年式一覧 Bandit400


初期型Bandit400・GK75A(89-94)400(89-94)

1989年6月

発売開始(59馬力型)
形式
GK75A
営業機種記号
GSF400K
開始車台番号
GK75A-100001〜
車体色
ブラック(019)
プロシアブルーメタリック(24V)+トラディショナルシルバーメタリック(フレーム:0FP)
マーブルピュアーレッド(07P)
※外観的な特徴
フロントフォークアウターが濃い茶色
ブラックとレッドのみホイールが白
その他
燃料コックはON、RES、PRIの3ポジション
燃料計は装備していない

▲戻る

1990年6月

パイプハンドル仕様追加
営業機種記号
GSF400NK
開始車台番号
GK75A-106157〜
※外観的な特徴
ホイールが金色
フロントフォークアウターが銀色

▲戻る

1990年11月

Limited仕様追加
スズキ創立70周年記念仕様車として発売された
営業機種記号
GSF400-Z
開始車台番号
GK75A-108260〜
車体色
トラディショナルシルバーメタリック(ベース:0FP)+ブルーメタリック(トリム:H72)+キャンディースターリットブルーメタリック(フレーム:34R)
ブラック(019)+マルーン(G98)+ブライトシルバーメタリック(フレーム:13L)
※外観的な特徴
ロケットカウル、フレームマウントメーター
トリムラインによるツートンカラー
タンクに「SEVENTIETH ANNIVERSARY」の記念ステッカー(初期ロットのみ?)
フロントフォークアウターが銀色
フロントフォーク・プリロード調整/リアサス・減衰力調整機構つき
アナログ式水温計を装備

初期型バンディット400リミテッド 70周年記念ステッカー サスペンション調整部

▲戻る

1991年6月

VCエンジン仕様追加400V(89-94)
営業機種記号
GSF400VM
開始車台番号
GK75A-113473〜
車体色
パールノベルティブラック(33J)
キャンディアンタレスレッド(19A)+ブラウン(フレーム:25T)
※VCエンジン車の外見的特徴
エンジンヘッドカバー、前後ブレーキディスク内側が赤色
ホイール・フロントフォークアウターが黒

初期型バンディット400V

▲戻る

1991年8月

V・Limited仕様追加
VCエンジン搭載のLimited
営業機種記号
GSF400VZM
開始車台番号
GK75A-115163〜
車体色
ブラック(019)+マルーン(G98)+ブライトシルバーメタリック(フレーム:13L)

▲戻る

1992年10月

マイナーチェンジ
メーカ自主規制値変更に伴い、53馬力に変更(まずVCのみ・Limitedは除く)
営業機種記号
GSF400VP(VCエンジン)
開始車台番号
GK75A-127047〜
車体色
ブラック(019)
パールノベルティブラック(33J)+ブライトシルバーメタリック(フレーム:13L)
キャンディアンタレスレッド(19A)+ブラウン(フレーム:25T)
※マイナー後の主な変更点
コンチハンはパイプハン仕様(GSF400NK)よりハンドルの高さが低くなった
ホイールが銀色(一部は異なる?)
ヘッドライト常時点灯化によりOFFスイッチがなくなった
ヘッドライト内部のポジションバルブがなくなった

▲戻る

1992年11月

マイナーチェンジ
メーカ自主規制値変更に伴い、53馬力に変更(Limitedを除く非VCモデル)
営業機種記号
GSF400P
GSF400NP(コンチネンタルハンドル仕様)
開始車台番号
GK75A-126917〜
車体色
ブラック(019)
ルージュレッド(1TY)(セパハンのみ)
トライアルグリーンメタリック(0WP)(セパハンのみ)
キャンディスターリットブルーメタリック(34R)(コンチハンのみ)
※マイナー後の主な変更点
コンチハンはパイプハン仕様(GSF400NK)よりハンドルの高さが低くなった
ホイールが銀色(一部は異なる?)
ヘッドライト常時点灯化によりOFFスイッチがなくなった
ヘッドライト内部のポジションバルブがなくなった

▲戻る

1993年3月

V・Limited仕様のマイナーチェンジ
メーカ自主規制値変更に伴い、53馬力に変更
営業機種記号
GSF400VZP
開始車台番号
GK75A-131076〜
車体色
ブラック(019)+マルーン(G98)+ブライトシルバーメタリック(フレーム:13L)
※マイナー後の主な変更点
(標準仕様と同じ)

▲戻る

1993年11月

VCエンジン仕様のマイナーチェンジ
カラー変更
営業機種記号
GSF400VR
開始車台番号
GK75A-133878〜
車体色
パールノベルティブラック(33J)+ブラック(フレーム:019)
キャンディアンタレスレッド(19A)+ブラック(フレーム:019)
※メーターパネルが黒地(一部ロットのみ?)

黒地メーター

▲先頭へ戻る

後期型Bandit400・GK7AA(95-00)400(95-00)400V(95-00)

1995年1月

フルモデルチェンジ
形式
GK7AA
営業機種記号/開始車台番号
GSF400S(VCなし)GK7AA-100001〜
GSF400VS(VCエンジン)GK7AA-100061〜
車体色
ディープパープルメタリック(IHU)
キャンディーアカデミーマルーン(22U)(VCなしのみ)
パールノベルティブラック(33J)(VCのみ)
マーブルイタリアンレッド(28V)(VCのみ)
※VCエンジン車の外見上の特徴
エンジンヘッドカバー、前後ブレーキディスク内側が赤色
※共通
タンクにステッカーで「SUZUKI」
全車セパレートハンドル
燃料コックはONとRESの2ポジション
アナログ式燃料計を装備

▲戻る

1996年2月

マイナーチェンジ
カラー変更およびVCなしモデルの廃止?
営業機種記号
GSF400VS(VCエンジン)
開始車台番号
GK7AA-102815〜(VCエンジン)
車体色
キャンディアンタレスレッド(19A)
パールノベルティブラック(33J)
マーブルイタリアンレッド(28V)

後期型バンディット400 96年式

▲戻る

1997年2月

マイナーチェンジ
各部小変更およびVZ仕様の追加
営業機種記号
GSF400V-V(VCエンジン)
GSF400VZ-V(VZ仕様)
開始車台番号
GK7AA-103544〜
車体色
マーブルイタリアンレッド(28V)
パールノベルティブラック(33J)
フラッシュシルバーメタリック(Y2D)
マーブルアステカオレンジ(Z94)+パールノベルティブラック(外装/フレーム:33J) (H7B)(VZのみ)
※マイナー後の主な変更点
タンクに「Bandit」の樹脂製エンブレム
サイドカバーの銀色部分がメッキに
ハンドルスイッチ部のデザインが丸みをおびている
クラッチを握らないとスターターが作動しなくなった
※VZ仕様の外見的特徴
VCエンジン
専用ビキニカウル装備
ゴールドチェーン装備

後期型バンディット400V 97年式

▲戻る

2000年

生産終了

▲先頭へ戻る

(参考)Bandit400輸出仕様について

初期型・1989-1994年(〜1996年?)

※輸出仕様の場合、用品カタログの対応表などでは日本国内のモデルチェンジ時期をまたぐような年次表記が見られることから、1996年頃まで初期型が正規販売されていた可能性があります。

北米、カナダ、UK(イギリス)仕様

  • シングルディスク(250と同タイプ)
  • サイドリフレクター
  • ウインカーが大型
  • マフラー全体が黒に塗られている
  • 国内仕様にはない「カーキ色」の車体色があった
  • フレームパイプの一部にゴムのカバー(長身ライダーの膝が当たるため?)
  • 公害規制の厳しい北米カリフォルニア向けモデルにのみ燃料タンクに気化ガス浄化装置(キャニスター)を装備。エンジンヘッドカバー左側前方に円筒状のキャニスターが横置きに付けられている。

ドイツ仕様

  • 国内仕様と同じダブルディスク
  • マフラーは無塗装・ステンレス地
  • リアフェンダー(ナンバー取り付け部分)が3倍ほども長い
  • 最高出力のカタログ値がやや低い(50H.P(37kw)/10.600rpm、38Nm(3.87kg-m)/9,600rpm)

参考>www.suzukicycles.org/Banditカタログページ

▲戻る

後期型・1995-2000年

※正規の輸出仕様が存在したかどうかは不明・・

▲先頭へ戻る