―没後―


Adult only!!

Coming out


思い出すだに鬱
Under construction
Under construction
「ふたりぼっちのワルキューレ」連載中
自作自演妄想劇場
D・T・K! D・T・K!
Under construction

Under construction...

Heaven' in

管理人
RYO

イマラチ(略)
タロリロ

絵師
Chikisho


妄想過去ログ

2013/07


2013/07/30

わんわんとあそぼう(挨拶)

 

今年の抱負は特に季節モノとか考えず描きたいものを描きたいときに、という方向性でしたが、こう暑いと涼しげな絵の一枚でも描いてないとやってられないわけで。
わんわんって水遊び超好きな子とかいますし。
濡れた身体を全身を激しく振り乱して水を弾き飛ばす様とか死ぬほど可愛いです。
いわゆるけもみみ系の女の子でも、そのへんの習性は変わらないんじゃないかなーと思う次第。

最近の個人的な趣向として、ぺちゃぱいよりはやや膨らみのある胸の、特に下乳にときめきを覚えます。
なんかこう、頑張ってる感が好きです。
少し前の自分ならきっとスク水絵にしてたと思うんです。
なんだかんだ言って、断崖絶壁に限りなく違い胸にはスク水がベストだと思うので。
なのに、ささやかとはいえ下乳を描きたいという欲求に身を委ねてこういった形になったということは、やはり自分の中で未だにアクティブに性癖の変化がじているのだと、ちょっとした得体の知れない安心感を覚えます。
明日にはいきなり巨乳フェチになってる可能性だってあるわけです。
そうやって性癖が変遷するのはきっと精神的に若いという証拠だと思うので、その感覚は大事にしていきたいなと。

そんなわけで連日の更新でございますけれども。
これまでアナログで線画までやってスキャナで取り込んで以降はデジタル作業、としていたものを、ラフの段階で取り込んでデジタルで線画を起こすやり方にしてみました。
やっぱり線がフルデジタル化すると結構印象が変わりますね。
どう考えてもこのやり方の方が作業時間的にも早いので、今後もこの方向性でいきたいと思ってます。
従来のやり方でも絵によってはそっちの方が映える場合があるんですけど。
そこらへんはまあ、ケースバイケースで。

夏コミまでにあと1〜2回は更新したいと思ってます。
まずは新刊のおまけ用の絵を仕上げないと……。
また例によって積みゲーやらラノベやら漫画が山のように溜まってしまっているので。
それらにまで手を伸ばしている時間がはたして許されるのか……。
生きるって難しい。



Web拍手とか。

もう二度と幼女に教鞭を振るえなくなっても良いという覚悟……!
教鞭を振るえなくなるだけならいいですけどね(´・ω・`)

誘ってる!と言うか、センセーとの関係が熟しきってるという・・・。“前”が既に開いているのも、ぱんつが既に“半脱ぎ状態”なのも、全ては“夕焼けに染まった教室のエロさ”の影響なんですね☆(ハァハァ @エーコ
確かにもうどちらかというと”初犯”ではない空気になってますよね……。

謎の(脱パンツ)技術すごい!
先に片足側だけ脱ぐのです。
後は中に戻して、もう片方の足からするするっと。
ただゴムが伸びてしまいがちなのが欠点ですが……。

や・ら・な・い・か? みたいなポーズとってるけど、相手は先生!?
クラスメイトの男子というシチュエーションも嫌いではないんですけども、それなら中学生以上の方が個人的には好みだったりします。

クマー!俺とチェンジチェンジ!!!
ここはくまさんの特等席です(´・ω・`)

わたしがせんせーなら ぱんつだけもらう
どっちにしろアウトですね。

ryoさんが教師になる、までよみました
仮に教員資格を有していたとして……自分が学生だった時代の先生という職業には憧れなくもないですが、今の学校となるとちょっと勘弁願いたいところです。

「アツイー」 『こら、はしたないぞ(スカート直しながら)』 「だって暑いんだもん」 『しょうがないなぁ…(団扇パタパタ) 如何ですか、お姫様?』 「うむ、くるしゅーない♪」   みたいなのを想像しました
少なくとも従者とか下僕とか、そういった類の相手を見ている目ですよね。

RYOさんの文章力には毎度毎度惹きつけられます。学会発表等はなされないのでしょうか。
一体どこで何を発表すればいいのでしょうか(´・ω・`)

これ絶対はいっ
せやろか?



2013/07/29

くまさんのぬいぐるみのエロさは異常(挨拶)

 

別にこの絵に関していえばエロいことをしているわけではありませんが。
思春期少女の性の目覚めのきっかけ四天王に名を馳せるであろう程度には、くまさんのぬいぐるみには性的なものを感じる今日この頃です。
他の三つは自分ランキング的には机の角・シャーペンの芯の尻・鉄棒なんですが。
実際にそのへんのアイテムで目覚めた子が多いかどうかは別として、このへんに擦りつけてる絵面が個人的に最高に好物というだけの話でございます。

最初はポストカード用の絵にしようと思っていたのですけども。
この次の絵から作業のデジタル比率が跳ね上がったので、せっかくなのでその流れで描いたものにしようと思ったのでこの絵は普通に晒すことにしました。

またすぐに更新すると思います。
たぶん明日か明後日には。
Web拍手はそのときにまとめてレスさせていただきます。



2013/07/22

夕焼けに染まった教室のエロさは異常(挨拶)

 

生徒と教師のなんたらはよくあることではなくとも、現実に決してなくはないことだと思うのですが。
そういう関係が生じる場所・シチュエーションとして、やはり教室+放課後+夕暮れ時というのは個人的にクリティカルな組み合わせなわけで。
ものすごい背徳感があるじゃないですか。
校内で言えば保健室とか、体育倉庫とか、宿直室とか、色々あるでしょうが、その中でも教室は格の違いを感じます。
これが例えばホテルや先生の家に連れ込んで、みたいな感じだと俗っぽいというか、妙に生々しくなって逆に背徳感が薄れるような気がします。

ホテルとか家に連れ込んでる時点で、それはもうやる気満々で既に気持ちの上では一線越えてるじゃないですか。
でも教室とか校内で生徒に迫られているという状況の場合、まだ先生側としてはうまく生徒を説得して引き返すことが出来るわけで。
視覚的に、そういった葛藤やせめぎ合いを感じることが出来るのは、やはり学校という舞台の持つ特殊性あってのメリットではないでしょうか。

客観的には、こんなふうに迫られたら即断即決即ハメ余裕ってなもんですけども。
実際に当事者の立場で考えると相当な葛藤があると思うんですよね。
もちろん女の子側も、相応の勇気を出して迫っているのでしょうし。
そんな心の激しい揺れ動きこそが、いわゆるロリ系ジャンルの醍醐味なのではないかと思うわけです。

オーバーオールなのにぱんつを脱いでいるのは、思春期時代に半ズボンはいたまま中でうまいこと下着をずらして脱いだりしたことあったなぁという個人経験によるノスタルジーを覚えてしまったからです。
女子の着替えスキルとしては割と普通に使われるテクニックだと聞きますし。
AVなんかでもブルマを脱がさずぱんつを抜き取ったりしてるやつもあったりするので、もしかすると生きる上で必須のスキルなのかもしれないとすら思い始めています。



夏コミのおまけ作業とかも残っていますが、まだ日はあるのでガンガン更新していきたいところ。
少しずつ作業のアナログ・デジタル比重を後者に偏らせている最中なので時間を無駄に持っていかれそうですが、モチベだけは高いので勢いで攻めて参りたく。

次はこんな感じで。
 
また来週。



Web拍手とか。

こんな可愛い子がいたら僕はもう…!くんかくんか、スーハースーハー、くんかくんか。
この子はきれい好きなので色んなところがとてもいい匂いがするはずです。

みゆちゃんの可愛さがヤベェです!!それはそれとして、RYOさんの毎度の挨拶文をとても楽しく読ませていただいてます(共感したり、引いたり・・・) @エーコ
毎回挨拶文を考えるのが何気に時間かかっていたりします(´・ω・`)

RYOせんせいの描くぱんつ とくつした
RYOせんせいのおかげで、色々こじらせました。
現実に行動を起こさず頭の中だけでどうこうするぶんには、人は最高に自由ですからね。

今回のカラー絵が「がんばって誘惑してる図」、とするならば裏表紙に回った口開けた方は「その結果予想以上に興奮されて今にも襲い掛かられそうで焦ってる図」と妄想できるッ
まさにそんな対比になっているのではないでしょうか……本編中でもこの子は基本的に誘い受けですし。

はー・・・ひどい。相変わらずすけべなロリコンさんですね^_^おかげで就活決まりましたよー夏コミ行きますので楽しみにしてまーす。
何がどう「おかげ」だったのかよくわかりませんが、何はともあれおめでとうございます。
当日はスペースにてお待ちしておりますー。

市民プール+幼女+水着=ヘヴン ※白と黒がまばらな日焼け付き幼女なら確変
市民プールは人が多すぎるとむしろ萎えるのがネックだと思うのです。
安牌を求めるなら家庭用のビニールプールなのでしょうけども。



2013/07/14

ろりこんになるということ(挨拶)

 

夏コミ新刊表紙絵より、みゆちゃん。
ラフでは口を開けていましたが、そっちのパターンは裏表紙の差分となっていたりします。
案外そっちメインでも良かった気がしないでもないですが差分って滅多にやらないのでまあこれはこれで。
ぱんつの質感が割と満足な出来なので個人的には何も問題はなく。

ろりこんとは、オタクと一緒で、気付いたらなっているものだと思いますが。
きっかけが無いわけではないと思うんですね。
幼少期の原体験やら、同年代又は年上の女性に対して何かしらトラウマがあるとか、好きになった女の子がたまたまちっちゃい子だったとか。
天然モノのロリコンやオタクとかそっちの方が何気に恐ろしい存在ですし。

前回のみゆちゃん本もそうでしたが、今回も自分のロリコン観について描いた本になっております。
前回が「小さい子に迫られたときの対処と理想について」とすれば、今回は「小さい子と付き合うことになったその後の対応と理想について」と申しましょうか。
「理想」がついているところがポイントです。
別にロリコンHow to本ではないので(実体験があるわけでもないですし←重要)、あくまでもこんなふうになったらいいなという願望的な内容ではありますけども。
というか、世のロリ系漫画(に限らず創作物全般)は大体そういうものだと思いますが……。

このシリーズ以外の自分の本の場合、先にキャラを考えて、次にそのキャラに合ったエロ描写を考えるという恐らく割と普通の流れなのですけども。
このシリーズに関しては、みゆちゃんが好きな人にしてあげたいことは何かをみゆちゃんになったつもりで考えて、それがみゆちゃんに合った描写でなくても採用している感じだったりします。
とはいえ別にアブノーマルなプレイをしているわけではなく、あくまでもみゆちゃんになりきった上での考え方なのですが。

そういう意味では、この本は「自分が小さい子と付き合ったらこうしたい」ではなく、「自分がみゆちゃんみたいな女の子になったらこんなことがしたい」という本になっているのではないかと思います。
前回の本もそうでしたが、こんなのはあくまでも自分の気持ちの入れようの問題で、実際に第三者の視点で読んだ際にありありと分かるようなものではないと思うのですが。

そこで話は若干冒頭に戻るのですが、仮にそういう視点で読んでいただけた場合、もし今現在ロリ趣味がない人でも、「自分が小さい女の子になって好きな人に甘える」という別角度からの視点でろりこんというものを少しでも理解して貰えたらいいなと思っております。
小さい女の子を好きになることに倫理的・生理的に抵抗があっても、小さい女の子が大人の男の人を好きになる気持ちなら、なんとなく良いと思ってしまうのではないか、という感じです。
既にろりこんな方は、たまには逆方向からの視点で楽しんでみては的な。

長々と連ねましたが、これらが本に客観的に見て反映されているかは別問題なので……あくまでもそういう意気込みで描きました、というお話でした。
気楽に、みゆちゃんみたいな子をぎゅっとしたいなーと思っていただけたら幸いです。

とらのあな様にて通販予約も受付中ですので、コミケ参加出来ないという方は是非よろしくお願い致します。
と、最後に宣伝などしつつ。



あとはおまけですが……いつものお手製品で芸がなくてアレなのですが、ポストカードと栞の両方を用意するというのはアリなのではないかと思い始めています。
普段はどっちかなので。
もしくはポストカードとペーパーか。
二種類にこだわっているのは、二つ用意することで仕掛けみたいなを用意出来ないか、と考えているからだったりするのですが、こればっかりはやってみないことにはなんとも。
一応、今のところはその方向でやってみようと思っています。
うまくいかなかったらそのときは単純にふたつおまけがある、程度のノリで。



次はこんな感じの絵で更新したく。
 
来週中にはなんとか。



Web拍手とか。

RYOさんのつぶやきを、みゆちゃんに置き換えて、「全裸扇風機なう」などで妄想いたす遊びを少々嗜む程度に暑くてかないません...
気分は小動物ですからね、しかたないですね。

チラッと見える胸の膨らみがなんとも…(*´Д`)ハァハァ
最初はさくらんぼも見えていたんですけど。
敢えて隠してしまったのも、後々表紙としては没にした理由の一端だったり。

どんな単語も平仮名で書くと幼さが出ていいですよね(゚д゚*)
ぱんつとかぱんつとかぱんつとか。

あれ?来世の漫画ってありませんでしたっけ?
一回だけやりましたね……。
二次創作との合体みたいなものだったので、割と自分の中では黒歴史だったりするのですが。

この子のぱんつはいいにおいがするはずだー!!!(錯乱)
二次元のおんなのこのぱんつはミルキーでフローラルな匂いしかしませんからね。

この娘・・・誘っているのか!?
ぎゅっとされ待ちです。

個人的に余裕綽々で挑発気味に誘われるよりも、若干恥ずかしがって焦ってる感じの方が好きです。 何が言いたいかって? 表紙ラフ最高ってことですよ。
口閉じてるバージョンの方はどうでしょうか……。
同様の感覚は自分にもあって、頬を伝う汗は残しておりますけども。

八重歯!八重歯かわええ!
二次元八重歯は非常につんつんしたくなりますね。

メッチャ誘ってる☆ 嗚呼・・・もうね、相当ヤヴァイですわ。えぇ。梅雨明けして暑さがハンパないですが、ソレの影響もあるのでしょうか。みゆちゃんの屈託の無い笑顔とかしぐさを観てると、こぅ、ガバァッと行きたくなっちゃいます!! 夏コミ時はお盆休みということもあり、富士山・伊豆・房総へ2泊3日の旅行に行く予定でいます。メロンに委託されるようなら後日にでも直接買いに行けるのですが、とらのあなさんだけなのかなぁ・・・。 @エーコ
メロンさんには委託していないので現状虎さんだけですね……。
もしお手数でなければ是非とも通販でよろしくお願い致します。
最近、旅行というと基本イベント絡みで東京行きばっかりなので、自分もたまにはイベント関係なく旅行してみたいです。
北海道とか九州とか。

>>ハハッ (アカン)
申し訳ないが唐突なネズミはワッパの危険があるのでNG。

わんわんには違いないが、そこにいたのは怖〜いオオカミさんなのでした。
でっかいわんわんが憧れです。
背中にちっちゃい女の子乗せて走ります。
そして夜の街へ消えます。

ryoさんが最近神に見えてきました
dogを逆から読むとgodですからね(適当)



2013/07/06

ばうわう! わふ? わっふわっふ!(挨拶)

 

わんわんぱんつだいすき!

以前にも申したかもしれませんが、自分がツイッターなどでわんこキャラな理由は「わんわん言ってたらそのうち勘違いした幼女が「わんわんだ! わんわんがいる!」と反応してくれるのではないか」という淡いワンチャンに賭けているわけで。
わんこだけに。
ハハッ。

そんな感じで無事に夏コミの原稿作業が終了しました。
とはいえ今回の絵は表紙絵ではないのですけど。
正確には表紙にする予定でしたが、本文を描いてる最中に無性に描き直したくなり、急遽別のイラストを用意することに。
要するに没イラストですね。
そんなことをしてたせいで今回は〆切ギリギリまで作業が長引いてしまいました。

表紙のラフも一応貼っておきます。

 

おおむね今回の絵の別構図という感じですが、こっちの方が身体がちゃんと見えててわかりやすいので。
あと本文執筆作業の真っ最中に描いたこともあって、キャラ自体に描き慣れてる感もあるんじゃないかなと。
こちらのカラーは近日中に。
先月は一回しか更新出来なかったので今月は今回含め4回更新を目標に頑張りたいところ。

ともあれ新刊についての話はまたその際に。
とにかくもう今は何も考えずゆっくり全力で寝たいです……。



Web拍手とか。勝手ながら今回は少し縮小気味に。

みゆちゃんの続本だとっ? ということはまたあのサイコじみたあとがきを読めるわけか胸アツ。まぁ読むのは委託後だけど…。
あのあとがきは本気で後悔するほどに書いていて苦痛だったので今回は普通のあとがきです……。
いざ書き始めてみると一行が長すぎて三行目ぐらいでネタが尽きて、三分の一過ぎたあたりで完全に書くことがなくなって、もはや自分でも何を描いたかすら思い出せません。

>>でもスカートの中はこどもぱんつのまま、みたいな。 ふむ。これは早急に検証しなければなりませんね。
おとなっぽいぱんつを買うのが恥ずかしくて基本的にはおかーさんが買ってきてくれるやつがメインぱんつだったりとか、なんとなくそういうイメージで。

「おほっパンチラ!!……………じゃない」ってなったのは私だけでしょうか…w
たまにぱんつを幻視してしまうイラストってありますよね。

このぶかぶかの制服というのがなんとも・・・!
ぎゅってしたときにふんわりとした空気感があるのが理想です。

上着のサイズから察するに、スカート余裕で落ちそうですよね。ウェストの細さ的に。 あとは…分かるな?
それをメインに描いたコマではありませんが、ちゃんとスカートがずり落ちるシーンは用意させていただきました。

もぅね、みゆちゃんが来世にしか見えなくて、オジサン本気で困ってたり。来世って、個人的に本当にドストライクだったんだなぁ・・・なんて、今更感じてマス。(ツリ目ロリで好きだったのは、完顔阿骨打氏が描く『コナン』の灰原哀でした) @エーコ
キャラデザの基本路線は来世もみゆちゃんも割と同系統ですよね……こういうのが単純に自分の趣味なのだと思います。