―没後―


Adult only!!

Coming out


思い出すだに鬱
Under construction
Under construction
「ふたりぼっちのワルキューレ」連載中
自作自演妄想劇場
D・T・K! D・T・K!
Under construction

Under construction...

Heaven' in

管理人
RYO

イマラチ(略)
タロリロ

絵師
Chikisho


妄想過去ログ

2006/06


2006/06/28

速報を聞きつけて、真っ先に思い浮かんだネタがコレ(挨拶)

 

自分で考えて、自分で「マジかよ、すげぇ!」と騒いでるあたり、我が事ながらどうしようもないなと絶望を覚えるばかり。
雄真と一緒にお風呂くらいはやってくれてもいいと思うんですね。
よく女の子がタオル代わりにおっぱいを擦りつけて男の背中を洗うアレ。
準さんの場合、おっぱいの代わりにヒミツの巾着袋☆でひとつ。
嗚呼、背中に塗りたくられたその白い泡は石鹸だけじゃないのだ――

ともあれアニメ化。
声優は原作そのままで、作画もそこそこ安定しててくれればもうそれでいいです。
何か変わったことしようなんて考えなくていいから、監督さん。
無難に、堅実に生きよう。
そのためには準ルートで作るのが最も正解に近いなんてことは、わざわざ言うまでもないよネ。

だってさ、ストロベリーパニックを見てみてくださいよ。
最近の話を見てるとなんかもうただのガチ百合エロアニメじゃないですか。
だったらここは対抗してガチホモエロアニメでいくのが定石だと思うんだ。
大丈夫、準さん可愛いからいけるって!
俺を信じて!

そんな感じで。
ぼちぼちゆっくりと原稿進めてます。
やっと半分を超えたぐらいですかね。大分色々と描き慣れてきたので、このまま勢いに乗って最後まで突っ走りたいところ。
しばらくイラストらしいものを描いてないので表紙が描けるか心配です。
東方島で売る以上、やはりそれなりに目立つことを意識したデザインにしないといけないので、そこもまたひとつのプレッシャー。
というかぶっちゃけ東方の島でエロゲの二次創作エロ同人売ろうってのが間違ってる気がするので、こそこそと少部数刷って片隅に忍ばせるように置く方向で。
そして立ち読みしてくれた人が嘲笑を浮かべてくれるだけで俺は幸せ。


Web拍手とか。

おはようございます。夏、御本を拝見できるのを楽しみにしてます(≧∇≦)b  夏に間に合わなくっても冬だってありますし、RYO様Chiki様お体にお気をつけて頑張ってくださいませ
とても暖かく、有り難いお言葉です。ありがとうございます。
でもやっぱりファンディスク発売で盛り上がってる時期に出したいという欲求には逆らえないわけでして。
Chikiの原稿は間違っても落とすわけにはいきませんが、俺はほどほどに身体を大事にしながら頑張りたいと思います。

原稿がんばってくだせえ。
なんとなくこのレスくれたのChikiっぽい感じもしますが、ともあれ頑張ります。
もしChikiだったらお前もな(違ってたら失礼)。

さーすがRYO様は話がわかる! 応援してます
本来なら雄真とキャッキャウフフさせるのが正解だったのかもしれませんが、準さんが女を知ったとき、その乙女心にどのような変化が訪れるのか非常に興味があったのです。
そのために春姫を利用するような感じになってしまってて、ファンの方には申し訳ないのですけど。
でも俺も春姫好きですし。
好きなキャラ同士くっつけるのは同人として何も間違っちゃいないと信じてます。

準さん本すごく読みたいです。頑張って下さい〜
普通のエロ漫画なら男はステルス状態で、女の子側をしっかりと描けばそれで一応の形になるのですが、メインが男側にあるとなると構図的に非常に難しく。
なるべく準さんが前面に出るように考えてるつもりですが、やっぱりちらほらと春姫が目立ってしまいます。
厳密には「準と春姫の本」になりつつありますが、なるべく期待に添えるよう頑張りたいと思います。

準に対する思いに漢を感じた
なんなんでしょうね、昨年の暮れ頃、友人からもらったゴスロリ服を着てセルフプレジャったのが俺の準好きに拍車をかけてる気がしないでもないです。
やみつきになりそうだったので封印しましたが。
女の子の服ってすごいや。

殺×愛、かなり笑わしてもらいました!次の東方本も楽しみにしてます!体に気お付けて頑張って下さい。
例大祭新刊、お買いあげありがとうございますー。
俺がどんな無茶なネームを切っても、それを忠実に再現してくれるのがChikiの画力の凄いところです。
夏コミではTOPでも告知しましたが、射命丸文の本を出す予定です。
誰もが一度は考えるであろうお馬鹿なネタをくそ真面目にやってるので、是非とも御期待ください。



2006/06/17

最近、タートルネック仕様のち○このことしか考えてない気がする(挨拶)

 

準さん射精本、鋭意下書き中。
正直、ここのところ原稿しかやってないので日記でお見せできるのは下書きくらいしかないです。
基本的に遅筆ですんで……相方共々。
そして原稿に着手してから早くも11日が経過していることを、前回の日記の日付から算出してみて鬱になる。
そうか、まだこれだけしか進んでないのか。
間に合う気がしねぇ。

セリフはなんとなく思いつきで適当に。
なんかりらっくすの方で思いっきり準さんが女化しそうな予感がするというか恐らくそうなるであろう確信を得ているので、一言物申してみたかっただけです。
そしてぶっちゃけさせてください。

準に射精させる気がないんだったら最初っからオカマキャラなんて設定にしてんじゃねぇよ!

ぶっちゃけました。
スタッフの皆様、もし見てらっしゃったなら上記の暴言はお見逃しください。

でも今時、女化するって発想は無いと思うよ?

ほっといたらHPの鯖の容量限界まで書き連ねてしまいそうなのでこのへんで。
ちゃんと男のままえろしーんがあるといいなぁ。



Web拍手とか。

殺×愛読みました。こんなに真剣に馬鹿やられたら感動するしかありませんでしたw
去年のコミコミと冬コミ、そして今回の新刊共に共通しているのがまさにその点です>真剣に馬鹿をやる
今後も東方本に関してはそんな感じの方向性でいくことになると思います。
なにせ没後は初期の頃、THE ガッツのコピー本とか出してましたので。
ていうかサークルの処女作がタカさん本ってどういうことだ。

春姫×準 OK。むしろバッチコーイ!
相手が雄真だと、どうしてもどちらかが全角アスタリスクにぶち込むことになるので、ちゃんとしたオフセで出す初めての個人誌がホモ本になるという事態だけはどうしても避けたかった俺がいたわけです。
なので春姫さんに準さんのお相手をしていただくことにしました。

準にゃん本キタコレ! 製作がんばってくださいっ
りらっくすも7月末に発売されることですし、この勢いで準にゃんスキーの増殖に微力ながら貢献したいなぁと。
なので落とすわけにはいきません……頑張ります。



2006/06/06

あまりにも暑いのでゴルゴに太陽の暗殺をお願いしたい所存(挨拶)

 

7月2日に行われる月之宴にて、観彩道さんが発刊されるFate本にゲスト原稿を描きました。
イリヤさんのぱんつが描きたかった、ただそれだけのために。
一部のみの切り出しなので、全体図が気になるという方は是非、立ち読みなりお買い求めなりでご確認を。
出来れば後者で。
以上、宣伝でした。

というわけでちまちまと準さん本の執筆を開始してます。
ネーム切り終えたの、昨日ですけど。
ただ女の子が大変なことになってるオーソドックスなエロ漫画と違い、あくまでもメインは準さんなので、その見せ方に大分苦労しました。
というかこれで本当にちゃんと見せることができてるのか自信がありません。
ショタ漫画なんて持ってないですし、参考資料がねぇんですよ。
ベースとなる路線はそっち方向だと思うので、出来るだけそんな感じになるようにネームは切りましたが。
何はともあれ、夏コミに向けて頑張ります。
適当にサンプルとかも公開していきますので。
あ、ちなみに春姫×準なので、「準にゃんは雄真といちゃごろしなきゃやだやだやだ!」って方はお気を付けください。

ていうかそもそも東方の島でエロゲのエロ漫画なんて需要あるのか。
まあ、ここの日記を見て気になった方だけでも読みに来てくださればそれで満足です。



WEB拍手とか。
なんかまた昨日の拍手、回数だけが異常に多かったりしてますが、拍手送信ページに載せている絵は↓の日記絵ログの使い回しなのでそちらを見ていただいた方が早いかもしれません。

準さん本!準さん本!
とゆーわけで描きはじめました。
間に合うかどうかはわかりませんが。

はぴりらの準にゃん分が思ったより足りなさそうなので貴殿の本に期待
そうか、あれははぴりらって略されてるんですか。
確かにストーリー紹介を見てると、準さんが女の子化しそうな雰囲気ですよね。
魔法なんて関係なしに、放課後の気怠い空気の中で絡まり合う準さんと雄真がいいのに。

エロ
気が付いたらエロいことを考えてるような健康的な男子でいつまでもあり続けたいです。

殺×愛 タイトルも中身も最高でした。ぞっこんLOVEです。これからも頑張ってください! キリオ
お買いあげいただきありがとうございます!
執筆者のChikiも大層喜んでおりました。
お話そのものを考えてるのは俺なのですけども、毎回変な内容で申し訳ない気持ちで売り子をしながら、それでも割と良い反応を頂けているので、今後もあんな感じの馬鹿な内容の作品を創っていこうと思います。
夏コミも是非是非お願いします〜。