近のJC5のチチはあれぐらいあるで。まじで。そうやろ?見たことあるやろ、兄弟?(訳:冬にほたるんの薄い本を買いあさるための金策に困ってます! > < )
最近はJSすらデカパイぶらさげて歩いとるさかいの!えらいこっちゃで!ガハハ!(ほたるんとこまりんの百合レズ本、自分も読みたいです><)

最近流行りのインナーパンツ(ミニスカートからパンツが見えないように穿くスパッツの丈の短いやつ)についてどう思いますか?
非常に心苦しい話ではありますが、そういう時代なのであれば致し方ありませんね。
しかしそこにぱんつがある、今この子はぱんつをはいているんだ、という事実だけでぼくはそれだけで充分満足です。